引越し時の不用品処分。 アート引越センターの対応は?

引越業者
この記事は約6分で読めます。

ここ数回にわたり、引越し業者の不用品回収・買取サービスについて紹介しています。

アーク引越センターでは、家電リサイクル指定4品目のみ不用品回収を実施、ヤマトホームコンビニエンスでは、製造から6年以内の家電なら買取可能、という状況でした。

それでは、引越し大手の業界第2位と言われる「アート引越センター」では、引越しで出る、家具や家電、服などの不用品回収・買取サービスを行っているのでしょうか?

何と言っても、引越し業界第2位の「アート引越センター」ですからね、盛大に気前良く不用品の回収・買取サービスをやってくれているはず。と期待が高まりますよね。

今回は、『引越し時の不用品処分。 アート引越センターの対応は?』と題して、アート引越センターの不用品回収処分・買取サービスの対応状況について見てみましょう。

アート引越センターに不用品処分サービスはある?

引越しの時には、断捨離や不用品処分、買い替えなどでどうしても不用品が出てしまうものです。

そのようなことから、意外と需要の有る不用品回収処分サービス。

通常は、専門の不用品回収業者などがサービスを提供しているのですが、引越し業者の中には、オプションサービスや付随サービスとして不用品処分回収・買取を行っている会社がいくつかあります。

しかし、

引越し業界2位のアート引越センターでは、不用品処分回収・買取サービスは提供していません。

公式サイトのQ&Aにも以下のように書かれています。

梱包に関するご質問

Q:不用品の処分について。

不用品の処分の仕方についての注意事項を教えてください。

事前に地方自治体などの大型ゴミ回収や、廃品回収業者などに早めに連絡し、もっとも費用がかからない方法で廃棄を依頼してください。お引越し先まで費用をかけて不用物を運び、使わないで破棄することは無駄な出費となります。

このように書かれています。

不用品処分回収を行っているという内容のネット上の記事が散見されますが、アート引越センターの公式サイトにはそのようなことは一切書かれていません。また、オプションサービスとしても記載されていません。

アート引越センターがフリマアプリ「メルカリ」の決済サービス「メルペイ」と提携・サービス提供

アート引越センターでは、不用品処分回収だけでなく不用品買取に関してもサービスを提供していないとお伝えしましたが、正確には『自社では提供していない』という言い方が正しいかもしれません。

2019年8月、アート引越センターでは、個人間売買のフリマアプリと言えば「メルカリ」と言えるほど浸透しているサービス「メルカリ」と提携し、スマホ用決済サービス「メルペイ」の提供をスタートしています。

これにより、

引越しで出る不用品をメルカリで売って、その売上金をアート引越センターでの引越し費用の一部に充てることが可能になりました。

アート引越センターの自社では、不用品買取の仕組みを提供していませんが、C2Cの売買アプリと言えば今や「メルカリ」とも言えるほど有名な不用品リサイクルのプラットフォームと提携したのは、大きなことではないでしょうか?

利用者にとっても、メルカリは業者に売るよりも高値で売れるので、非常に人気です。

アート引越センターの不用品処分に関する口コミ

アート引越センターの不用品処分に関する口コミを確認してみましょう。

口コミを見る限り、2011年頃は不用品の引き取りも行っていたようですが、最近の情報および、先ほど紹介した『アート引越センターとメルカリの提携』の動きを見る限り、現在は不用品の回収は行っていないようです。

不用品回収や買取は、個人間で売買した方が、すぐ旧所有者から新所有者に移るので、在庫を持っている時間が少なくて済み、また引越し業者側としては、不用品を保管しておく期間の保管場所のコストもカットできるので、

古物商としてリサイクル品を本格的に扱うのでなければ、このメルカリとの提携方式が一番引越し業者にとっては都合が良いはず。

本音のところでは、引越し業者は儲けが出ない不用品回収は本当はやりたくないはずですから。

アート引越センターとは対照的に、リサイクル品を本格的に取り扱い、「クロネコおまかせレンタル」や「リユース品販売」など別サービスとしてしっかりと収益化しているのが、ヤマトホームコンビニエンスです。

最後に、まとめ

最後に、アート引越センターの不用品処分回収・買取サービスについて、要点をまとめます。

  • アート引越センターでは、不用品処分回収は行っていない
  • 不用品の買取は、メルカリと提携。メルカリポイントをアート引越センターの引越し費用支払いに充てることが可能

画像引用元及びアート引越センターのサービス詳細は、アート引越センターをご覧下さい。

では、また次回。

次回は、

と題してお送りします。

error:Content is protected !!