引っ越しは疲れる!何に疲れるのかとその解消法、究極の疲れない方法を紹介

各作業のコツ・注意点
Olga_Mur / Pixabay
この記事は約15分で読めます。

あなたが引っ越しをすると決めた瞬間から、引っ越し完了するまでには長い道のりが待っています。

やるべきことは、新居探しから、引っ越しの準備、引っ越し業者の手配、荷物の荷造り・梱包、各種住所変更などの手続きなどなど多岐にわたります。

通常、引っ越し準備開始から完了までには2か月以上の長期間が掛かり、その間、色々な作業や手続きが続くので、気疲れすることも多いと思います。

今回は、「引っ越しは疲れる!何に疲れるのかとその解消法、究極の疲れない方法を紹介」と題して、

引っ越しでは「何に対して」疲れるのか?そして引っ越しで疲れない方法と疲れを解消する方法をお伝えします。

引っ越しで疲れること

普通の人は、「年に何回も」「日常的に」引っ越しするものでは、ありませんよね。

すると、よっぽど引っ越し慣れしている人以外、人生の中で何度も引っ越しすることは無いはずです。

そうなんです。「引っ越し」とはあなたの人生においてそう何度も無い特別なイベント(非日常)なのです。

そんなことから、不慣れな中で色々なことをこなさなければならず、効率的に出来なかったり上手に物事が処理できないことから、ストレスや気疲れ、肉体的な疲労までが蓄積してしまうのです。

引っ越し準備

そもそも、引っ越しをするに当たって、何をしなければならないか全体像が「漏れなく」理解できている人はどれぐらいいるのでしょうか?

引っ越しの準備をすると言っても、何をしなければならないかが分かっていないと、必要なやる事を書き出すだけでも大変です。

引っ越しが初めてか、不慣れな人は、リストでチェックして作業に漏れが無いようにするといいでしょう。

以下の別記事では、引っ越しをするかどうかの判断開始から、新居探し、引越業者への見積もり、荷造りや荷物の仕分けのポイント、住民票やガス水道のインフラなど各種住所変更の手続き、新居での挨拶回り、引っ越しはがきの作成まで、

引っ越しに関連して、やらなければならないことを網羅しています。一度ご覧になって、引っ越しの全体像を把握するのに役立てて下さい。

引っ越しの準備開始から完了までを完全網羅。【引越しやることリスト】

引っ越し荷造り

Free-Photos / Pixabay

引っ越しにおいて、実務の大半を占めるのは、引っ越し荷物を整理・処分して、必要な荷物を荷造りすることでしょう。

引っ越しの荷造りについては、あなたの家族の構成人数(一人暮らし、新婚カップル、家族子連れ)や部屋の間取りなどによって、荷物の量が変わってくるので一概にはいえません。

荷物量によっては、その多さに途方に暮れることもあるかもしれません。

荷造りにどのぐらいの時間が掛かるのか、ある程度の目安を知っておくと、前もって心理的な準備をすることが出来ます。『引っ越し準備にかかる日数はどのぐらい?

また、荷造りがあなた自身では大変だと思う場合は、最初からプロに作業をお任せしてしまうのもアリだと思います。

そして、引っ越しの荷造りの手順や方法には、コツがあります。このコツを知っているかどうかで、荷造りの作業効率、ひいては荷ほどきの「しやすさ」まで変わってきてしまいます。

荷造りの手順やコツについては、

梱包作業に取り掛かる前に。引っ越し荷造り前の準備とコツ

個別品目ごとの梱包のコツと冷蔵庫や洗濯機などの輸送前準備

引っ越し作業(荷造りや不用品処分、部屋の模様替えなど)をする上で「あると便利なグッズ」については、

引っ越し準備.comがおすすめする引っ越し便利グッズ(10選)

をご覧ください。

引っ越し荷ほどき

さて、無事新居への引っ越しが済みましたが、まだ荷物の片付け(荷ほどき)が残っています。

出来れば、引越し後1週間~2週間ほどで、荷ほどきは済ませたいところです。

そうしないとズルズルいって、1か月経っても3か月経っても荷ほどきが完了しないままとなってしまうからです。

新居に着いて少し一息ついて、休んでからゆっくり荷ほどきをしたい所ですが、可能ならば、引越し前のバタバタのテンション高い状態のまま、一気に荷ほどきまで済ませると、後に作業を残してやる気が出ないなぁなんてことにならずに済みます。

これは人それぞれです。私は後に回すとめんどくさくなってしまうタイプなので、一気にやっつけてしまいますが、毎日コツコツと進めていくのが向いている人もいるでしょう。

そして、もし半年以上たっても開けられていないダンボールが有る場合には、その中身は、もしかしたら不要なものである可能性が高いので、思い切って捨ててしまうのも断捨離するにはいいでしょう。

住所変更などの色々な手続き

引っ越しに伴っては、住所が変わることにより、役所(役場)では転出届(転入届)を出したり、税金や福祉の関係の手続き、その他、車の登録情報変更や免許の書き換え、保険の住所変更手続きなどなど、様々な手続きをしなければなりません。

この住所変更手続きだけでも、かなり面倒です。

また、役所関係の手続きは、分かりづらいことも多く精神的にも疲れてしまいます。

各種の住所変更手続きについては、以下の記事でそれぞれ詳しく解説しています。ポイントを押さえておけばそんなに難しくはありません。是非参考にしてみてください。

引っ越しに伴う役所関連手続き(その1)』では、住民票の異動(移動)、「国民健康保険」,「国民年金」,「児童手当」,「母子手帳」等、その他市区町村役場で手続きできるものについてお伝えしています。

引っ越しに伴う役所関連手続き(その2)税金、運転免許』では、「住民税」の支払い、運転免許証の住所変更手続きについて紹介しています。

引っ越しに伴う役所関連手続き(その3)自動車、バイクの住所変更』では、普通自動車、軽自動車、原付バイク、自動二輪など車両別に、引っ越しに伴う住所変更及び登録変更について、個別に解説しています。

公共インフラ(電気/ガス/水道/郵便/インターネット等)変更手続き』では、生活するには欠かせない公共インフラ(電気・ガス・水道・郵便・インターネット等)の、利用の停止・開始及び契約の変更などについてお伝えしています。

引っ越しに伴う銀行口座、生命保険、火災保険などの住所変更手続き』では、銀行口座、生命保険、火災保険、COOP(生協)など、あなたが利用している(契約している)サービスに関する、住所変更手続きについてお伝えしています。

引っ越しに伴う保育園や幼稚園の転園、小中学校の転校手続き』では、お子さんのいるご家庭で必要な保育園や幼稚園の転園手続き、小・中学校の転校手続きについて個別に解説しています。

睡眠不足や強行スケジュール

StockSnap / Pixabay

急に辞令が下りて転勤が決まったとかの理由で、引っ越しまでに準備できる時間が非常に少ない場合には、睡眠時間を削って作業をしなければならなかったり、無理やり強行スケジュールで推し進める場合もあるでしょう。

しかし、睡眠不足や無理なスケジュールでの作業を続けていると、ミスによりやり直しが発生して余計時間が掛かってしまったり、怪我や事故を起こしかねません。

また、休む暇なく作業をやっていると、精神的に休まる時間がなく緊張感が続き、寝言でも引っ越しの事を言うまでになってしまい(私は過去にありました...)、精神的、肉体的にかなりキツくなります。

そうならないように、最初の作業計画(スケジュール)作成が重要になってきます。必要に応じて、引越業者の荷造りサービスを利用するなど作業の外注化をすると、楽になります。

大事なものは一括管理しよう。引越し荷物と一緒に梱包してはいけない物』では、作業計画(スケジュール作成)の重要性、作業計画を作るメリットと効果についてお伝えしています。

引っ越しの作業スケジュール(タスク管理)がキチンと出来ていれば、引っ越しは80%成功したも同然です。

肉体的な負担や疲労

単純な作業を繰り返し続けていたり、重い荷物を持ったりすると、日頃運動不足の人は特に、筋肉が疲労したり、腰を痛めてしまう場合もあります。

別記事『3月引っ越しシーズン到来。引っ越し準備中のぎっくり腰には要注意!』では、腰痛防止に役立つ「荷物の持ち方」、具体的な予防方法や、ぎっくり腰になってしまった場合の対処法を説明しています。

また、引っ越しに伴い、部屋のあちこちを綺麗に掃除(特に台所回り)するのはかなり大変です。

そんな時は、プロに部屋のクリーニングをお願いすると、プロの技で見違えるほどキレイになるのはもちろん、あなたの肉体的負担を大幅に減らすことが出来ます。

詳細は、『引っ越しと掃除、ハウスクリーニング料金と相場は?』をご覧ください。

精神的な負担やストレス

やらなければならない作業量が膨大な場合、その量を見ただけで気が重くなります。

無理でもやらなければと思うと、すごく大変です。特に自分一人で頑張らなきゃと考えるのは危険です。

出来るだけ、他の人の助けを借りられるようにしましょう。

「引っ越しうつ」になりやすいタイプの人は、責任感が強く、何でも自分でやらなければと考える人だそうです。

適当に他人の力や引越業者などのプロの助けを借りるのも大切です。

引越し荷造りサービスについては、以下の記事をご覧下さい。あなたが思っているよりも料金は安く、全部任せてしまった方が断然ラクかもしれませんよ。

また、引っ越し先での新しい生活に不安を感じて、それがストレスとなる事もありますが、まだ引っ越してもいないのに「分からない不安」に勝手に想像を膨らまし、心配するのは全く無意味です。

「分からない不安」に対しては、いくら考えても仕方ありません。実際その状況になったときに初めてどうしたらいいか考えればいいので、要らぬ心配は無用です。意外と、「取り越し苦労」に終わることも多いものです。

引っ越し前後で疲れたら。

5477687 / Pixabay

基本的には栄養と休息(十分な睡眠)を取る

若い人であれば、栄養のある食事と、休息(十分な睡眠)を取れば、翌日に疲れが残ることはほとんど無いでしょう。

疲労回復の点から言っても、睡眠不足で引っ越しの準備をすることは好ましくありません。

また、引っ越し当日は朝からかなり忙しくなります。

引っ越し前日と引っ越しが終わったその日は、早目に寝てしっかりと体力を回復しておくようにするといいでしょう。

肉体的な疲労を取り除く

疲労がたまってきたなと思ったら、できるだけその日のうちに湯舟にゆっくりと浸かって筋肉をほぐすのと同時に、精神的にも交感神経優位から『副』交感神経優位(リラックス状態)に持っていくようにして下さい。

いつもの入浴と違い、バブなどの温浴効果のある入浴剤を入れて香りやプチプチする泡を楽しむのもいいでしょう。

近所にスーパー銭湯などの温浴施設が有る場合には、是非利用するといいです。広い湯舟で手足を思いっ切り伸ばせるのはもちろん、バブルバスや炭酸泉、打たせ湯、サウナなどで、血行を改善することが出来ます。

お風呂上がりに、体のストレッチをするとより効果的です。

もし、自分ではどうしようもないぐらい筋肉が張っている場合には、整体マッサージやリフレクソロジーなどで、凝っている筋肉をほぐしてもらいましょう。

精神的にリフレッシュする

簡単なのは、作業の合間合間に休憩を取り、お茶を飲んだり、おやつ、スイーツを食べるなどして、リフレッシュする方法です。

他には、気分良く作業するために、好きな音楽を掛けながら作業するとか、作業の合間にちょっとだけゲームをしたり小説を読んで、しばしその世界に没頭し気分を切り替える(=「現実逃避モード」とも言う)方法も効果的です。

また、日々の作業が終わったら、美味しい食事を食べるとか、ビールを飲んだりして、「その日のストレスはその日のうちに解消する」のがいいでしょう。

人によっては、バッティングセンターに行ってスカッとしてくるというのもアリかもしれません。

一方で、何か作業をしたり、目や手を使っていると、その間「脳」は働き続けています。脳を休めるためには、そのような外から情報が入ってくる状態を完全に止める必要があります。

脳を休めるには、目を閉じて(出来れば耳栓をして)20分ほど仮眠を取るのが最も効果的です。

そうすることで、休憩後の作業効率を上げることが出来ます。

人によっては、ヨガや瞑想、簡単なウォーキングや軽い運動でも、リフレッシュ効果や筋肉をほぐす効果が期待できるので、それも良いかもしれません。

新居への引っ越しが完了したら、ご褒美として、近場の旅行や温泉旅行、お寿司や焼き肉など豪華な食事に行くのもいいでしょうし、ホテルでスパメニューを受けたりするのも良いでしょう。

引っ越し疲れから、体調を崩したらどうする?

sweetlouise / Pixabay

風邪をひいてしまったら

ここまで述べてきたように、引っ越しの様々な作業に伴いあなたや家族に掛かるストレスは相当のものになります。

人はストレスが掛かると、免疫力が低下し、風邪をひいたり病気に掛かりやすい状態になってしまいます。

特に、朝晩の気温の変化が大きい春や秋、また、汗をかいてその後冷えやすい夏や冬は、風邪をひきやすいので注意して下さい。

風邪をこじらせる前に、無理をせず休息を取り早く体力を回復するように努めましょう。

腰を痛めてしまったら

ぎっくり腰などで腰を痛めてしまったら、無理は禁物です。無理をすると症状がさらに悪化する恐れがあります。

可能なら直るまで安静にしているのがベストですが、そうも言ってられず荷造りなどの作業が残っている場合は、家族や友人知人に協力を求めるか、引越業者や民間の荷造りサービス業者に、作業を依頼することも必要です。

「引っ越しうつ」になってしまったら

引っ越しの不安や新しい環境に慣れないなど様々な理由により、「引っ越しうつ」になってしまうことはあります。

「引っ越しうつ」については、別記事『引っ越しが不安や憂鬱だと思う方へ。メンタル面のアドバイス』の方で原因や対策を詳細に解説しています。

また、人間だけでなく、小さなペットの猫や熱帯魚などは、ストレスに弱く、引っ越し=環境が変わるだけで引っ越しうつと同じような症状が出てしまう場合があります。

ペットとの引っ越しについては、別記事

猫と引っ越しする時の注意点 猫のストレス症状と軽減対策

水槽と熱帯魚の引っ越し。物件選びの注意点と引っ越し手順や専門業者の紹介

をご覧の上、慎重に気を付けて引っ越しするように心がけて下さい。

最後に。引っ越し疲れを防ぐ究極の方法

rottonara / Pixabay

今回は、引っ越しの「どの部分」で疲れるのか、疲れる理由とそれを回避する方法、ストレスの解消法や、自分へのご褒美で乗り切る方法などを紹介しました。

私は、今まで10年間で7回も引っ越しを経験してきました。

それでも、ハッキリ言って、『引っ越しは、やっぱり疲れます。』

引っ越しの大変さは、引っ越し荷物の量、変更手続きなどの作業量に完全に比例します。

これが、私が何度も引っ越しを繰り返してきて、たどり着いた結論です。

よって、日頃から出来るだけ物を持たない「ミニマリスト」になるのが、引っ越し疲れを防ぐ一番の方法です。

「ミニマリスト」や「シンプルライフ」については、

ミニマリストになるには、まずテレビを捨てることから始めよう!

ミニマリストはベッドが嫌い?あなたはベッド派それとも布団派

ミニマリストにソファは必要か?ソファーの運搬や引っ越しは大変

などをそれぞれご覧ください。

私は、引っ越しを繰り返す中で、断捨離を続け、今ではかなり物が少なくなりました。

持っている物が少ないと、引っ越しする時の作業も、また気持ちも『身軽』です。

登山する場合に例えてみて下さい。

登山初心者にありがちなのが、このような場合はあれもこれも必要だと、無意味に荷物を増やし、挙句持って行ったのに全くその装備を使わないケースがあります。

一方で、必要な最小限の装備だけザックに入れて担げば、荷物が軽いから体力的にも楽だし、重い荷物を持っている人よりスイスイ登れてしまいます。

引っ越しで荷物が捨てられない人は、是非この記事『引っ越し準備作業で最も大事な不用品の処分について』を読んでみて下さい。

いかに普段要らない物を溜め込んでいるかが良く分かると思います。

引っ越しする時の荷物の減らし方(断捨離の方法)や、見積もり時のコツなどについては、『映画「引っ越し大名!」と原作「引っ越し大名三千里」に学ぶ引っ越しのコツ』で分かりやすく、面白く、お伝えしています。是非読んでみて下さい。

また、荷物の梱包開梱作業まで全てを引越業者に任せてしまう「お任せサービス」や掃除のプロ「ハウスクリーニング」を利用すると、あなたの疲れは最小限に出来ます。

専門のプロに作業を任せると、素人のあなたがやるより何倍も速くそしてキレイに片付きます。それがプラス数万円~10万円ほどで買えるのならば、あなたが精神的肉体的に疲労するのと比較したら、むしろ安いぐらいではないでしょうか?

更には、究極奥義『引っ越しをしない』をあなたが選択してしまえば、引っ越し疲れとも当然無縁です。

引っ越しをするべきか否かは『そもそも、その引っ越し必要ですか?引っ越し貧乏にならないために。』を読んでじっくり考えてみて下さい。

もしあなたが、ミニマリストになるとどれだけ引っ越しがラクになるのかは、

をご覧下さい。

中には、引っ越し荷造りの「タイムトライアル(時間計測)」が出来てしまうぐらい、引っ越し準備が激速の人もいます。

それでは、また次回。

一人暮らしでの楽しみ方、楽しむためのコツ、そして実際一人暮らしをしている方の生の声までお伝えします。

error:Content is protected !!