引っ越しする時、午前便、午後便、フリー便どれを選べば安いのか?

引越業者
この記事は約8分で読めます。

photo credit: Camp of Champions _MYA4242 via photopin (license)

引っ越しの見積もりをお願いする時、荷物の量や平日、休日かによって料金が変わるのはもちろんですが、同じ日でも、朝一番にするのか午後にするのかで料金も変わってきます。

そんなことで、今回は、「引っ越しする時、午前便、午後便、フリー便どれを選べば安いのか?」というテーマでお送りします。

引っ越しする時、午前便、午後便、フリー便どれを選べば安いのか?メリットとデメリット、注意すべき点は。

引っ越し業者では、運送を請け負う時の時間帯によって、通常、
・「午前便」、「午後便」、「フリー便」や
・「午前便」、「午後第1便」、「午後第2便」
などと別れています。
この中で、自分の都合に合わせてきてもらう時間の指定が出来るのは、「午前便」しかありません。その他の便は、前の引っ越しの進捗により、遅れて時間通りスタートできないことも多々あるため、時間の指定が出来ないのです。

その為、「午前便」は他の便より料金設定は高めになっています。

なお、「フリー便」とはまさにフリー(自由気まま)で、引っ越し業者の都合により、朝早くになったり、夜遅くなったりし、あなたの方では時間が決めらないので、同じ日の引っ越し料金の中では最も安い料金が設定されています。

まあ、とにかくその日中に引っ越ししてくれるんなら、安い料金でやってくれるみたいだし、午後便やフリー便でもいいんじゃない。

と思った方、そんな簡単な話ではないので、ここから先の話をよく読んでください。

・何を勘違いしていたのか、「おまかせプラン=業者が荷物を梱包する」ではなく、自分で梱包しなければならない「プラン」を選んでいたのに、引っ越し準備が全くされてなく、引っ越し当日の朝に業者が到着したら、ゆっくり朝ご飯を食べていたというケース。⇒朝から大急ぎで荷造り開始、半日遅れ確定。

・ここまでひどくなくとも、引っ越し業者が当日朝行ってみたら、梱包作業がまだ終わっていなかった。ということは程度の差はあれ、結構あるみたいです。なので、業者の梱包手伝いが入り、1~2時間遅れというケース。

・大型の家具などが予想外に玄関やエレベーターから搬出搬入できず、急遽クレーンなどが必要になる場合。

・引っ越しの作業は順調でも、交通事情(事故での通行止めや休日の行楽渋滞)、天候の状況(大雨・積雪など)により大渋滞に巻き込まれることも。

などなど、引っ越し現場では日々イレギュラーなことが起こっているそうです。

引っ越し業者の皆様、大変ご苦労様です。
これらの様々なイレギュラーによって引き起こされる「時間通りに物事が運ばないリスク」を一番減らすことが出来る(自分でコントロールできる)のは、まぎれもない朝一の「午前便しか」ないのです。
なお、自分がそのリスクを人に与えないよう、荷造りは終わらせて余裕を持って「引っ越しの朝」を迎えられるように計画的に荷造りを進めて下さい。

10年で7回も引っ越しした今だから、他の人に偉そうにこんなこと言っていますが、私も引っ越し慣れしていない、最初の頃は当然やらかしてしまいました。

その時、午後便だった人、ご迷惑をお掛けしました。ごめんなさい。

今、引っ越し準備したら、引っ越し当日の朝余裕で朝飯食べて待ってられる自信あります(笑)。

引っ越しの計画の立て方については、

などを参考にしてみて下さい。

ましてや、平日引っ越しをお願いした時は、その後、役所への手続きも行ってしまいたいでしょうから、その後の予定に影響が出てしまう、「午前便以外」は避けた方がいいのです。(物事計画通りに進めたいタイプの人は絶対こっちです。)

そして、残念ながら、

引っ越しの日が同じ(特に繁忙期など)であれば、午後便やフリー便に変えたからといって、午前便より30~50%も安い料金で引っ越しできる訳ではありません。
ここでお金をケチるぐらいなら、平日もしくは通常期の引っ越しを選んだ方が安い料金で引っ越しできる可能性は高く、そして時間が遅れるリスクは低く抑えられることを覚えておきましょう。

それならば、

あなたに合った他の引っ越しプランを検討した方がいいでしょう。

それぞれ以下の記事でご確認ください。

チャレンジャーなあなたは『引越業者の様々な引っ越しプラン、積み切りプラン編

最も安く引っ越ししたいあなたは『引越業者の様々な引っ越しプラン、帰り便編

割り勘でリーズナブルに引っ越ししたいあなたは『引越業者の様々な引っ越しプラン、混載便編

もしくは、当サイト最上部のグローバルナビメニューの「費用と見積もり」又は「状況別から、プルダウンしても選べます。

フリー便の特徴(安い料金で引っ越しできる。しかし...)

photo credit: Jordiet. Delayed via photopin (license)

とにかく、時間の指定(確約)が出来ないため、あなたの前の引っ越し案件(午前、午後各1件)で、トラブルなくスムーズにいけば、ラッキーかもしれませんが、そんなことはそうそうあるものではありません。

大概は、多少の遅れは生じます。すると、玉突きでさらに後ろに遅れます。「フリー便」は遅れて当然ぐらいの気持ちでいてください。

まるで定刻出発時刻が決まっているけれども、前の便が来なくて3時間も遅れて出発するLCCの航空会社(格安航空会社)の飛行機みたいです。安いんだからしょうがないでしょ。他に代わりの機体持っていないんだしと言わんばかりの。

私は、実際LCCを利用したばっかりに、フライト時間がたった1時間のところ、3時間遅れで出発した便に乗ったことが有ります。正直その時は呆れましたが、自分が安いのを選んだ結果のリスクをもろに受けただけなんだからと無理に納得させました。

しかし、フリー便と言えども、その日の前2件の引っ越し進捗状況により、目安の時間はあなたに伝えられます(連絡をしてくれる会社はまだ良心的な方です)。中には到着直前になってようやく伝えてくる会社もあります。

到着予定はあくまで目安でしかなく、2時間から3時間の幅を持って(例えば「16時から18時頃には伺えると思います。」などのように)到着時刻が伝えられるのは普通です。

さらには、この目安時刻、引っ越し業者としては、18時に到着できれば御の字というような感覚で、場合によっては時間を過ぎても到着せず、実際の引っ越し作業が始まったのは19時過ぎということも珍しくありません。

繁忙期にはこの傾向がさらに強まり、中にはフリー便で引っ越しをして作業が終わったのが、夜中の11時とか12時の場合もあるようです。そんな遅くに引っ越しが終わったらあなたはどうですか?もうぐったりじゃないですか?

その日一番遅い時間の引っ越しとはどういうことか?

photo credit: cliff1066™ Ed Sullivan Theatre via photopin (license)

あなたは、その日でいつ調子が絶好調ですか?

普通の人は、前の晩良く寝て起きた、朝一番が体力も回復して、脳もしっかりリセットされて、絶好調なのではないですか。

これを引っ越しに置き換えると、引っ越し作業員の方たちは、どのような状態でしょうか。

その日、あなたの引っ越し前に他に2件作業をこなしてきたら...言わずとも分かりますよね。超人やロボットでもなければ、前2件引っ越しが終わって、結構疲れているはずです。

疲れていれば、作業効率も下がるし、場合によっては集中力も落ちているかもしれません。そうすると、壁や床に荷物をぶつけたり、物を落としたりと、そういった引っ越し事故のリスクが高くなっている状態が、その日一番遅い引っ越しなんです。

引っ越しの品質で言ったら、「安かろう悪かろう」になってしまうはずです。

フリー便のメリットは、基本的に「安い」以外は何もない

ここまで話をしてきたように、「フリー便」にはこのようなデメリットが多い為、特に「フリー便」は敬遠されがちです。

もし単身の引っ越しで、かつ引っ越し繁忙期だから普通では引っ越しを断られるような状況なら、「飛行機のキャンセル待ち」的な感覚で臨めば、なんとかねじ込んでもらえる可能性が有るのは「フリー便」ならではです。

しかし、引っ越し作業を依頼する利用者にとっては、メリット(料金が安い)よりもデメリットのほうが多いので、よっぽどの理由があなたにない限り、おすすめできません。

強いて言うなら、引っ越し当日も昼間の仕事がどうしても休めず、はなから夜に引っ越ししたい人ぐらいでしょうか。

引っ越しの積み込み開始時間が遅くなるということは?

あなたの方でも、何時ぐらいに荷物の積み込み終わるからと、不動産業者の「退去立会い」の時間を事前に連絡して予定を空けてもらっているはずです。

この時間がまず大幅に遅れます。不動産業者がまだ営業している時間ならまだしも、その時間を過ぎてしまったらどうするの?そうでなくとも、新居への到着も遅くなるので、新居の方での「入居時立会い」は出来るの、鍵の受け取りは等々、すべてに影響が出ます。

さらに、もしあなたが遠距離の引っ越しで、新居までの移動に一日挟みホテルに泊まって翌日するならまだいいでしょうが、その日のうちに予約してある飛行機や新幹線に乗らなければならないとしたら...

結論

「引っ越しのスタートが遅れる影響=フリー便を選んだ結果」は、引っ越し当日にやるべきその後の全ての作業や手続きに影響を及ぼします。これも玉突きになります。

ですから、

引っ越し日のいろんな予定を比較的タイトに組んでいる人、自分の予定した時間通りに引っ越し日の各種作業を進めたい人には、絶対「午前便」一択です。

実は「フリー便」とは、あなたの自由な時間が無くなる「不自由(いろんな意味で拘束される)」な、時間が有り余っている「自由人」向けのプランなのです。

あなたの貴重な時間をお金で買うか、あなたの時間を安く売るかは、それこそあなたの自由です。

についてです。

 

error:Content is protected !!