シチュエーション別、引っ越しのコツ(新築分譲マンション編)

引っ越し状況別
ElasticComputeFarm / Pixabay
この記事は約16分で読めます。

新築分譲マンションを購入した方、または現在購入検討中の方へ。

今回は、「シチュエーション別、引っ越しのコツ(新築分譲マンション編)」として、新築分譲マンションに引っ越しする際の注意点やコツについてお伝えします。

マンション購入の手続きや全体の流れなどについては、マンション購入についての専門サイトに任せるとして、ここでは引っ越しのサイトとしての引っ越しに関連する項目に絞って話を進めます。

なお、中古分譲マンションへの引っ越しでは、今回お話しすることは気にする必要はないので、あえて読む必要はありません。

新築分譲マンションへ引っ越しする時の注意点とコツ

新築分譲マンションへは皆さん早く入居したい。

cegoh / Pixabay

新築マンションが完成し、はいじゃあ、いついつから入居出来ますよとなった場合、わたしもわたしもと、入居したい人が殺到するのは、簡単に想像できると思います。

これは、新築分譲マンションへの入居だけに起こりえる、引っ越しの中ではかなり特殊な現象です。これを「一斉入居」と呼びます。

中古のマンション購入ではこのような現象は起きません。ほとんどの人がすでに住んでいるわけですから。

この現象が起きる原因(要因)としてはいくつかあり、購入者側としては

心理的要因:

・念願の新築マンションを購入した場合、以前住んでいたところよりも確実に生活環境が良くなっている為(以前は賃貸で狭かったとか、設備が古かったとか、今回は自分好みに内装を決められたとか)、早く生活してみたいなぁというワクワク感から来るもの。

現実的要因:

賃貸マンションやアパートに住んでいる場合、現在住んでいる旧居の家賃支払いがあるため出来るだけロスなく引っ越ししたいというもの。引っ越しが先伸ばしになればなるほど、その分の余計な家賃(日割り家賃)を払わなければならなくなる。

新築分譲マンションへの引っ越しでは、引っ越し業者に「幹事会社」が設定される。

このように、マンション購入者からは、「一斉入居」したい要望があり、そのまま各自で個別に引っ越しの予定を決められたら、混乱することは必至です。

そのため、新築分譲マンションへの入居時には、引っ越し業者の中から「幹事会社」が通常1社(大規模な場合は2~3社)決められ、この会社がメインとなって(ほぼ独占的に)、当該マンションへの引っ越しを取り仕切るわけです。

これは、「幹事会社」にとってみれば、いっぺんに数百件から、時には大規模タワーマンションや超高層タワーマンションでは千件を超える家族の引っ越し受注が獲得できるので、またとない売上アップのチャンスなのです。

そして、引っ越し業者側としては、引っ越しには付き物の、エレベーター内、通路、共有スペース部分の養生なども当然しなければなりません。また、新築であればなおさら厳重に丁寧に実施することでしょう。これを1回引っ越しが終わるごとに外して、また付けてとやっていては無駄でしかありません。

さらには、引っ越し業者の日程も無駄が無いように業者の方で組めるので、効率よく収益が上げられるため、こんなに都合のいい引っ越しはないわけです。

また、購入者側としては、マンション購入手続きから引っ越しまで、不動産業者(デベロッパー)を窓口としてワンストップで行えるため、便利なわけです。

このように、購入者側と引っ越し業者側の利益が一致し、「一斉入居」となるわけです。

では、制約はないのか?

StockSnap / Pixabay

購入者側、引っ越し業者側ともに出来るだけ早く引っ越しを済ませたいのですが、どうしても制約は出てきてしまいます。それは物理的な「エレベーターの数」の問題です。

建物の高さが31mを超えたらエレベーターを設置しないといけない決まりが建築基準法にあるので、6階以上の住宅には、エレベーターが備え付けられています。

しかし、マンション1棟には物理的、金銭的に何十台とはエレベーターを設置できないので、朝晩の通勤通学時間帯には、エレベーターラッシュ、またはエレベーター待ちが発生することもしばしばで、住人の悩みの種の一つとなっています。

その為、特に最近の高層タワーマンションでは、低層階と高層階に行くエレベーターを分離し、分けて利用するようにしている場合も増えています。

エレベーターの適正な設置台数は、一般的には「50戸当たり1台」と言われています。ただしこの数字もエレベーターの定員数や昇降速度により「1台当たりの輸送能力」はそれぞれ違うため、うちのマンションは「1台当たり80戸」だから不便だというように一概には評価できません。

エレベーターの性能を図る1つの目安としては、「平均待ち時間」や「5分間輸送能力」などという数値があるのも覚えておいてください。

この「エレベーター1台当たりに割り当てられた戸数」を基準に、引っ越し以外で通常生活している人の利便性や、また引っ越しに掛かる1件当たりの作業時間なども考慮し、

新築分譲マンションへの「一斉入居」時には、一日当たりに引っ越しできる「戸数(家族数)」が一定数に制限されます。

一斉入居には非常に制約が多い

photo credit: goosmurf We apologise for the inconvenience caused via photopin (license)

①引っ越し日の選択の自由があまりない

ここまでの話で分かる通り、「一斉入居」では他の入居者との「エレベーター利用の兼ね合い」で全てが決まります。

戸数がそれほど多くない場合は、ある程度の範囲で引っ越し日が選択できるかもしれませんが、

戸数の非常に多い大規模タワーマンションなどでは、入居前の説明会などで引っ越し日を抽選で決める場合がほとんである為、自分の希望日に引っ越し出来ない人も多くなります。

これらの事から、新居への引っ越し日が指定されてしまう為、それに合わせた旧居の引っ越し日を決める必要が出てきます。

②引っ越し時間(制限時間)も決まっている

引っ越し日と引っ越しする時間も決まりました。しかし、それはあなたの引っ越しに「割り当てられた時間」で、通常何時から何時の2~3時間と決められているので、その時間を過ぎても作業が終わらない場合は、時間切れとなり強制終了、夜のフリー時間まで順番待ちしなければならなくなります。

単純計算では、引っ越し時間に一家族当たり3時間が割り当てられると、作業開始が9時だとして18時までの9時間で、1日3家族×エレベーター基数が引っ越しできる最大数となりますが、

それをしてしまうと当然、他の人のエレベーター使用に支障が出てしまうので、この家族数よりは、一日に引っ越しできる家族数(戸数)が少なく制限されることが普通です。

その為、幹事会社の方で、事前に綿密に計画し、他とのバッティングが起きないように調整したうえで、一斉入居をスタートさせるわけなのです。

③遠距離からの引っ越しでは、前日積載が必要となることも

前項での「引っ越し時間(制限時間)も決まっている」ことから、その時間は絶対外せません。

そのため、その指定時間に必ず間に合うように、近距離でも朝早めの荷物積載(旧居での搬出作業)をし、時間にかなりの余裕を持って到着するようにします。これにより引っ越し作業開始待ちとなり、新築分譲マンションの前で数時間も待ちぼうけを食らい、無駄な時間が出来てしまうこともあります。

ましてや遠距離の場合は、渋滞などで遅れる要因が増えるので、前日の夕方に旧居での荷物積載(荷物搬出作業)を済ますことも珍しくありません。

こうなると、引っ越しに2日間取られることになってしまいます。

④使用できるトラックも決まっている

大型トラックは車両重量も重い為、敷地内の舗装が痛むのを防止するため、使用が出来ない場合がほとんどです。

さらには、都心部のマンションでは、駐車スペースが地下に設定されていることも多く、地下駐車場は、普通乗用車向けに高さが作られているため、背の高い大型トラックは入ることはできません。

「幹事会社」の引っ越し業者を使わなくてもいいのか?

photo credit: RX Coolpix Airbus A320 Beluga @ MUC via photopin (license)

新築分譲マンションの引っ越しでは、必ず「幹事会社」の引っ越し業者を使わなくてはいけないのかというと、必ずしもそうではありません。

ただし、その場合は、それぞれを利用するメリット・デメリットはあるので、それを理解したうえで、どちらを選べばいいのか決めましょう。

「幹事会社」の引っ越し業者を利用するメリット

先にも紹介したように、幹事会社が設定される理由は、分かって頂けたかと思います。

そうすると、消費者(購入者)として気になるのは、引っ越し会社が一社に決められてしまったら、相見積もり取れないし、値段高いんじゃないの?という事ではないかと思います。

しかし、高くもなく安くもなくといった平均的な見積もり価格が返ってくる理由を説明していきましょう。

平均的な見積もり価格である理由

幹事会社1社が仕切るということは、各住人の間で極端に引っ越し価格が違ったら(荷物の多い少ないや引っ越し距離で、多少の差はあるでしょうが)、賃貸とは違いマンション「購入」の場合は、長く住むことになりご近所さん意識(連帯感)も強くなるので、同じ引っ越し会社を使ったのにと後々不満が出て、マンション内で話題にならないとも限りません。

これを裏付けているのが、分譲マンションに引っ越しした場合は、ご近所さんへの挨拶回りに90%以上の人が行っているというデータからも分かります。

また、引っ越し業者の方でも、せっかく幹事会社になって1棟丸ごと請け負ったので、責任や誠意を持った対応をしないと、後で悪い評判となって帰ってくることは当然承知しています。場合によっては、不動産業者の責任問題にまでなってしまいますから。そういった意味では、契約自体は各個人ですが、個人契約というよりも法人契約に近い取り扱いになっているはずです。

そういった理由から、ぼったくり価格や極端に安い格安価格には絶対なりません。

メリットその1

先ほど、数々の制限事項ばかり挙げてきましたが、メリットもあります。

引っ越し会社の方でも、限られた時間内で作業を終わらせなければならないプレッシャーや責任感は相当あるため、時間内に終わるように最大限の努力をしてくれます。

通常の引っ越し現場では、その引っ越しチームの実力によって、作業の手際や掛かる時間に差が出てくるのは当然でそれはリカバー出来ません。よっぽどの場合は応援が到着することもありますが。

しかし、幹事会社主催の一斉入居では、引っ越し当日は、同じ引っ越し会社の複数の作業チームが同じマンションに集結している為、現場リーダー間で連絡を取り合い、他のスタッフ(チーム)の手が空いていれば、助っ人に入ってくれたりと、引っ越し会社の総力戦といった様相になることもあります。

メリットその2

幹事引っ越し業者に指名されるということは、サービス・引っ越し技術が一定以上のレベルをクリアしているからこそ、指名されるわけです。

様々な引っ越し業者を利用すると、良く分かりますが、本当に引っ越し業者の「サービス・引っ越し技術」はピンキリです。

特に値段を安くしようと格安のところを頼むと、荷物の扱いが雑でスタッフの愛想もなく(教育がちゃんとできているのかと疑いたくなるような)、挙句の果てに荷物や住居に破損が出ても、補償の対応が渋いところとか、もう二度と使うか!と怒りたくなるような会社まであります。

その点、幹事会社の引っ越し業者を使えば、そのような失敗したなぁとか不快な思いをする心配はまずないでしょう。

メリットその3

幹事会社以外の、普通の引っ越し業者を利用した場合は、もし建物の破損、傷などが発生したときに、そう簡単には補償に応じてくれず、対応は渋いと思います。

しかし、幹事会社を利用した場合は、指定引っ越し業者なので、マンションを販売した不動産業者に直接言うことが出来ます。すると、不動産業者からの次回の「幹事会社」指名にも影響してくるため、引っ越し業者の方では概ねきちんと対応してくれます。

メリットその4

マンションの入居説明会などに、引っ越し業者も同席し、そこの場で、相談したり、訪問見積もりの日取りを決めたりできるため、マンションの契約関係手続きと合わせて出来、時間の節約になる。

幹事会社「以外の引っ越し業者」を利用するメリット

photo credit: byzantiumbooks Low Cost Moving via photopin (license)

本文の中でこれまで紹介したように、ほとんどが幹事会社指定で決められてしまうため、その都合に合わせられない場合も出てくるでしょう。

そのような場合は、幹事会社以外の引っ越し業者を利用するメリットが出てきます。

メリットその1

幹事会社の引っ越し業者では、シフトを組んで連日数時間刻みの入居に対応しているわけですが、そうでない普通の引っ越し業者では、引っ越し日や時間の制限は少なくて済むため、日にちの融通がつけやすくなります。

メリットその2

当然ですが、何社かに相見積もりを取ったうえで引っ越し業者が選定出来るので、引っ越し料金は安くすることが可能でしょう。但し、幹事会社以外の引っ越し業者を利用する場合は、必ず「新築の一斉入居」であることを伝えるようにしてください。

また、一方では、先に紹介している幹事会社を使う「料金以外のメリット」も思い出して、どちらがいいか検討したうえで、決めるようにしてください。

新築マンションの引き渡し時期、約4割が3月に集中する訳

さてここまで話をしてきましたが、あなたが購入した新築分譲マンションの「一斉入居」開始日はいつですか?

それは、3月ではないですか?当たりでしょう。

これはデータから明らかなことで、新築分譲マンションの約4割が引き渡し時期は3月だそうです。

それには、日本の国としての生活・経済の仕組みが関係しています。

日本では、新年度は4月からとなっていて、今年平成31年度は、4月1日から始まることになっています。ご存知の方も多い通り、今年2019年5月1日には天皇陛下が生前退位し新天皇に変わるため、平成31年度は、4月のたった1か月間で終わってしまいます。

この話は余談でしたが、日本では新年度が始まる4月に向けて、進学、就職、転勤など人の移動が多いのは、引っ越しを語るうえで絶対外せないことです。

その為、当然、新しく移動する人は、4月を挟んだ前後1か月ほどに新居の契約をするため、旧居の更新時期もしくは契約満了日もその付近に集中しています。

また、不動産業者(企業)側からみると、3月は年度末の決算期に当たり、売り上げを確定したい。その為には、鍵を顧客に引き渡した段階で完了となるので、なんとしても3月中に引き渡してしまいたいということになります。

このことから、手続きに掛かる日数などを逆算すると、首都圏では12月の販売戸数がダントツに多くなるそうです。

さらには、子供や孫がマンションなどの住宅を購入する際、親の方からの資金援助として「住宅取得等資金の贈与に関する非課税制度」という制度が有り、これを使うと省エネ住宅で1200万円(その他の住宅で700万円)までの贈与を非課税とすることが出来ます(平成32年3月31日まで)。

参考:国税庁ホームページ「住宅取得等資金の贈与税の非課税」のあらまし

通常、親の死後に遺産を相続すると相続税が掛かるところを、この制度を利用すると一定額まで非課税にできるので、生前贈与に使われ税金対策として利用されるケースが多いのです。

しかし、この制度を利用する場合は、3月15日までに確定申告をしなければならず、そうすると必然的にそれまでの入居が必須となってきます。

これらの様々な理由が重なり、新築分譲マンションの引き渡しは、3月が多くなるのです。

あなたの入居する新築マンションは大丈夫?

geralt / Pixabay

ついでといっては何ですが、新築マンションの施工に無理が無いか見分ける方法を教えておきましょう。

企業は3月が決算期であるため、マンションのデベロッパー(不動産業者)としては何としても3月までに引き渡したいのは先にも述べた通りです。

そのため、中には多少工期を無理してでもそれに間に合わせようとする場合も一部で起こります。

通常、マンションが「完成」すると、施工主の検査(建築の専門家も立会う)⇒補修⇒契約者の内覧⇒補修ということを何度か繰り返した後、ようやく契約者(購入者)へ引き渡しとなるため、

マンションの「完成予定時期」と「引き渡し予定日」は2か月ほどバッファーを取っておくのが普通です。

よくあるのは、2月上旬完成予定、3月下旬引き渡し。これは全然問題ありません。

ちょっと危ないのは、3月上旬完成予定、3月下旬引き渡し。これだと、検査して補修するのに時間があまりにも少なくなり、きちんと最後まで補修が完了するか、疑問符が付きます。

マンションの「完成予定時期」と「引き渡し予定日」は2か月ほどバッファーを取ってあるか確認しましょう。極端に短いと手抜き工事の可能性もあり危険です。

入居前の内覧会での確認事項

マンション完成後に行われる、入居前の内覧会では、内装や据え付け家具、家電がオーダー出来る場合は、その通りに仕上がっているか、また壁や床、柱などの仕上げに傷、損傷、不具合箇所が無いかを確認し、問題がある場合は修正もしくは補修してもらうように依頼します。

また、私たち素人目では分からない部分もあるので、内覧会に住宅診断の専門家に同行してもらって(有料ですが)確認してもいいかもしれません。

売主である不動産業者には、これらを治す責任があるので、引渡し前に遠慮なく言うようにしましょう。逆に受け取ってからでは、あなたが付けたのではと言われてしまいます。何千万円という人生で最も高い買い物なのですから、しっかりと品定めをして下さい。

入居(引き渡し)時の確認事項

引っ越しの荷物を運び入れる前に、必ず入居前の荷物が何もない状態で、内覧会での確認と同じように確認します。そして、完璧に出来上がっていたとしても、必ず写真を撮っておくようにしてください。

引っ越しが始まり、もし傷が出来た場合、その傷は後から(引っ越しの時に)出来たことの証明にもなります。

引っ越し業者と揉めない為にも、証拠を残しておくことが大切です。

「一斉入居」でも後半の方は、空きが出てきて引っ越し易くなる

先に述べている通り、新築分譲マンションの約4割が引き渡し時期は3月。

すると「一斉入居」のスタート時期(入居シーズン前半戦)は、引っ越しの繁忙期ともどんぴしゃりと重なる3月真っ只中。すると、当然引越料金も通常期より高くなります。

それならば、キチキチに混む「一斉入居」前半戦を避け、また引っ越し料金も下がってくる後半戦もしくは終盤(引っ越し料金通常期)を選ぶと、引っ越しピークもひとまず落ち着き、空きも出て予定が取りやすく且つ、料金も安く抑えることができます。

もし、入居までに日数の余裕が取れるのであれば、「一斉入居」後半戦に引っ越しを計画するのがおすすめです。

引っ越しした場合の各種手続き

引っ越しに伴う各種手続きについてまとめます。

保育園、幼稚園の転園手続き、学校の転校手続きについては、

引っ越しに伴う保育園や幼稚園の転園、小中学校の転校手続きの方で解説しています。

家族連れで引っ越しした際、必要となるその他の各種手続きは、

引っ越しに伴う役所関連手続き(その1)の方で、住民票の異動(移動)、「国民健康保険」、「国民年金」、「児童手当」や「母子手帳」、「乳幼児医療費助成制度(マル乳、マル子)」等、その他市区町村役場で手続きできるものについて

引っ越しに伴う役所関連手続き(その2)税金、運転免許の方で、住民税の支払いと、運転免許証の住所変更について

引っ越しに伴う役所関連手続き(その3)自動車、バイクの住所変更の方で、自動車、バイクの住所変更について

公共インフラ(電気/ガス/水道/郵便/インターネット等)変更手続きの方で、インフラ関係の住所変更について

引っ越しに伴う銀行口座、生命保険、火災保険などの住所変更手続きの方で銀行口座、生命保険、火災保険等の住所変更について

それぞれ解説しています。

最後に

私自身は、分譲マンションを買ったことがなかったので、一斉入居がここまで大変そうだとは知りませんでした。はやる気持ちは分かりますが、引っ越しの鉄則、『みんなと同じ時期に動かない』これが一番です。

何も分譲マンションは、3月入居分でしか売っていない「期間限定商品では無く」、一年中売っているので、繁忙期を避けた時期に入居できるようにすれば、自分のタイミングでお得に引っ越しできると思います。

についてです。



error:Content is protected !!