賃貸物件どこがいいか迷っています。仮押さえって出来るの?

Q&A
この記事は約5分で読めます。

photo credit: njhomepictures DSC_4041 via photopin (license)

あなたが新しく住む街で、賃貸物件探しを始めました。そして、希望通りの物件にいくつか巡り合えました。

さて、あなたが住まいに求める希望条件をいくつか挙げ、その基準に基づいて選んだわけですが、どっちもいいなぁ~と、どちらかに決めかねる場合ってありますよね。

そんな場合、少し考えたいから、他の人に申し込みされないようにキープする(とりあえず押さえる)ことできますか?

と思うこともあるでしょう。

そんなことで、今回は不動産業界における「仮押さえ」ということについて、説明したいと思います。

賃貸物件における「仮押さえ」とは?

「仮押さえ」とはどのような制度?

いきなりですが、そもそもの話をしてしまうと、不動産業界の賃貸住宅の契約において、「仮押さえ」という制度は存在していません。

あくまでも慣例として、「仮押さえ」と言っているだけです。

不動産屋のスタッフが、「仮押さえ」してしまいましょう。と言うことがあるかと思いますが、

不動産屋側からすると「仮押さえ」とは、「予約」するというよりも、「入居の申込み」をすることと同義なのです。

よって、あなたの方でも「仮押さえ」≠「予約」ではなく、「仮押さえ」=「入居申込み」と覚えておきましょう。

そして、申込み書が提出された順番で、入居審査へと移っていきます。

申込書が、管理会社や大家さんの手元に届くと、順番に入居審査が始まります。すなわち、入居申込書の提出⇒入居審査の『申し込み中』の状態を「仮押さえ」という風に表現しているだけなのです。

「仮押さえ」する場合、申込金が必要なときがある

photo credit: Japanexperterna.se Japanese Yen Bills via photopin (license)

さて、仮押さえするとなったら、入居申し込み書を書いて提出することになるかと思いますが、この時、不動産業者によっては、入居「申込金」を取る場合があります。

不動産業者としても、決まりかけている契約を逃したくない為、予約金(預かり金)として「申込金」を取りたいわけです。

この申込金は通常家賃の1か月分ぐらいを要求される場合もありますが、普段からそんなに持ち歩いている人は多くないので、実際は手持ちのお金でも大丈夫というケースが多いです。

申込金を支払ったら、必ず「預かり証」を発行してもらい保管しておくこと

「仮押さえ」をするために、申込金をいくらか支払ったら、必ず引き換えに「預かり証」を発行してもらって下さい。

この時、預かり証の題目が「申込金(預かり金)」となっていることを確認し、キャンセル時には返ってくるお金であることを、不動産業者に聞いて確認を取っておくようにします。

この「申込金(預かり金)」は、入居することが決まった場合、前家賃などの初期費用の一部として充当されます。

その為、当然物件を契約することが無ければ返ってこなくてはいけないお金のはずです。このことは、宅地建物取引業法の中で、きちんと定められています。

しかし、中には返そうとせず、「予約をキャンセルしたんだから返さないのも当然」というような態度の不動産屋もいます。

そのような場合は、「宅地建物取引業法」に違反しているので、各都道府県の担当部署、例えば東京都の場合は、都市整備局などに相談して下さい。

宅地建物取引業法、略して「宅建業法」が禁止している行為

【禁止行為】9.契約の申し込みの撤回に際し、受領している「預り金」の返還を拒むこと。

と記載されています。

参考:東京都都市整備局「不動産取引の手引きー宅建業者が禁止されている行為」

仮押さえが出来る期間はどのぐらい?

仮押さえは、先ほどから言っていますが、「入居の申込み」です。入居申し込みをしてから入居審査が完了するまでは、入居者により異なりますが、一般的には3日~1週間ほどです。

よって、この「入居審査期間」=「仮押さえ出来る期間」なのです。

よって、仮押さえ出来る期間は、3日~1週間と考えて下さい。
入居審査が完了した時点で、正式に契約を結ぶかどうするか、最終判断しなければなりません。

入居申込みをキャンセルしたい場合は?

geralt / Pixabay

さてここまで見てくると、どのタイミングまでならキャンセルが可能か分かると思います。

入居審査が通っても、最終的に契約するかどうかはあなたの判断です。

ですから、

「賃貸借契約を結ぶ前」までなら、キャンセルは可能です。

では、もし、宅建士から『重要事項の説明』を受け、賃貸借契約書に署名、捺印し、契約してしまった場合はどうでしょう。

この場合は、キャンセルという形ではなく、契約した内容を中途解約する形になってしまいます。すると、違約金の発生などが生じてしまうので、

「賃貸借契約」を結ぶときは、後戻りすることが無い状態で、しっかりとした意志を持って契約するようにして下さい。

第一候補、第二候補...と押さえたいから、いずれにも入居申込みをするとどうなる?

入居審査が終わるまでなら、キャンセル可能なんでしょ。だったら、希望する第一候補、第二候補、第三候補ぐらいまで、入居申込みしてみようかなと思うかもしれません。

まるで学校の受験みたいに、第一志望校、第二志望校、第三志望校みたいに。

入居申込みをすると、形式上「仮押さえ」になるので、そうしたくなっても仕方がありません。

しかし、同時にいくつもの物件に「入居申込み」をすると、物件や管理会社は違っていても、大本の不動産会社や大家さんが同じという場合は、あちら側としてはどれが本命か分からず、「本気で入居する気があるのか」と疑いの目で見られることもあり、審査に不利に働くことがあります。

また、入居審査中は、「仮押さえ」している状態の為、当該物件の申し込み受付を一時中止しているため、あなた以外の入居希望者からの契約のチャンスを奪っているわけです。

不動産業者や大家さんへのマナーとして、多重申込みはやめましょう。

最後に

物件を決める場合も、ある程度は即断即決ができないと、いい物件からどんどん埋まっていきます。それが、みんなが引っ越しする4月前後の繁忙期であればなおさらです。

賃貸物件に限らず不動産とは、水もので、その日決められなかったら、明日には違う人がもう決めてしまうかもしれないという性質の物です。

日頃から物事即断できない人は、日頃好みの食べ物を選ぶ時などを利用し、即断できるように訓練をしておくといいかもしれません。

についてです。

error:Content is protected !!