10月秋晴れでの引っ越しは?料金や注意点など利用する上でのコツを紹介

引っ越しの時期(月別)
moritz320 / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

前回、9月の引っ越しでは、残暑と台風、そして10月の人事異動に伴う引っ越し需要の増加に注意した方が良いことをお伝えしました。

今回は、10月の引っ越しについてです。10月の引っ越しはどんな傾向があるでしょうか?また、何に注意しなければならないでしょうか?

10月の引っ越しの特徴と、料金相場、注意点など

「転勤需要」が多少残る10月前半

geralt / Pixabay

9月の中旬から後半に掛けて、「10月1日」付けの人事異動に伴う、会社員の引っ越し需要が増えることは、前回の9月の引っ越しの時にお伝えした通りです。

しかし、中には急な辞令交付にすぐ対応できず、引っ越しが10月にずれ込んでしまう人もいます。そして、その多くは単身者です。

なぜなら、各企業とも、家族持ちの場合は、子供の転校や、奥さんの仕事の都合など、転勤に付随して対応すべきことが多くなるため、内々の通知は、早めに伝えるように配慮しているからです。

一方、単身者は、荷物も少なく、そのような束縛も無いため、直前の通知が多くなる傾向にあります。

その為、人事異動に伴う会社員の引っ越し需要が、単身者を中心に10月中旬ぐらいまで残ります。

今年2019年は、10月12日(土)、13日(日)、14日(体育の日)と3連休になり、引っ越しがし易い為、注意が必要です。

しかも、中日の13日(日)が「大安」となっているため、結婚前後のカップルを中心に混雑が予想されます。

10月は「結婚式」を挙げるカップルが多く、引っ越し需要は多い

StockSnap / Pixabay

さて、転勤需要の残りと共に、10月は暑さも和らぎ台風や雨の心配が少ないことから、結婚式に適した季節となっています。

10月は気候も良く雨が少ないことから、ガーデンパーティーやテラスを使った演出が可能なこと、秋の味覚を使った旬の料理を提供できること、暑過ぎず寒過ぎないのでゲストを招きやすいなどの理由から、10月の結婚式は年間通しても人気となっています。

その為、10月は、結婚式が多い=引っ越し需要も多いという事になります。

先に紹介した10月13日(日)大安を挟んだ3連休と、次の週10月19日(土)も大安となるので、今年2019年の10月の週末引っ越しは要注意です。

夏の暑い時期を過ぎ、引っ越し作業員は元気に

j_nnesk_sser / Pixabay

7月~9月までは暑さが厳しく、引っ越し作業員はヘトヘトになりながらの作業だったことでしょう。

しかし、10月に入ると、最高気温も20℃前後まで下がり、非常に過ごしやすい気候になることから、引っ越し作業員も元気復活。

また、春ほど繁忙期ではなく極端に忙しくないため、10月が一年で一番元気に引っ越し作業をしてくれる時期となります。

そのようなことから、夏の引っ越しでは心配だった汗対策や荷物の破損、ちょっとしたミスなども減り、比較的質の高い引っ越しサービスが期待出来ます。

但し、新人引っ越し作業員には注意

quicksandala / Pixabay

8月初旬から9月末までは、大学生は夏休みの為、引っ越しアルバイトをしていた学生も多かったことでしょう。

しかし10月に入ると、大学でも新学期が始まる為、これを境に夏の引っ越し経験を積んだ大学生のアルバイトはめっきり数が減ってしまいます。

そこで、10月は、新たなアルバイトを雇って、そこから新人の育成をし始め、繁忙期に備えます。

すなわち、この10月は、新人バイトが派遣されてくるという意味で、引っ越し業界も「人事異動(チーム改編)の時期」なのです。

引っ越し需要は、単身者、結婚カップルが中心

上記で述べたように、10月の引っ越し需要は、人事異動に伴う転勤の「単身者」。そして、結婚前後の「2人家族」が多くなります。

その為、

「単身者」向けの単身パックや長距離の混載便、引っ越し業者のトラックでは「2人家族」向けの2tショート~2tロングの車が早めに埋まりやすくなります。

引っ越し予約時は、この辺に注意するといいでしょう。

なお、蛇足ですが、繁忙期の3月~4月は引っ越し業者もレンタカーを利用することが国土交通省から認められていますが、それはあくまで「繁忙期の3/15~4/15」の期間限定です。

9月中旬から10月にかけての時期では、その措置は当然認められていないので、トラック台数の少ない中小の引っ越し業者を中心に、人気のある日は、早めに予約が埋まってしまうこともあります。

地元密着型の中小引越業者で、良い引越業者を知っている場合は、早く日程を抑えることをおすすめします。

10月中旬を過ぎ下旬に差し掛かる頃より、引っ越し業者によって見積もり価格にも差が出始める

photo credit: sunset_removals Removal Firm Moving Boxes via photopin (license)

10月中旬を過ぎると、10月の引っ越しピークもひと段落してきます。

すると、この時期以降、休日を中心に、人気のある引っ越し業者ではそれなりに忙しくても、知名度がなかったり人気の無い業者では、平日は特に暇になるところも出てきます。その為、

10月は引っ越し業者によって、見積もり価格に差が出やすい時期でもあるのです。

これは引っ越し利用者にとっては、チャンスです。

是非、複数の引越業者と相見積もりを取り、安くてお得な引っ越しが出来る業者を選ぶようにして下さい。

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス

10月引っ越しに向けた賃貸物件市場は?

10月引っ越しとなると、新居探しはその2か月前、8月頃からスタートという事になります。

8月は、暑い時期にも関わらず夏休みやお盆の長期休暇を利用し、家族連れなどを中心に、学校の9月の新学期開始に間に合うように引っ越しする方がいるため、空き物件は出やすい傾向にあります。

但し、それ以外のお客さんは、暑いのにわざわざ引っ越ししたいと考える人は少なく、賃貸物件市場では、8月は閑散期となっています。

10月の引っ越し料金相場は?

photo credit: Japanexperterna.se Japanese Yen Bills via photopin (license)

年間を通してみた場合、6月~7月中旬の梅雨時期と共に、10月は比較的閑散期に分類されるので、引っ越し料金相場は、繁忙期と比べると大分安くなります。

参考までに、引っ越し大手「サカイ引越センター」の料金相場を見てみると、以下のようになっています。

引用:引越し侍「サカイ引越センターでの単身・家族別の見積もり料金相場と口コミ・評判」

但し、これを見ると分かる通り、家族世帯向けの都道府県を跨ぐ引っ越しで、9月から10月に掛けて料金が「ガン!と」急激に上がっている点に注目して下さい。

これはまさに、10月1日着任の転勤需要により料金が跳ね上がっています。

ところが、その需要が終わっても、

10月から11月は今度は結婚シーズンに入る為、値段が落ちてこないで高値を維持したままとなっているのが特徴です。
長距離引越しにおいては、5月よりも料金が高い結果になっている為、家族世帯で長距離の引越しをする予定がある方は、要注意です。

但しこれはあくまで、「サカイ引越センター」の場合です。

探せばもっと安く引っ越し出来る業者もあるはずです。

そんな場合は、一括見積もりで複数社から引越し見積もりを取ってみてはどうでしょうか?

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス

最後に(まとめ)

10月の引っ越し事情、理解してもらえたでしょうか?

10月は、春先と並んで気候も過ごしやすくなるため、非常に引っ越しに向いている時期であることが分かりました。

さらには、同一都道府県内での引っ越しであれば、一年の内でもかなり安い料金で引っ越し出来る時期です。

以上のようなことから、私は個人的に10月の引っ越しをおすすめします。

についてです。

error:Content is protected !!