引っ越しとテレビ配線の接続方法。テレビが映らない原因とエラーコードE202とは?

各作業のコツ・注意点
この記事は約15分で読めます。

さて、引越しするとなると、テレビや周辺機器の配線接続を一旦は取り外しをして、新居へ運ばなくてはなりませんよね。

そんな場合に発生するのが、配線を元に戻せないとか、キチンと配線したはずなのに、なぜかテレビが映らないといったトラブルです。

今回は、「引っ越しとテレビ配線の接続方法。テレビが映らない原因とエラーコードE202とは?」と題して、引っ越し前のトラブル防止策から、引越し後の新居に着いてからのテレビの接続及び設定方法、そしてトラブル解決法まで紹介します。

  1. 引っ越しとテレビやDVDプレーヤーなどの配線
  2. テレビの配線を引っ越し業者にお願いできますか?
  3. 引っ越し前の準備
    1. 準備手順1
    2. 準備手順2
    3. 準備手順3
    4. 引っ越し準備のコツ(おまけ)
  4. 引越し後のテレビ配線の基本的な接続方法(手順)
    1. 手順1.テレビの電源をコンセントに繋ぐ。
    2. 手順2.アンテナケーブルをテレビに接続する。
      1. 現在主流のテレビ接続端子の場所と形状を確認する
      2. その他のテレビ接続端子の種類
    3. 手順3.B-CASカードを挿入する(エラーコード「E101」又は「E102」)
    4. 手順4.まずはテレビだけで接続確認。「オートチューニング」実施は必須
    5. 手順5.テレビが見れない場合のチェックポイント
    6. 手順6.DVDプレーヤーなどの周辺機器を1つづつ、順番に接続する。
  5. 引っ越し先でテレビが映らない原因と解決法。エラーコード「E202」とは?
    1. 解決法1:受信チャンネルの再設定「オートチューニング」
    2. 解決法2:ケーブルの接続ミスをチェック
    3. テレビが映らない場合、その他の原因と対処法
      1. エラーコード「E400」「E402」:放送局側(通信側)の問題
      2. エラーコード「E201」:豪雨や台風、雷が原因かも
      3. エラーコード「E203」:電波や受信設備に問題あり
  6. ケーブルテレビの場合は?
  7. 地デジ設備以外でテレビを観る方法
  8. どうやってもテレビが映らない場合は?
  9. 最後に

引っ越しとテレビやDVDプレーヤーなどの配線

テレビやオーディオ機器(エンターテイメント装置)にはそれぞれ、接続配線が施され、それぞれの機器同士で各種信号をやり取りすることで、

テレビの映像をブルーレイレコーダーに録画出来たり、見ている映像の音をホームシアターシステムのスピーカーから迫力ある音を出したりすることが出来ています。

これらテレビやオーディオ機器を引っ越しする時には、一度各機器の接続を切り離し、それぞれの機器同士を個別に分けなければいけません。

テレビの配線を引っ越し業者にお願いできますか?

はい、お願いできます。但しオプション作業となります。

引越業者の提供する「通常の引っ越し」プランでは、テレビ台へのテレビの設置(置くこと)はしてくれますが、その先のテレビのアンテナへの接続や各機器との接続や設定までは行ってくれません。

引越業者のオプションサービスには、テレビの接続サービスなどを提供している場合も多いので、配線や接続・設定に自信のない方は、オプションサービスを利用するといいでしょう。

但し、値段は結構高く、1つの家電当たり5000円前後が料金相場です。

テレビとブルーレイレコーダー、さらにはスピーカーなどと接続する機器が多い場合には、1~2万円がすぐ出費として出てしまいます。

このようなことから、出来ればあなた自身で機器の接続や配線をやってしまった方が、その分コストカット出来、その浮いたお金で、美味しいものを食べに行ったり、

引っ越し後の打ち上げ費用に使うことが出来ます。

コツさえ覚えれば、メカに苦手な女性やお年寄りでも配線の接続を行うことは十分できます。

なお、テレビなどのオーディオ機器以外でも、インターネットの接続設定サービスや洗濯機の設置・接続サービスなども用意(引越業者提携の専門業者の場合も有)されているので、必要に応じて利用したらいいでしょう。

引っ越し前の準備

さて、引っ越し前にテレビや周辺機器を取り外して、引越し出来るように準備するわけですが、そのときにコツがあります。

それは、今現在(取り外す前)の状態では、キチンと映像も音も出ていて、各機器が問題無く使えているはずです。

それならば、

元通りに戻せるように、分解(取り外し)作業を行う。

手順を守って、分解(取り外し)作業を行えば、元に戻すのも難しくは有りません。今では携帯電話やスマホにカメラが付いているので、

手順通りに写真を取って残しておけば、再接続する時も写真を見ながら作業をすることで、確実に戻せるはずです。

準備手順1

ケーブルなどを外す前に、ケーブルとそのケーブルが繋がっていた接続端子それぞれに、A,B,Cや1,2,3、赤,青,黄色など記号や番号、色を振り分け、

Aのケーブルが、Aの端子に繋がるようになっているなど、関係性を明確にしておく。

これをしておくと、たとえケーブルが何十本あろうとも、再接続の作業は簡単です。一つ一つ順番に繋いでいくだけです。

一時的に、マスキングテープ(ビニールテープは時間が経つと糊残りやベトベトが残ってしまう)などを貼って識別しておくでもいいですが、

kerata マスキングテープ 30個 セット 15mm幅 5m巻 オリジナルレシピ集 巻き巻きプレート3枚付 デコレーション DIYに! (30個セット)

価格:1,480円
(2019/12/25 21:23時点)
感想(1件)

基本的には機器同士の接続自体が変わることは無いので、次回の引っ越しの時も作業がし易いように、

私がおすすめするのは、

ケーブルを束ねる際に使う「結束バンド」にタグ欄が付いているタイプのものを使用し、そこの記入欄に「何用」と記入してしまうことです。

表示タグ付き 結束バンド 250本入り W3.6×L150mm 乳白色[ykd63289]

価格:1,480円
(2019/12/25 21:04時点)
感想(0件)

 

識別用マジックタグ アソート 6本入_DZ-MTA129AS 09-1941 オーム電機

価格:217円
(2019/12/25 21:05時点)
感想(0件)

例えば「テレビ出力映像⇔ビデオ入力映像」

「HDMIケーブルPC⇔テレビ」などと記入してしまうことです。

また、簡単な方法では、赤・黄・緑・青など各種の色が有る文房具「タックラベル(丸シール)」も手軽で良いかもしれません。

全商品ポイント2~15倍 26日1時59分まで/代引不可 ニトムズ STALOGY(スタロジー) マスキング丸シールφ5mm_S2205 シャッフルアース

価格:220円
(2019/12/25 21:12時点)
感想(0件)

準備手順2

手順1で、接続されている全てのケーブルと端子に識別の記号を振り終わったら、すべての機器の電源を落としたのち、コンセントから電源コードを抜きます。

準備手順3

機器本体や付属機器、周辺装置などを梱包し、接続のために必要なケーブルも忘れずに持っていくようにしましょう。

各種ケーブルは、8の字を書くようにもしくは束ねるようにしてまとめ、輪ゴムや引っ越し用の荷造りロープ(結束ロープ)で軽く固定しておくといいでしょう。

PP玉巻きひも 赤 300m PPロープ 荷造りロープ 結束ロープ

価格:275円
(2019/12/25 21:18時点)
感想(0件)

たまに、テレビのアンテナ線(アンテナケーブル)を、物件のケーブルソケットに取り付けたまま忘れてきてしまって、新居で接続できないということも起こるので注意して下さい。

引っ越し準備のコツ(おまけ)

テレビ台やDVDの収納ラックなど、扉や収納ケースが付属している物は、そのまま引っ越しをしてしまうと、移動中に扉が開いたりケースが動いてしまいます。

それを防止するには、粘着力が弱く、糊残りの無い「養生テープ」などで「仮止め」しておくといいでしょう。

カウネット 養生テープ クリア 1巻【1twe】関連ワード【ガムテープ 梱包テープ】

価格:248円
(2019/12/25 21:15時点)
感想(47件)

また、レンタルビデオ店などで借りたDVDやブルーレイディスクが機器のトレイの中に残っていないかも、よく確認して下さい。

新居に着いてから、返却忘れに気付くと大変ですよ。

引越し後のテレビ配線の基本的な接続方法(手順)

1.テレビの電源をコンセントに繋ぐ。

2.アンテナケーブルをテレビに接続する。

3.B-CASカードを挿入する。(既に挿入済みの場合は差し込みチェックなど)

4.まずはテレビだけで接続確認。「オートチューニング」実施は必須

5.テレビが見られない場合のチェックポイントを確認

6.DVDプレーヤーなどの周辺機器を1つづつ、順番に接続する。

手順1.テレビの電源をコンセントに繋ぐ。

何はともあれ、まずはテレビの電源ケーブルをテーブルタップでも壁のコンセントでも良いので繋ぎましょう。

電気が来ない事には、家電や機器は動作しません。

手順2.アンテナケーブルをテレビに接続する。

現在主流のテレビ接続端子の場所と形状を確認する

壁に有るテレビアンテナ(信号)の取り込み口(以下写真、コンセントの右側の丸い部分)を探し、

そこにテレビのアンテナケーブル(同軸ケーブル)を差し込みましょう。

トラブル事例としては、この同軸ケーブルの中心の細い線が折れていたり曲がっているとテレビの電波が受信できません。この辺もよく確認して下さい。

また、部屋の壁には、何か所からもテレビアンテナ(信号)を取れる場合は稀で、ほとんどの場合は一室に1か所ずつしか付いていない、またワンルームなどでは1か所のみしか付いていないことも多いので、

あなたがテレビを設置したい場所との兼ね合いをよく考えましょう。

同軸ケーブルのもう一方の端をテレビ側の接続端子に繋げます。

写真:テレビ側のアンテナ接続端子

信号取り込み口の位置とあなたがテレビを設置したい場合との部屋の位置関係で、今まで使っていたテレビ接続ケーブルでは長さが足りない場合は、5mや10mなど長いケーブルを買い直すなどしなければなりません。

アンテナケーブル 同軸ケーブル (ff 0.5m, fl 1.5m 3m) 4K8K対応 S-4C-FB 地デジ 地上デジタル BS CS TV テレビ (メール便送料無料) ycm3

価格:500円
(2019/12/25 23:13時点)
感想(899件)

その他のテレビ接続端子の種類

その他のアンテナケーブル方式やテレビの接続端子の種類では、以下のイラストを参考にするといいでしょう。

手順3.B-CASカードを挿入する(エラーコード「E101」又は「E102」)

テレビの側面や背面を見ると、「B-CASカード」を差し込むスロットが有るはずです。

「B-CASカード」スロットの位置が分からない場合は、各テレビの取説などで確認して下さい。

写真のような、「B-CASカード」と呼ばれるカードをテレビに差し込まないと、テレビを観ることはできません。

「B-CASカード」とは、簡単に言うと「ICカード」で個別の識別番号を持っていて、契約者(テレビの個体番号)を特定しデジタル放送を受信できるよう(コピー制御やスクランブル解除が主な目的)にしている物です。

裏面を見るとICタグが付いています。

引っ越しや移動の際に差し込みが緩くなってしまうことも「たまにはある」ので、キチンと差し込まれているか確認して下さい。

また、差し込み方向が決まっているので、向きが間違っていないかも確認して下さい。向きが間違っているとICチップを読み取れないので、エラーが出ます。エラーコード「E101」又は「E102」。

認識しない場合は、何度か抜き差しを繰り返してみて下さい。(カードを抜き差しする場合は、都度テレビの電源は切ってください。)

きちんと差し込まれていることが確認出来れば、それ以上することはありません。

また、ICチップ部分に汚れが付着しているなどが原因でキチンと読み取れない場合もあります。そのような場合は、きれいな布(メガネ拭き)などで拭いてあげるか、もしくは消毒用アルコールを少し浸み込ませた布で拭くと汚れが落ちて、改善する場合もあります。

余談ですが、B-CASカードは、「BS Conditional Access System Co.,Ltd(株式会社 ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ」という一企業が提供している

あくまでもあなたに「貸し出されている物」なので、テレビの譲渡や廃棄をする場合は返却が必要な物なのだそうです。頭の片隅にでも覚えておくといいでしょう。

手順4.まずはテレビだけで接続確認。「オートチューニング」実施は必須

テレビの接続が完了したら、テレビのセットアップメニューに従い進めていけば、テレビが見られるようになるはずです。

初期のセットアップは既に済んでいる状態で、引っ越しただけの場合は、

大抵、受信チャンネルの設定をし直す「かんたん初期設定」や「オートチューニング」や「チャンネル再スキャン」など(各社で呼び名は多少異なる)をするだけで、その地域でのテレビが見れるようになるはずです。

これをしないと、地域毎に受信電波の周波数が異なる為、今までと同じ周波数に設定されたままでは、当然受信することはできないもしくは、周波数が若干ずれるので映像が乱れたり、ぼんやりとしか見えなかったりします。

特に県が変わる以上の経済圏が変わる場合、例えば「関東圏→東海圏」などに引っ越しした場合は、必ず行って下さい。

これは例えば同じ「NHK-FM」のラジオ放送の周波数でも、東京では82.5MHzなのに、神奈川横浜では81.9MHz、千葉県千葉市では80.7MHz、大阪では88.1MHzなどのように全国各地で異なっていることと似ています。

手順5.テレビが見れない場合のチェックポイント

1.電源コード(コンセント)に接続されているか?

2.テレビの主電源は入っているか?

3.入力切替(地デジ、ビデオ、HDMI、PCなどの選択)は有っているか?

意外と基本的なこれらを忘れていて、思った映像が見られないという場合もあります。焦らず一つ一つチェックして下さい。

手順6.DVDプレーヤーなどの周辺機器を1つづつ、順番に接続する。

テレビさえ映像が受信でき見られるようになったなら、ここから先は接続機器1つ1つづつ作業をして、都度確認をしていけば問題なく使えるように出来るはずです。

この時に、引っ越し前(ケーブルの接続を外す前)に撮影しておいた接続完成図の写真が役に立ちます。

引っ越し先でテレビが映らない原因と解決法。エラーコード「E202」とは?

手順に沿ってテレビの接続作業を行ったにも関わらず、「E202」のエラーコードがテレビに表示される場合は、

何らかの原因により、テレビの信号や電波がキチンと受信出来ていない為に、表示されてしまいます。

解決法1:受信チャンネルの再設定「オートチューニング」

解決法として真っ先におこなって欲しいのが、先にも紹介した受信チャンネルの再設定「オートチューニング」です。

これによりその地域にあった電波を受信し直せば、エラーは解消できるはずです。

解決法2:ケーブルの接続ミスをチェック

そのまま引っ越しした場合(以前と全く同じ接続の場合)は問題となる事は少ないでしょうが、引っ越しに伴って、新たにCS放送も契約したとかいうケースでは注意が必要です。

このような場合に、『UHF/BS・CSセパレーター(分波器)』が取り付けられていないがために、どちらか一方の放送が映らないというケースが多く発生しています。

『UHF/BS・CSセパレーター(分波器)』にそれぞれのケーブルを繋ぎ、そこから分かれた電波をそれぞれ単独でテレビに繋ぐ必要があるのです。

ケーブル付分波器 4C 分波器【4K 8K対応】3.2GHz対応型 F型プラグ接続 地デジ BS CS (e4222) (メール便送料無料) ycm3

価格:693円
(2019/12/25 22:48時点)
感想(1407件)

写真:UHF/BS・CSセパレーター(分波器)

このことを知らない方も結構多いので、確認してみて下さい。

テレビが映らない場合、その他の原因と対処法

その他のエラーコードには、

エラーコード「E400」「E402」:放送局側(通信側)の問題

エラーコード「E400」「E402」は、放送局や中継局など通信側のエラーが原因のため

⇒再起動してみる(電源プラグをコンセントから抜き、10秒ほど経過した後に再度電源を入れてみる)ぐらいしか、あなたに出来ることは有りません。

エラーコード「E201」:豪雨や台風、雷が原因かも

エラーコード「E201」は、

アンテナの電波レベルが低下している。⇒天候の回復によって改善する場合が多い。台風や雷によりアンテナが破損している場合にも表示される。

エラーコード「E203」:電波や受信設備に問題あり

エラーコード「E203」は、

該当チャンネルが放送を休止していることを示す。電波及び受信設備やシステムに問題があるときに表示される場合もある。⇒テレビの再起動をすることで解消する場合もあります。

また、該当サービスを利用していない(出来ない)場合にも表示されます。ケーブルテレビや光回線のシステムエラー(障害発生)などが原因の場合もあります。

各サービス会社のホームページなどで、障害発生状況も確認してみるといいでしょう。

この他にもエラーコードは様々ありますが、このエラーコードはテレビ製造メーカー全社で共通のものなので、ネット上からでもいくらでも情報を探すことが出来ます。

再度、接続手順をやり直したりして、原因を絞り込んでみて下さい。

また、テレビの取扱い説明書などに、エラーが出た時の対処法が記載されているので、そちらも併せて見ながら、対処してみて下さい。

ケーブルテレビの場合は?

テーブルテレビを利用する場合は、機器を取り外して引っ越して、自分で配線を接続しただけでは、使うことはできません。

通常、機器の引っ越し時(退去時及び入居時)にはケーブルテレビ会社の人に接続工事(設置・撤去作業)をしてもらう必要があります。

引越しが決まったら、あなたの契約している(する予定の)ケーブルテレビ会社に連絡し、作業の依頼をして下さい。

地デジ設備以外でテレビを観る方法

通常、集合住宅であるマンションやアパートには、建物自体にテレビの電波を受信するための設備(アンテナなど)があります。

その為、台風被害などでアンテナ故障したような特殊な場合を除き、部屋のテレビアンテナ取り込み口にケーブルを接続し、テレビと繋ぐだけで、テレビを観ることは出来るはずです。

今回のテレビ接続方法を実施しても、テレビが映らない場合、大家さんや不動産業者に確認してみるのも一つの手段です。

台風通過後などは、アンテナ故障の可能性も無い訳ではありません。

さて、このようなイレギュラーの状況を除いて、テレビが見られない場合は、最初から地デジ未対応の場合が多く、ケーブルテレビなどで代替えしている場合もあります。入居契約をする前に、大家さんや不動産業者に確認しておいたほうが良いでしょう。

ケーブルテレビは元々、電波受信環境の良くない地域で「安定してテレビなどを見るため」に発達した地元密着型のサービスです。

なお、一戸建てを建てたのにテレビのアンテナを「設置していなかった」などというオチがあると当然テレビは見ることが出来ません。一戸建ての場合はアンテナ設置工事を忘れていないか注意して下さい。

その他の方法としては、光回線(インターネット回線)を利用して、「フレッツテレビ」や「ひかりTV」などで地デジ放送を見る方法もあります。

どうやってもテレビが映らない場合は?

色々とやってみたけど、あなた自身ではどうにもできなくなってしまった場合には、アンテナの故障や、引っ越し運搬中の「機器の故障」の可能性もあるので、早目に近くの電器店や家電量販店などに相談し、点検もしくは設定の依頼をして下さい。

最後に

今回紹介した、引越しした際にテレビが映らない原因とその対処法。

あなたのテレビが映らない原因は解決できたでしょうか?

引っ越しの際には、何かと変わることも多いので、変化点に注目して原因を追究してみて下さい。

では、また次回。

と題してお送りします。
error:Content is protected !!