引っ越し費用を抑えるコツ。不用品はあの引越業者に買取を依頼する!

引越業者
domeckopol / Pixabay
この記事は約11分で読めます。

引っ越しの際は、不要になった家具・家電などを処分するいい機会でもあります。不用品を処分するには、各自治体が提供している粗大ゴミの回収サービスを利用すると、回収費用を支払わなければなりません。

また、家電リサイクル法指定4品目においては、1,000~5,000円程の高額なリサイクル料金を支払って回収してもらう必要が生じてしまいます。

この辺の全般的な方法については、以前の記事、引っ越し準備作業で最も大事な不用品の処分についての中で紹介しました。

しかしこれでは、せっかく引っ越し費用を安く見積もりしてもらっても、リサイクルの方にお金が出て行ってしまっては意味がありません。

ということで、今回は、

もう一歩進んで、引越し業者を中心とした「不用品買取サービス」に焦点を絞り、ちょっと掘り下げて紹介してみようと思います。

このサービスを利用すれば、本来お金を払って引き取ってもらう不用品も、思いがけず現金化することが出来、引っ越し費用の足しに出来るかもしれません。

一般的に、不用品回収を依頼すると掛かる費用

家電リサイクル法対象の家電4品目、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機を街の家電量販店などで回収処分してもらうには、いくらぐらいの費用が掛かるのでしょうか?

掛かる費用の内訳としては、

  • リサイクル料金
  • 回収・運搬料金
  • エアコンのみ取り外し工賃が必要

となります。

以下にベスト電器で回収してもらう場合を一例として紹介します。

参考及び画像引用元:ベスト電器-家電PCリサイクル

リサイクル料金(すべて税込み料金)は、

リサイクル料金が一番安いエアコンでも、990円~

洗濯機・衣類乾燥機が2,530円~、

テレビ:液晶プラズマ式15型以下が1,870円~、16型以上が2,970円~

冷蔵庫:170L以下で3,740円~、171L以上で4,730円~、

このリサイクル料金は法定で決まっている価格なので、家電量販店や不用品回収業者、引越し業者どこで頼んでも、原則変わらない固定料金です。

それに、業者独自で設定して良い、回収・運搬料金が上乗せされてきます。ここが悪質な不用品回収業者では、法外な料金になる理由です。

ベスト電器では、収集運搬料:1,210円、訪問回収費2,750円となっています。

エアコンの取り外しが、通常の移設を前提とした取り外しではなく、廃棄前提の場合で料金相場は3,000円から5,000円。

まとめると、おおよその料金は以下の表のようになります。

家電製品名リサイクル料金取外し工賃収集運搬料訪問回収費費用合計
エアコン室外機・室内機  1セット¥990¥3,000       ~5,000¥1,210¥2,750¥7,950
テレビ液晶・プラズマ式 (15型以下)¥1,870¥1,210¥2,750¥5,830
テレビ液晶・プラズマ式 (16型以上)¥2,970¥1,210¥2,750¥6,930
洗濯機・衣類乾燥機¥2,530¥1,210¥2,750¥6,490
冷蔵庫(170L以下)¥3,740¥1,210¥2,750¥7,700
冷蔵庫(171L以上)¥4,730¥1,210¥2,750¥8,690
収集運搬費や訪問回収費まで含めると、家電リサイクル法の対象品は、1台処分するのに約6,000円~9,000円と結構お金が掛かることが分かります。

廃棄するのに都度これだけ掛かると考えたら、他の引越し荷物とまとめていくらで引越ししてしまい、引越し先で新たに買い替えた方が安い場合もあるかもしれません。

家電量販店では、家電買い替えの場合、収集運搬費などを取らないケースも多いので、その方がお得です。

もし、引越し業者に不用品回収を依頼する際は、

引越し見積り金額をこれらの家電が「無い場合」と「有る場合」、二通りで出してもらって差額を見て検討したらいいと思います。

引越し直前に多少時間の取れる方は、地元の家電量販店に回収処分を依頼した方がいいでしょう。

ちなみに、私はワンボックスカーを所有していたので、妻と二人で、自力で冷蔵庫を家電量販店に持ち込んだため、収集運搬費や訪問回収費をカット出来ました。処分の場合は冷蔵庫の横積みしても問題ないので。

約4,000円コストカット出来れば、二人でそこそこの食事が食べられますからね。

引っ越し業者に引き取りを依頼する場合とは

引っ越し業者に不用品の引き取りを依頼するメリット

stevepb / Pixabay

引っ越し業者に不用品の引き取りを依頼する一番のメリットは、引っ越し荷物の運び出しと合わせて、引っ越し当日に不用品の引き取り・買い取りを行ってくれるので、他のサービスを利用する時のように、二度手間にならないことです。

引っ越し準備で忙しい中、他の業者を手配する手間や、別に日程を空ける必要もありません。

普通の引っ越しと同じように、引っ越し当日まで過ごしていればいいだけなのです。

実はこれ、かなり時間の削減になります。

一般的な不要品の処分・買取方法では、自治体の場合は回収日時が決まっている(月何回、何曜日とか)ため、それに合わせて品物を出さなくてはいけなかったり、リサイクルショップの場合は基本的には自分でお店に持ち込む必要があるということで、結構手間と時間が掛かります。

この時間を省けるという点で、引っ越し業者に不用品の引き取り・買い取りをしてもらう意味があるのです。

引っ越し業者に引き取りを依頼する場合の注意点

引っ越し業者の全てで、不用品引き取り・買い取りサービスを行っているわけでは無いということです。

また、引っ越し業者によって、そのサービス内容や料金体系が異なっている為、必ずサービス内容を確認しておくことが必要です。

なお、一般的には、買取する(現金化できる)という形ではなく、あくまでも不用品を無料もしくは有料で引き取りを行ってくれる、不用品回収である点に注意が必要です。

そのような引っ越し業者の中でも、特に買取を行ってくれるおすすめの業者を以下で紹介します。

クロネコヤマトの不用品買取サービスの特徴

Marcii / Pixabay

クロネコヤマトの場合、不用品の回収はもちろんの事、買取のサービスも行っている点です。

但しこのサービスで買い取りをしてもらうには一定の条件があり、

その条件とは、

①冷蔵庫・洗濯機などの家電類:製造より6年以内
②家具類:購入より6年以内
③雑貨などとなっています。
この条件を満たす場合のみ買取が可能です。

また、買取できないものとしては、

カーペット、カーテン、布団などの布製品

家電製品でも、エアコン、パソコン、ガスコンロやコタツなどは不可

バッグや衣類、靴、ゴルフセットやスキーセットなどもダメみたいで、

かなり限られた品物しか買取は行えないみたいなので、サービス利用に当たっては十分注意して下さい。
とは言え、リサイクル指定家電の、冷蔵庫、洗濯機は、通常リサイクル費用数千円を払って処分するものなのに、逆に買いとってもらって、お金がもらえるのは非常にありがたいです。

詳細は、ヤマトホームコンビニエンス-不用品買取サービス

アップル引越センターの不用品買取サービスの特徴

955169 / Pixabay

同様にアップル引越センターでも、不用品の引き取り・買取サービスを行っています。

アップル引越センターの場合、大手リサイクル会社との協力により、高価買取が可能です。不用品の引き取り、買取の見積りは、引っ越しの見積もり時に合わせて行ってくれるので、この時の買取価格で処分するか買い取ってもらうか決められるのが良い点です。

また、品物の種類や状態によって、無料で引き取る(無料回収)場合、有料で引き取る(お金を払って回収)場合、買い取ってくれる(現金化できる)場合の3パターンがあり、

家庭で使用していた家具家電であれば、ほとんどの物が回収可能なため、不用品の処分が確実に出来る点が、ヤマトホームコンビニエンスとの大きな違いです。

詳細は、アップル引越センター-不用品買取&引取

キタザワ引越センターの不用品買取サービスの特徴

photo credit: chinnian Tokyo : 10 Mar 2012 via photopin (license)

東京を地場とする中小の引っ越し業者、キタザワ引越センターです。この会社は中小とは言え、地域に根差した引っ越しで、既に創業から50年を超える老舗の引っ越し業者です。

大手引っ越し業者でも不用品買取を行っているところが少ない中、中小でやっている会社はかなり珍しいです。

不用品の買取は、家具や家電、電動工具や美容機器、衣類や貴金属、ブランド品に至るまで一通り買取が可能です。

詳細は、キタザワ引越センター-不用品買取・引取サービス

サカイ引越センターの不用品買取サービスの特徴

photo credit: marumeganechan Akihabara / 秋葉原 #04 via photopin (license)

サカイ引越センターの不用品買取サービスでは、何と言っても、その買い取り可能な商品の幅がとても広いという事が一番の特徴です。

生活家電やアウトドア・スポーツ用品はもちろん事、金券やブランド品、おもちゃやお歳暮に貰ったギフト品まで、ほとんど、街の買取ショップと同じレベルの買取が可能です。

4種類のサイズのダンボールが用意され、「箱に入るものであれば、何でも買取してくれる」「宅配キット」を利用することにより、あなたの家から、サカイ引越センターの不用品買取サービス宛てに着払い伝票で送るだけでOKという、オール無料の買取サービスを提供しています。

また、通常、ヤマトホームコンビニエンスなどでは、現地で現品を見て買取査定を行うのですが、サカイ引越センターの不用品買取サービスでは、オンラインでの買取査定も可能です。この辺でも普通の買取ショップと同じレベルの利便性があり、もはや、引っ越し業者レベルの買取ではありません。

詳細は、サカイ引越センター-不用品買取サービス

ハート引越センターの不用品買取サービス「ハートトコトン買取サービス」の特徴

kaboompics / Pixabay

ハート引越センターの不用品買取サービス「ハートトコトン買取サービス」でも、サカイ引越センター同様、金券、ブランドバッグなどでも買取を行ってくれます。

サービス利用方法は、

①電話もしくはWEBから宅配キットを申し込む。

②箱に詰めて、着払いで返送。

③最短7日で入金される。

という簡単なものです。また、LINEを利用し写真を送ることで査定をしてもらう「LINE査定」も行っています。

なお、買い取りサービスの業務代行は、神奈川県内に44店舗を構えリユース事業を運営している、㈱ワットマンが行っています。

詳細は、ハート引越センター家具家電買取サービス「ハートトコトン買取サービス」

その他引っ越し業者の不用品回収サービス、各社の対応状況

日本通運-不用品の回収サービス(引っ越しオプション)

アリさんマークの引越社「引っ越し準備の情報誌ジュンウ”ィ」では、不用品買取業者の紹介のみ

アート引越センター「家電リサイクル対象のみ、有料で回収可能」

ハトのマークの引越センター「オプションサービス-不用品の処分」

アーク引越しセンター「不用品の処分-家電リサイクル対象のみ、有料で回収可能」

ファミリー引越センター「引越しQ&A-不用品の処分について、有料の為、要問合せ」

SGムービング(SGホールディングス傘下)「よくあるご質問-いらなくなった不用品を引き取ってもらえますか?⇒不用品処分サービスは無し」

ベスト引越サービス「よくある質問-不用品は回収してもらえますか?直営のリサイクルショップ【リサイクル王】での買取も可能」

人力引越舎が運営する「リユース広場らくかぐ」が買取実施

最後に(まとめ)

以上のように、大手の引っ越し業者10社の中でも、家電リサイクル対象4品目のみの対応であったり、不用品引き取りや買取サービスを行っていない会社もあるのが実情です。

また、買取できるもの出来ないもの、得意とする品物そうでないものと、各社で特徴があることが分かってもらえたかと思います。

もし、引っ越しのタイミングで、不用品の処分や買取もお願いしたいのであれば、引っ越し見積もりの段階から、今回紹介したサービスを提供している「引っ越し業者」を選ぶことをおすすめします。

各社のサービスの特徴をよく理解した上で、あなたの品物にあったサービスを利用することが、高価買取をしてもらう一番のコツです。

についてです。

error:Content is protected !!