引越し一括見積もりサービス「価格コム引越し」を私がおすすめしない理由。厳しいネガティブな意見も有り

費用と見積り
この記事は約20分で読めます。

今回は、『引越し一括見積もりサービス「価格コム引越し」を私がおすすめしない理由。厳しいネガティブな意見も有り』と題して、

「価格コム引越し」の特徴や使い方を紹介し、そして、なぜ私が「価格.com」の引越し一括見積もりサービスをおすすめしないのか、その理由を説明します。

引越し一括見積もりサービスを選ぶ際の参考にして下さい。

引越し一括見積もりサービス「価格.com引越し」とは?

「価格.com」は、皆さんご存知の方も多い、パソコンやカメラ、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど、様々な家電の価格を比較できるサイトです。

創業は1997年なので、すでに20年以上も続いている家電の価格比較サイトの草分けともいえます。

現在では、自動車保険料や一括見積もり比較、求人情報の一括検索サイトなど、その比較分野は家電だけにとどまりません。

誰もが飲食店を探す時に一度は使ったことがあるはずの「食べログ」。この「食べログ」を運営しているのも実は株式会社「カカクコム」です。

提携引越業者数は、公式には発表されていないので、公式サイト右側(サイドバー)にある「引越し業者別の相場・評価・レポートを見る」から、掲載されている引越業者をひとつひとつ数えたところ、提携引越業者数は110社(2020年7月末現在)ありました。

まさか、自分の会社が提携していない引越業者(=顧客が利用出来ない引越業者)の口コミを乗せたりはしないでしょう。

「価格.com引越し」の見積もり手順を解説

価格.comは利用規約が厳しいので、ここで手順の画面を掲載出来ないのが残念ですが、

手順を順に追って文章で解説していきたいと思います。

皆さんも文章を読みながら、サイトの画面と流れをイメージしてみて下さい。

STEP1:現住所の郵便番号、引越し先住所の都道府県、引越し人数を選択

トップ画面に入ると、真ん中に大きく「一番安い引越し業者が見つかる!」と書いてあり、入力する場所を探して迷うというようなことはありません。

ここで入力する必要があるのは、

①現在の郵便番号を入力

②引越し先の住所「東京都」など、都道府県をプルダウンメニューから選ぶ

③引越し人数を「単身」「2人」「3人以上」から選ぶ

これを済ませ、【一括見積もりスタート】というボタンをクリックすると、以降で本格的な入力が開始します。

全部の入力完了(見積もり依頼提出)までにかかる時間はたった3分だそうです。

STEP2:引越し情報、荷物量を入力

STEP1で郵便番号を入力しているので、現住所の町名までは自動で入力されています。必須項目の番地を入力すると、新たな必須項目「建物タイプ」とお引越し先の「市区郡を選択」が現れます。

さらに、任意でマンション名-部屋番号、間取り、住まいの階数、エレベーターの有無などを記入します。

これで終わったかと思いきや、まだ終わりません。

今度は、お引越し先の「市区郡を選択」すると、再び新たな項目が出現します。

「引越し人数」と、「引越し日」を選択します。

「引越し日」は、具体的な日にちが決まってなくても、何月の上旬、中旬、下旬での入力も可能です。

なお、引越し日は3か月先まで選択できます。⇒つまり3か月前から見積もり依頼をすることが可能。

この辺はどの見積もりサービスでも90日前から予約できるというのが定番です。

「作業開始時間」については「いつでも」いいのか、「午前中」「12~15時」「15時以降」の3つから指定します。

そして、荷物の数量を聞かれますが、「入力しない」を選択しても問題ありません。

荷物の量が決まっている人は、「入力する」を選択し、詳細の荷物量を入力しておきましょう。

荷物量の入力に関しては、一番最初に引越し人数を選択した時点で、標準荷物量が既に選択済みとなっているので、細かい選択の手間を省くことも可能です。

但し、よく見ると、

・単身者の場合で大物家電の『冷蔵庫』及び『エアコン』が選択されてない。
・3人以上の場合で、3人掛けソファー、ダブルベッド1+シングルベッド1、自転車3台がデフォルト入力されている。
など個人個人の荷物事情と違う場合があると思うので、注意が必要です。

現代の一人暮らしで冷蔵庫持っていない人っているのか?ミニマリストじゃあるまいし...

ミニマリストの冷蔵庫事情を知りたい方は、こちらをご覧下さい。

STEP3:氏名を入力

最後に、ご依頼者の氏名ということで、姓名(ふりがな含む)の入力が必須となっています。ところがこれも入力完了すると、また新たな項目登場です。

STEP4:電話番号、メルアドなど連絡先を入力

次に、メールアドレスと電話番号を入力します。

「価格.com引越し」では、電話番号とメルアドの入力は必須です。

STEP5:キャンペーンの要不要などオプションを選択

引越しについてその他の要望がある人は「ご要望」欄に記入をし、キャンペーンのご案内があるので、それが必要な方はチェックを入れます。

2020年8月現在では、インターネット回線のキャンペーン1つのみでした。

入力手順まとめ

入力するのは、以上の”はず”です。

ここまでの手順説明時は便宜上STEPで分けていますが、

しかし、実際の入力画面では、STEPに分かれておらず、ワンページで延々入力していく形式で『入力のSTEP手順が明確でない』事と、どうも次から次へと現れる「後出しじゃんけん」的なやり方に不安を感じ、

今まで利用してきた他の一括見積もりサービスでもこのような手法の場合、ほぼ99%概算見積もり価格が出ることは無かったので、

私はその勘を信じ、今回はここまでで「価格.com引越し」の利用を中止しました。

私は概算見積もり額を見て、引越し業者を厳選したいタイプなので...

このように「価格.com引越し」の利用に関しては、本当に見積もり金額出るのかなぁと正直不安に感じます。

私個人が一括見積もりサービスに求めるものと、「価格.com引越し」の間にズレがあるだけかもしれませんが。

別に概算見積もりなんて当てにならんし、どうせ引越し業者に来てもらって訪問見積もりしてもらった方が正確な金額出るでしょ。という考えの方は、「価格.com引越し」を利用しても良いでしょう。

「価格.com引越し」の特徴(メリット)

インターネット回線やウォーターサーバーなどの営業電話が掛かってこない

他社の一括見積もりサービスでは、インターネット回線やウォーターサーバーの会社から、営業の電話が掛かって来るという話はよくあります。

例えば、「引越し侍」を利用すると、お願いしていないのにウォーターサーバー会社から営業電話が掛かって来るという事は、よく知られた事実です。

「価格.com引越し」では、あなたが自ら「キャンペーンのご案内」という項目にチェックをしなければ、

これらインターネット回線やウォーターサーバーの会社から、電話やメールが来ることはありません。

引越し以外のことには時間を取られたくないという人には、「価格.com引越し」は適しています。

引越しレポートを投稿すると、現金が当たるキャンペーンを実施

「価格.com引越し」では、『引越しレポート投稿募集キャンペーン』と題して、「価格.com引越し」で引越しをした方を対象に、毎月3名様に現金5000円が当たるチャンスがあります。

引越し応援キャンペーンを実施中。総額50万円当選のチャンスが有る

10万円が1名様に、1万円が40名様に、総額50万円が毎月当たる『価格.com引越し応援キャンペーン』が実施されています。

応募条件は、「価格.com引越し」から引越しの見積もりをすること。

そして、利用した業者のレポートを投稿することです。

特に期間が区切られているわけではなく、今のところ通年実施されています。但し、「キャンペーンは予告無く早期終了させていただく場合がある」とは書かれています。

1万円でも、もし当たったらうれしいですよね。

「価格.com引越し」を利用するデメリット

引越業者から嵐のような電話が殺到する

ほとんど、どこの一括見積もりサービスを使っても起こることですが、ネット上から見積もり依頼を出した途端に、引越業者から次々と電話が掛かって来ることは、「価格.com引越し」だけではなく、至って当たり前のことです。

このような、見積もりサービスや引越業者側の事情については、以下の記事で詳しく解説しています。

殺到する電話が嫌な方は、引越しラクっとNAVIを利用した方が良いです。

引越しラクっとNAVIについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

見積もり依頼画面では、引越業者を選ぶ際の口コミや評判が確認できない

「価格.com引越し」の見積もり依頼入力画面では、引越業者を選ぶ際の口コミや評判など結構大事な情報が確認できません。

皆さん、見積もり依頼を進めて候補として上がってきた引越業者が、口コミ良いのか気になりませんか?最後に安心材料(決定打)を持っておきたいというか。

例えば、引越し侍の場合は、引越業者の候補が何社かピックアップされたときに、以下画面のように表示され、

見積もり価格とその業者の口コミなどが、見積もり依頼入力中の画面からでも確認できるようになっています。

しかし、「価格.com引越し」では、そのような仕組みにはなっていません。

つまり、「価格.com引越し」を利用するには、見積もり依頼の入力を始める前に、事前に引越し業者の口コミ情報を確認しておく必要があるのです。

口コミ情報が当てにならない

これを言ってしまうのは正直どうかと思いましたが、皆さんの為にお伝えしておきます。

口コミ情報に関しても、単身引越し(すべての業者)のランキングで1位になっているケ○○○引越センターについて例を出すと、

よく見ると、右横に小さい字で「PR」と書いてあります。このことが何を意味するか分かりますか?

つまり、『PR=広告』なので、引越し業者がお金を払って、「価格.com引越し」にランキング上位に表示させてもらっているという事になるんです。

だって1位を取っているはずなのに、口コミレポートが「たった7件」ですよ。

本当に評判良かったら、こんな少ない口コミ件数のはずが有りませんよね。

さらには大手のサカイやアートだって、「PR」と書かれています。

「価格.com引越し」の収益モデルは、たぶん各引越業者からの『広告掲載料』で成り立っているということなんでしょう。

口コミ情報のランキングが操作されている感を私は払拭出来ません。

多分、概算見積もり額は確認できない

以上のような理由から、私は最後まで入力を完了させなかったので、断言はできませんが、多分見積もり額が表示されることはないでしょう。

そして、個人情報だけが引越し業者にばらまかれ、利用者であるあなたは嵐のような電話に悩まされるはずです。

あなたも、実際に「価格.com引越し」を使ってみれば、嘘か本当か分かるはずです。

注記:私は別に「価格.com引越し」をディスりたいわけではありません。また「価格.com引越し」の運営者には、『利用者目線で』サイトをより良く改善してもらいたいので、敢えて厳しい意見をさせて頂きました。

結論。「価格.com引越し」を利用するのを私はおすすめしない!

ここまで細かく見てきたように、”私”は「価格.com引越し」をおすすめしません。

他社の見積もりサービスの利用をおすすめします。

あなたがもし、今回紹介した内容で、あなたにとってのメリットが感じられるなら、「価格.com引越し」を使って下さい。

毎月抽選で現金が当たるとか、レポート投稿で現金が当たるというシステムを取っている一括見積もりサービスはほとんどありませんから。

以下に「価格.com引越し」を利用した方が良い(向いている)人をまとめます。

  1. ウォーターサーバー会社等からの営業電話は掛かってこないで欲しい人
  2. 引越しレポートを投稿して現金が当たるチャンスが欲しい人
  3. 引越業者から嵐のような電話が殺到しても嫌がらない人
  4. 口コミ情報はあまり当てにしない人

上記に該当しない人は、別の一括見積もりサービスを利用した方が良いでしょう。

各社の一括見積もりサービスについては、次の項目で概略を紹介します。気になる見積もりサービスがあるか、チェックしてみて下さい。

他の一括見積もりサービスの特徴を簡単に説明

引越し侍

引越し侍は、提携業者数300社以上で、一括見積もりサービスではダントツNo.1です。2位のズバット引越し比較(220社以上)、3位の引越し達人セレクト(210社以上)を大きく引き離しています。

一括見積もりサービスの利用者数についても、累計でなんと4089万件。単純計算で日本人の「3人に1人」が利用しているほど、引越し侍は利用者が多いサービスです。

引越し業者の多さがなぜ大事かと言うと、多ければ多いほど、あなたの選択肢は増え、かつ引越業者同士での顧客の奪い合い(値下げ競争)が激しくなるので、最終的にあなたがかなり安く引越し出来るというメリットになって返ってくるからです。

また、他社の一括見積もりサービスの中には、必要事項を入力完了しても、一切見積もり金額(概算見積もり)が知らされず、【見積もり金額は各引越業者の方から『電話で』】というところも少なくありません。

ところが、「引越し侍」では、複数業者からの『概算』見積額をネット上で確認することが出来ます。しかも、電話番号、メールアドレスは入力不要です。

「引越し侍」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

ズバット引越し比較

「ズバット引越し比較」は、引越し侍に次いで提携引越業者が多くその数は220社で、評判も良く累計利用者は640万人を突破しています。

見積もりサービスとしての「ズバット引越し比較」の特徴は、細かい所まで気遣いがされているという点です。利用者のかゆい所に手が届くサービスと言うのでしょうか?

例えば、電話番号の入力は必須ですが、引越し業者から電話連絡をもらう時間を、「翌日8:00~10:00」や「18:00~21:00」など、細かく指定できます。

大概の一括見積もりサービスでは、ネットからの必要情報入力完了後に、5~10分程度ですぐさま、仮に夜遅くでも電話が掛かって来ることが有ります。

でも、「ズバット引越し比較」を利用する限りそのような心配は要りません。

また、利用者目線で考えれば有って当たり前の機能ですが、あなた自身で見積り依頼する引越業者を選ぶことが出来ます。

この当たり前が出来ていない一括見積もりサービスも未だあるので、選ぶ際には注意して下さい。

「ズバット引越し比較」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

LIFULL引越し

 「LIFULL引越し」見積もりには、

電話番号を入力して引越業者からの見積もり回答をもらう「一括見積もりサービス」と、電話番号とメルアドが入力不要で、ネット上で概算の見積もり価格が分かる「引越しWEB予約サービス」という二つのサービス(見積もりツール)があります。

また、面倒な荷物入力を簡略化してくれる『お荷物簡単入力』という機能があり、「単身」「家族」などから選ぶだけで、それぞれに適した荷物量を自動で入力してくれるため便利です。

「LIFULL引越し」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

引越しラクっとNAVI

「引越しラクっとNAVI」は、他の一括見積もりサービスとは”決定的”に違います。

その違いとは、あなたと引越業者との間に『コンシェルジュ』と呼ばれる方が仲介に入って、引越業者との日程や価格交渉など色々な調整を行ってくれることです。

あなたが最初にしなければならないのは、「引越しラクっとNAVI」のサイトから、氏名、電話番号、メルアドを入力する、たったのこれだけです。

結果、1分も掛からずネット上からの手続きが完了します。ここまで入力が簡単な一括見積もりサービスは他に有りません。

引越しの細かい条件については、担当『コンシェルジュ』のヒアリングの時に伝えます。

また、電話番号やメルアドを入力しても、「引越しラクっとNAVI」の『コンシェルジュ』があなたと連絡を取る為だけに使用するので、見積もり依頼が完了しても引越業者から直接電話が掛かって来るようなことはありません。

一括見積もりサービスを利用して、引越業者からたくさんの電話が掛かってくるのはウンザリという人は、「引越しラクっとNAVI」を使うしか選択肢はありません。

「引越しラクっとNAVI」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

SUUMO引越し

「引越しラクっとNAVI」の他に、引越業者から電話連絡を掛かってこないようにする方法があります。それが「SUUMO引越し」見積もりを利用することです。

「SUUMO引越し」は、電話番号の入力が『任意』なので、メールだけのやり取りにすることが可能です。

「SUUMO引越し」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

引越し達人(セレクト)

「引越し達人(セレクト)」の一括見積もりサービスの使い勝手は、他の一括見積もりサービスとそんなに変わりません。

しかし、「引越し達人」では、見積もり依頼を掛けたい引越業者をあなたが選ぶことが出来ず、「引越し達人」にお任せとなってしまう点は注意が必要です。

「引越し達人」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

その他のサービス

ここで紹介していない他のサービス、「引越し完全ガイド」「引越しネット」については、それぞれ以下の記事で解説しているので、情報が必要な人は併せてご覧下さい。

最後に。おすすめの引越し一括見積もりサービスはどこ?

どの一括見積もりサービスにも一長一短(メリットとデメリット)が有ります。

一括見積もりサービスは、あなたの目的(最安値の金額、評判の良い業者を探したい、地元密着の業者を利用したい)や利用法(単身引越し、家族向け、オプションサービスの利用)に合った会社を選ぶことが大切です。

当サイトがおすすめする引越し一括見積もりサービス3選

あなたに合った見積もりサービスはどれですか?

では、また次回。

どこの引越し一括見積もりサービスを選んだら良いのか正直迷ってしまう。もっと詳しく教えて!という方は

もあわせてどうぞ。

次回は、

と題してお送りします。

error:Content is protected !!