引越し見積もり相場を知るのに「引越し価格ガイド」を使うのは正解?引越し侍との違いは何?

費用と見積り
この記事は約18分で読めます。

いきなり今回の記事の要点を話してしまいますが、引越し一括見積もりサービス「引越し価格ガイド」と「引越し侍」は実は同じ会社が運営しています。

同じ会社が運営する2つのサイト、「引越し侍」と「引越し価格ガイド」どちらを使ったら良いのか、違いは何なのか、そして引越し見積もり相場を知ることが出来るのかについて詳しく解説するのが今回です。

一括見積もりサービス「引越し侍」と「引越し価格ガイド」の違いを知り、あなたの引越し見積もりサービス選びに役立てて下さい。

  1. 引越し価格ガイドとは?
  2. 「引越し価格ガイド」と「引越し侍」の違いは?
  3. 引越し価格ガイドでは引越し見積もり相場を知ることが出来るのか?引越し価格ガイドの一括見積もりサービスの使い方を順番に解説。
    1. STEP0:引越し先と引越し人数(単身か家族)を選択する。
    2. STEP1:新旧住所など住まいに関する情報を入力する。
    3. STEP2:引越し希望日、氏名、メルアドなど個人情報を入力する。引越し価格ガイド比較では、電話番号の登録は必須
    4. STEP3:荷物情報入力をする。
    5. STEP4:見積もり料金相場をチェックする
  4. 使い方のまとめ。「引越し価格ガイド」では、オンラインで見積もり相場が確認できるわけではない
  5. 引越し価格ガイドを利用するデメリット
    1. ネット上から入力完了しても、その場で概算見積もり額は分からない
    2. 引越し口コミ情報が若干古いかも?
  6. 引越し価格ガイドの口コミや評判は?
    1. クチコミランキング
    2. みんなの評判ランキング(みん評)
  7. ツイッターでの引越し価格ガイドの評判は?
  8. 他の一括見積もりサービスの特徴を簡単に説明
    1. 引越し侍
    2. LIFULL引越し
    3. 引越しラクっとNAVI
    4. SUUMO引越し
    5. その他のサービス
  9. 結論、引越し価格ガイドを利用するより、引越し侍を利用すればOK!
  10. 最後に。おすすめの引越し一括見積もりサービスはどこ?

引越し価格ガイドとは?

「引越し価格ガイド」とは、実は引越し一括見積もりサービス「引越し侍」を手掛ける「株式会社エイチーム引越し侍」が運営しています。

「引越し価格ガイド」の提携引越業者数は307社(2020年9月11日時点)となっていますが、運営している会社が同じなので、当然「引越し侍」と同じ数になります。

見積もり実績は2130万件以上です。

また、「引越し価格ガイド」は、引越し一括見積もりサービス「引越し侍」よりも早く、2006年6月にサイトがリリース(公開運用開始)されている、古くからある引越し一括見積もりサービスのうちの一つです。

ちなみに「引越し侍」は2010年9月からスタートしているので、「引越し価格ガイド」は、4年先輩のサイトです。

では、同じ会社が運営している2つの引越し一括見積もりサービス、違いはどこにあるのでしょうか?

次の項では、「引越し侍」と「引越し価格ガイド」を比較しながら、特徴や使い方を紹介していきます。

「引越し価格ガイド」と「引越し侍」の違いは?

先ほど話をしたように、「株式会社エイチーム引越し侍」が運営する引越し一括見積もりサービスには「引越し侍」と「引越し価格ガイド」の2つのサイト(サービス)が存在しています。

この二つの違いは何なんでしょうか?それぞれの特徴や強み、差別化しているポイントはどこにあるのでしょうか?

まずは、「引越し価格ガイド」の方。

デカデカと【簡単60秒見積もりスタート!】というボタンが設置されています。

次に、「引越し侍」。

1つは、電話番号やメールアドレスなどの個人情報の入力が不要で、ネット上から概算見積もり金額が分かる、「WEB見積もり&予約サービス」(オレンジ色の方)。

もう1つは、個人情報の入力が【必須】の「一括見積もりサービス」(緑色の方)です。

引越し侍では二つの使い方が出来ます。

引越し侍の詳しい使い方については、別記事

を参照してください。

このように引越し侍では、利用者は自分の目的に合わせて、どちらか選べるのですが、

「引越し価格ガイド」では見積もりツールを選ぶことが出来ません。一つのツールしか用意されていません。これが最大の違いです。

引越し価格ガイドでは引越し見積もり相場を知ることが出来るのか?引越し価格ガイドの一括見積もりサービスの使い方を順番に解説。

STEP0:引越し先と引越し人数(単身か家族)を選択する。

まずは、現住所の郵便番号(任意)、引越し先の都道府県、引越しタイプ(人数:単身、家族、オフィス)を入力します。

ここで、引越し一括見積もり『依頼』と表示されていることに注目して下さい。後々その理由が分かるはずです。

STEP1:新旧住所など住まいに関する情報を入力する。

画面が切り替わり、新旧住所の詳細、番地や建物タイプ、

任意で、マンション名や物件の階数、部屋の間取り、エレベーターの有無などを入力します。もし物件にエレベーターが付いていない場合は、料金が大幅に変わる可能性があるので、必ず入力しておいた方が良いでしょう。

STEP2:引越し希望日、氏名、メルアドなど個人情報を入力する。引越し価格ガイド比較では、電話番号の登録は必須

次に、引越し希望日や時間帯(午前便、午後便、フリー便)、引越し人数を選択します。

ここ数回の記事の中で、「LIUFULL引越し」や「ズバット引越し見積もり」など他の色々な一括見積もりサービスの使い方を解説してきましたが、荷物入力もしていないこの段階で、個人情報の入力を求められたのは初めてで、驚きました。

また、赤枠の箇所に

当サービスの利用規約、及び個人情報の取扱い通知を必ずお読みになり、同意の上でご利用下さい。

とあるので、

この段階でこの表示が出るということは、個人情報が本来の引越し見積もり以外の目的にも利用される可能性がある事を示唆しています。なぜなのかは、利用規約と個人情報の取扱い通知を読んでみれば分かります。
私は今回、引越しを利用するつもりはない(冷やかすつもりはない)ので、ここまでで入力をやめました。
これ以降は、画面に手順として表示されていた情報を元に、私個人の勝手な想像となります。

STEP3:荷物情報入力をする。

次にお荷物の情報を入力する画面に代わり、荷物量を入力していきます。

荷物入力に関しては、どこの一括見積もりサービスを利用しても大差ないので特に問題となる箇所は無いでしょう。

各社で差が有る部分は、引越し人数を選択すると、人数から自動で荷物を入力してくれる「お荷物カンタン入力」などの機能が付いているかと、

バイク輸送や荷物の一時預かりサービス、立ち寄りプランなどのオプション作業や引越しプランが選べるかぐらいしか違いはありません。

STEP4:見積もり料金相場をチェックする

荷物量の入力が完了すると、【相場をチェック】と書かれているので、相場料金が表示されると思います。(そう信じたい)。

出てきた各社からの料金相場を元に、引越しの見積もり依頼を掛ける引越し業者を選んで下さい。

使い方のまとめ。「引越し価格ガイド」では、オンラインで見積もり相場が確認できるわけではない

使い方の後半は、一部想像と推測で書きましたが、「引越し価格ガイド」の引越し一括見積もり『依頼』は、引越し侍で言うところの「一括見積もりサービス」に入力画面が酷似しています。

それが以下の画面。これが引越し侍の画面。

こっちが、「引越し価格ガイド」の画面。

ほとんどそっくりですよね。

そして、以下の画面赤枠の箇所、

よく読めば、【あなたと似た内容の料金相場】と書かれているだけで、誰も【引越業者の概算見積もり金額】とは言っていませんよね。

その為、最終的に出力される結果も、引越し侍と同じものになると推定できます。

残念ながら、引越し侍のこっちの入力画面(一括見積もり依頼)を使った人は、見積もり金額が分かると思って利用したのに、見積もり金額が分からなかったと怒りのコメントが多数ツイッターなどに掲載されています。詳細は、こちらの記事を参照。

つまり、「引越し価格ガイド」で入力を済ませても、見積もり金額が出ることはなく、その後に引越し業者各社から、鬼のような電話攻撃が掛かって来るはずです。

「引越し価格ガイド」は、ネット上で概算見積もり金額を確認してから、引越し業者を選択し正式見積もりをする業者を選びたいという人には、向いていないサービスと言えると思います。

その点、引越し侍の【WEB見積もり&予約サービス】では以下のように、個人情報入力不要で各引越業者の概算見積もり額が表示されます。

結論:「引越し価格ガイド」を使うよりは、引越し侍の【WEB見積もり&予約サービス】を利用した方が良いでしょう。

この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス※提携業者数No.1(300社以上)&利用者数No.1(3600万人以上)

引越し価格ガイドを利用するデメリット

ネット上から入力完了しても、その場で概算見積もり額は分からない

最後まで入力を完了させていないので、「断言は出来ませんが」、引越し価格ガイドを利用して、ネット上から必要事項の入力を完了しても、各引越し業者の概算見積もり額が表示されることは無いでしょう。

概算料金が分かるのは、多分、電話やメールで、各引越業者から連絡を受けた時です。

引越し予算の都合をつけたり、料金相場を知りたいから概算でもいいので『ネット上から見積もり額を知りたい』という方は、

概算見積もり額が確認できてから、安心して見積もり依頼が掛けられる以下の一括見積もりサービスをおすすめします。

LIFULL引越し見積もり

引越し口コミ情報が若干古いかも?

引越し価格ガイドに掲載されている各引越業者の口コミ情報は、若干古い情報かもしれません。

口コミを『新着順』で絞り込むと、引越し業者によっては最近の口コミも掲載されているのですが、

利用者が一番多いと言われている引越し業界No.1の「サカイ引越センター」の口コミにおいては、なぜか2015年以降新たな口コミが掲載されていません。

さすがに、5年も前の口コミが、2020年の今でも通用するかは疑わしいはずです。

各引越業者(引越し業界)は、2017年頃からの働き方改革や引越し難民事情の影響を大きく受け、システムや取り組みも変わっているはずですから。

口コミ情報の「鮮度」という点では、ちょっと難アリです。

引越し価格ガイドの口コミや評判は?

さて、「引越し価格ガイド」を利用した方の口コミや評判はどうなんでしょうか?

クチコミランキング

一部の意見のみ紹介となります。

まるコミ(OKコメント)

31才・女・営業
正直ホームページはイマイチだと思いますが、ほとんどの一括見積サイトで取り扱っていないクロネコヤマト引越しセンターが含まれているのでそれだけでも利用する価値があると思います。他の一括見積りサイトと併用するというのもありだと思います。

中立(どちらでもない)

30才・男・不動産
会社数は多いので比較する上では便利だが、だからといって必ずここが最安と言う訳ではない。ここ以外にももう1社引越しの一括見積りサイトを利用したが、そっちの会社のほうが少しですが見積りが安かった。ただ便利なのは変わりはない。引越し会社からの電話は正直うざいですけど。。。

バツコミ(NGコメント)

40才・女・会社員
見積もりを貰っても、オプションでチェックを入れた依頼作業項目(荷造り/梱包/家具梱包)を入れない金額で返信が来る。電話は正直多くて大変だが、その場で依頼作業に付いて加算されているかわかるので、直接話さないとダメだと思う。

引用元:引越し一括見積もりランキング 口コミ6位引越し価格ガイド

みんなの評判ランキング(みん評)

みん評では、★1つ~★5つまでの5点満点で様々なサービスが評価されています。

引越し見積もりサービスの口コミ・評判ランキングが掲載されていますが、「引越し価格ガイド」はランキングに入っていないので、残念ながら口コミ自体もありません。

「引越し侍」や「引越し達人セレクト」「SUUMO引越し見積もり」など他の引越し見積もりサービスは口コミ情報が掲載されているので、参考にしたい方は、以下のリンクをご覧下さい。

みん評-引越し見積もりサービスの口コミ・評判ランキング

ツイッターでの引越し価格ガイドの評判は?

ここからはツイッターでの引越し侍の評判を紹介します。

利用者が少ないせいなのか、不平不満が無いのか理由は分かりませんが、残念ながら、ツイッターでは「引越し価格ガイド 口コミ(評判)」などのキーワードで検索しても情報は出てきませんでした。

他の一括見積もりサービスの特徴を簡単に説明

引越し侍

今回紹介した「引越し価格ガイド」を運営している「株式会社エイチーム引越し侍」が、別の引越し一括見積もりサービスとして提供しているのが「引越し侍」です。

今回の記事を読んだ方は、「引越し侍」と「引越し価格ガイド」の違いが分かったと思うので、引越し見積もりに「引越し侍」を利用したいという人は、

こちらの記事をよく読んで使い方をマスターしてください。

LIFULL引越し

「LIFULL引越し」は、「一括見積もりサービス」と「引越しWEB予約サービス」の二つのツールを用意している数少ない一括見積もりサービスです。

「引越しWEB予約サービス」では、引越し侍同様に電話番号・メルアド不要で、見積もり金額が確認できます。

但し、提携している引越業者数が約100社とやや少ないのが弱点です。

「LIFULL引越し」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

引越しラクっとNAVI

引越しラクっとNAVIが他社の一括見積もりサービスと違うのは、引越し業者に個人情報(電話番号やメールアドレス)が渡らないという事です。

他社の場合、一括見積もりサービスで入力した個人情報が各引越し業者に転送され、引越業者から次々とまるで嵐のような勢いで電話が掛かってきます。

しかし、引越しラクっとNAVIの場合は、下の図に示す通り、

引越しラクっとNAVI ®が他の引越し一括見積もりより安い秘密

画像引用:【引越しラクっとNAVI】

引越しラクっとNAVIで入力した個人情報や引越し情報は、引越し業者に直接転送されることはなく、その個人情報や引越し情報を元に、引越しラクっとNAVIが各引越業者と条件や料金の交渉を行ってくれるシステムとなっています。

また、各引越業者から出される料金見積もりも、あなたに直接ではなく、引越しラクっとNAVIで取りまとめられてから、あなたの元に届くので、

引越し条件の確認から料金交渉、料金見積もりまで、あなたは引越しラクっとNAVIからの連絡を待っているだけで、見積もりがゲットできて仕舞うのです。

結果、他社の一括見積もりサービスを利用すると悩まされる電話の嵐が来ることはなく、非常に落ち着いて安心して引越し見積もりに臨めます。こんな便利な一括見積もりサービスは他にありません。

「引越しラクっとNAVI」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

SUUMO引越し

「引越しラクっとNAVI」と並んで人気の「SUUMO引越し」。その理由は、見積もり依頼をするのに電話番号の入力が不要(任意入力)という点です。

つまり、「SUUMO引越し」を利用すると、各引越業者から嵐のような電話が掛かってくることはありません。その代わりに嵐のようなメールはやってきます。(笑)

但し、メールであれば必要無ければメールを開かなければいい訳ですし、必要な業者のメールだけ読んで、あなたが『必要な業者とだけ』連絡を取れば済みます。

この時点で、引越し業者の絞り込みが行えます。

もし、あなたがお望みならば、「SUUMO引越し」では最大30社まで一度に見積もり依頼を掛けることが可能です。

「SUUMO引越し」の詳しい利用方法は、こちらの記事で紹介しています。

その他のサービス

ここで紹介していない他のサービス、「引越し完全ガイド」「引越し達人セレクト」

「価格.com」「引越しネット」については、それぞれ以下の記事で解説しているので、情報が必要な人は併せてご覧下さい。

結論、引越し価格ガイドを利用するより、引越し侍を利用すればOK!

さてここまで、引越し価格ガイドの特徴、メリットデメリット、他社、特に引越し侍との違いを見てきました。

結論としては、あえて引越し価格ガイドを利用する必要性は見当たりません。代わりに引越し侍を利用すれば、十分です。

今回の記事に使用した参考情報及び画像引用元は、

引越し価格ガイド

引越し侍

最後に。おすすめの引越し一括見積もりサービスはどこ?

引越し価格ガイドだけでなく、どの一括見積もりサービスにも一長一短(メリットとデメリット)が有ります。

一括見積もりサービスは、あなたの目的(最安値の金額、評判の良い業者を探したい、地元密着の業者を利用したい)や利用法(単身引越し、家族向け、オプションサービスの利用)に合った会社を選ぶことが大切です。

当サイトがおすすめする引越し一括見積もりサービス3選

あなたに合った見積もりサービスはどれですか?

では、また次回。

どこの引越し一括見積もりサービスを選んだら良いのか正直迷ってしまう。もっと詳しく教えて!という方は

もあわせてどうぞ。

次回は

と題してお送りします。

error:Content is protected !!