7月から8月の真夏にかけての引っ越しのコツと注意点

引っ越しの時期(月別)
PublicDomainPictures / Pixabay
この記事は約8分で読めます。

さて、前回は、梅雨時期の6月の引っ越しについてお伝えしました。

今回は、梅雨も明けた7月中旬以降から8月一杯の「真夏の引っ越し」について、考えます。

真夏の引っ越しとその対策、注意点など

とにかく暑い中での引っ越し作業となる

6月の梅雨時期は、雨に降られることを覚悟して引っ越しをしなければならず、大変です。

しかし、大変さで言えば、今回の梅雨明けてからの、夏真っ只中で行う引っ越しほど大変なものはないでしょう。

それは、何と言ってもこの時期特有の暑さ。

地域により多少暑さは異なりますが、この時期は日中の平均気温は30℃を超え、日によっては35℃を超える猛暑日になることも。

また、夜間でも気温の下がらない熱帯夜となることもあり、よっぽど太陽が上がってすぐの5時~7時ごろに引っ越しをしなければ、暑さとの戦いは避けられません。

そうすると、普通に部屋の中や外に立っているだけでも、背中や額に汗がツツーと流れる状態になることでしょう。

そして、忘れてはいけないのが、

引っ越し作業をする時は、エアコンは取り外されている状態であるということ。

外の気温が35℃を超えてくると、エアコンの効きさえも低下して来るのに、

エアコン無しで、荷物の搬出搬入作業をするということは、かなり過酷な環境での作業となることを覚悟して下さい。
また、引っ越し当日に、エアコン取付に来てもらえるならまだしも、翌日以降となる場合は、熱帯夜の中で、エアコン無しで寝ることも考えなくてはいけません。

暑さで体が参ってしまわないように注意が必要

jill111 / Pixabay

真夏の引っ越しで過酷なのは、旧居新居共に、エアコンが取り外された状況の中で、引っ越し作業をしなければならないことです。

窓と玄関を開け放ち、さらには扇風機を使って室内に風を流してあげれば、多少は涼しくなるかもしれません。しかし、外の気温があまりにも高い場合では、それも熱い空気をかき回しているだけになって効果はありません。

そして、このような環境の中で肉体労働(引っ越し作業)をしていると、水分を大量に摂取しても汗をかき続け、突然汗が出なくなることがあります。

こうなると、既に熱中症の症状が現れ始めています。そのまま対処しないで放っておくと、救急車で運ばれる事態になってしまいます。

熱中症を防止する為の対策について

【熱中症になりかけの兆候】

頭痛がひどくなる。

集中力がなくなる。

物事の正確な判断が出来なくなる。

【熱中症の症状】

今まで大量にかいていた汗が突然止まる。そして寒気を感じたり、震えが止まらなくなることも。

塩分が不足していると、けいれんなどの症状が出ることもあります。

【熱中症防止の対策】

①とにかく、体を冷やす。

汗をかいてもかいても体温が下がらない為に、熱中症になります。

その場合は、動脈が通っている場所、首筋、脇の下などの血管を冷やし、冷たい血液を体内に循環させ、体全体を冷やすのが効果的です。

そのためには、「熱冷まシート」をこれらの部位に貼ったり、MAGICOOLなどの「気化熱を利用して体温を下げるスカーフ」や接触冷感のTシャツなどを着ておくと、汗や水分が蒸発するときに、効率よく体温を下げることが出来ます。

綿のTシャツや綿のサマーシャツでは、大量の汗をかくと汗が乾ききらなくなって気化熱を奪う事すらできなくなってしまうので、ポリエステルなどの「吸湿速乾素材」でできているシャツが夏の引っ越しではおすすめです。

②塩分を摂取する

汗をかくことで、体内の水分と共に、「塩分」も失われます。

体内で、塩分は様々な役目を担っていますが、神経伝達と筋肉の収縮にも関係している為、塩分が不足すると、神経や筋肉の部分にも影響が出てきてしまい、正常な肉体の活動に支障をきたすようになってしまいます。

その為、水分の補給のためにお茶などを飲むのもいいですが、それでは塩分が補給できないので、塩分の入っているスポーツドリンクや「塩飴」などで、塩分をしっかり補給するようにして下さい。

③こまめに水分補給、塩分補給する

あまり休んでばかりでは、引っ越し作業が、はかどらなくなってしまいますが、出来るだけこまめに水分補給、塩分補給するようにしましょう。

そして、

引っ越し中は、冷蔵庫が使えない状態なので、「夏の引っ越し」では、クーラーボックスや発泡スチロールの箱(夏なら500円ぐらいでコンビニなどでも売っています。)などに板氷やクラッシュアイスを入れて用意しましょう。
その中に冷たい飲み物や濡れたおしぼりなどを入れておくと、リフレッシュや効率よく体を冷ますことが出来るため、非常に重宝します。是非用意しておくことをおすすめします。

Gellinger / Pixabay

引っ越し荷物などへの汗対策はしっかりと

Elfahret / Pixabay

前項で説明したように、夏の引っ越しでは、危険なまでに大量の汗が出ます。

そしてその汗が、滴り落ちたり飛んだりと、引っ越し荷物や、旧居新居の床などを濡らしてしまうことになってしまいます。

ダンボールは、水濡れに弱く、あまり濡れると強度が落ちてしまい変形しやすくなってしまうので、汗濡れには注意するようにします。

特に、半袖で作業をしていると、腕の部分でダンボールを抱えるので、腕にかいた汗で、ダンボールがぐっしょりとなってしまうこともあります。

その為、荷物の汗対策としては、雨の時と一緒ですが、

ダンボールにゴミ出し用のゴミ袋などを先に入れ、その中に、荷物を詰めていく方法です。これであれば、万が一外側のダンボールが濡れても「中の荷物」はゴミ袋で守られ、濡れるのを防いでくれます。

また、汗には水分と共に塩分が含まれています。

電化製品の基盤や金属部品などは塩分に弱く、汗が付着したままそのままにしておくと、最悪、錆びて使えなくなってしまいます。しっかりと保護しておくようにし、そして汗が付いたら早く拭き取るようにして下さい。

さらに大事なものは、ジップロックなどの「食品保存用バッグ」に入れて個別に完全防水にしてしまいましょう。

引越業者では、大型の家電やタンス類は、引っ越し業者の方で保護マットなどで、しっかりと養生してくれます。

しかしそれでも、特に注意が必要なのは、湿気に弱い「革製品」や「木製製品」、「畳」や「桐の衣装箱やタンス」は、汗に濡れただけでシミになってしまうこともあります。

その為、

夏の引っ越しの大敵は、ズバリ「汗」です。

新居への荷物搬入作業が終わったら、すぐに梱包を解き、濡れが無いか汗染みなどが無いかよく確認しましょう。

特に、和室の畳と壁紙には、注意して下さい。

chxfly9527 / Pixabay

畳と壁紙が濡れたり、汚れてしまったら、その場ですぐに拭き取り、後でシミや汚れの原因にならないようにしておきましょう。

賃貸物件の場合、退去時に現状回復費用を請求されてしまう場合もあるので、十分注意して下さい。
和室の畳と壁紙には、しっかりと対策してもらうように、引っ越し業者の方に伝えるようにしましょう。

もし、荷物や家具などに問題があった場合は、引っ越し業者にクレームを入れ、トラブル対応してもらうようにして下さい。

暑さにより、荷物破損のリスクが高まる

あまりにも暑いと、頭がぼ~っとして、普段なら何でもない事でもミスをする機会が増えます。

重くもない荷物なのに、手が滑って落としてしまったり、荷物の運搬時、慎重さにかけ、壁にぶつけてしまったりと。

とにかく、暑い時期の引っ越しは、それだけで荷物破損のリスクが高まることは、理解しておいた方がいいでしょう。

肝心の引っ越し料金相場は

7月後半から8月の期間中は、夏休みを取れる人も多く、意外にも引っ越し料金は極端に安くありません。

しかし、お盆休み中は、お盆の帰省などで引っ越しをする人が少なくなる為、引っ越し料金も安く、狙い目かもしれません。

但し、梅雨時期の6月と比べると、若干高い傾向にあるようです。

また、「引越専門業者」はお盆でも営業していますが、引っ越しをメインとしていない「運送業者」はお盆に合わせて休みの場合も多いので、営業日はよく確認しておくことが大事です。

最後に

真夏の引っ越し事情、いかがでしたでしょうか?

とにかく暑さ(熱中症)との戦い、大量の汗による汚損を如何に防止するか、この辺りがポイントです。

真夏の引っ越しは、その時期に引っ越しをしなければならない特別な事情が無い限り、出来るだけ避けた方がいいと思います。

本当に下手をすると、救急車で運ばれる羽目になりかねません。

料金的な面から見ると、梅雨時期の6月の方が値段も若干安いぐらいで、また肉体的負担は真夏の時期より全然軽いので、可能なら6月の引っ越しがおすすめです。

但し、企業の中には、夏休み前に転勤の辞令が出る場合もあります。そのような場合はあなたに選択権はゼロなので、真夏の引っ越しを覚悟して下さい。

についてです。

error:Content is protected !!