ハローストレージの料金体系。初期費用や管理費、安心保障パックなど他社との比較有り

トランクルーム
この記事は約11分で読めます。

今回は、「ハローストレージの料金体系。初期費用や管理費、安心保障パックなど他社との比較有り」と題して、

トランクルームにハローストレージを選ぼうと考えている方のために、ハローストレージの料金体系や使い方(契約方法や注意点)について、お伝えします。

・初期費用はいくらぐらい?
・他社では取られない「管理費」って何?
・安心保障パックって何?
・他社との料金比較が知りたい

このような契約に関する疑問にお答えしていきます。

ハローストレージの料金体系について

料金の特徴その1:ハローストレージでは管理費が掛かる

他のトランクルーム会社では、月々掛かる費用は、月額使用料だけとなる場合がほとんどですが、

ハローストレージの場合は、「月額使用料」+「管理費」が毎月支払うお金になるので、注意が必要です。

ハローストレージでは、屋内型トランクルーム、屋外コンテナタイプなど全ての物件一律で月額2,200円が管理費として必要です。

何のための「管理費」だか良く分かりませんが、ハローストレージではそういうシステムになっています。

料金の特徴その2:ハローストレージの安心保証パックって何?

これもハローストレージ特有のシステムですが、「安心保障パック」というオプションが用意されています。

簡単に説明すると、メリットは二つ。

・セキュリティカードやシリンダーキーを失くした時の再発行費用(11000円)が無料になる
・解約時に掛かる「室内整備料(8800円)」が無料になる

詳細は、以下のようになっています。

ハローストレージ安心保障パック

ハローストレージ安心保障パック料金早見表

さらに、安心保障パックには「標準タイプ」と「安心保障パック+」の2種類あり、1年間に使える回数が5回と10回の違い、

また、補償限度額が最大50万円と100万円の違いが有ります。

しかし、よっぽどおっちょこちょいの人でもなければ、早々トラブルに遭うことは無いはずなので、基本的には無くても十分だと思います。

1年単位で長期で借りる場合は、550円/月×12か月=年間6,000円とチリツモでお金が余計に出て行きますから。

一方で、3か月程度の短期で借りる人は、払っても良いかもしれませんね。

でも安心保障パックに入らなければならないほどトラブルが多いなら、そもそも、ハローストレージのトランクルーム契約しない方が良いですからね。

個人の判断にお任せします。

ちなみに、同じような安心パックは、キュラーズ(Quraz)でも月額1,000円でオプション設定されています。

料金の特徴その3:ハローストレージ プレミアム(トランクハウス24)

ハローストレージでは以前は「プレミアム」、2018年からは「トランクハウス24」というシリーズを展開開始、順次設置店舗を拡大しています。

「トランクハウス24」は、全ての物件で

1軒丸ごとトランクルーム専用で建築(=キュラーズ方式)
・24時間利用可能、無料駐車場付き
・ALSOKと監視カメラによるセキュリティ
・空調完備で清潔高品質な保管環境

が特徴となっています。

目印は、サービス上も「トランクハウス24」と分かれていますし、

ハローストレージのトランクハウス24

実際の店舗に足を運ぶと外観にも「トランクハウス24」と書かれているので分かります。

つまり、ハローストレージでは、「屋外型」、「バイク専用」、

そして、

屋内型は「屋内型(標準)」、「屋内型(トランクハウス24)」の2種類に分かれていると覚えて下さい。

ほぼ同じ立地条件で「屋内型(標準)」、「屋内型(トランクハウス24)」でどのぐらい料金が違ってくるのか、月額使用料のみを比較してみました。

場所は、東京都世田谷区尾山台(九品仏)周辺1km圏内にある、2つの店舗、

ハローストレージ等々力目黒通り店(標準)と、トランクハウス24世田谷奥沢店(トランクハウス24)で比較。

条件はどちらも、空調有、駐車場有、エレベーター有、駅近物件です。

部屋の広さ屋内型(標準)等々力目黒通り店屋内型(トランクハウス24)奥沢店
0.5帖¥8,200設定無し
0.6帖設定無し¥9,400
0.7帖¥12,100設定無し
0.8帖設定無し¥12,400
1.3帖¥18,300¥20,000
2帖¥28,400¥36,760(2.2帖)
5帖¥73,100¥83,200(5.3帖)

注:表記価格は、月額料金のみ表示、キャンペーン価格ではなく標準価格での比較

なるほど、物件同士でかぶらないように、うまく間取りを変えて展開しているのが分かります。

そして、同じ間取りなら、従来型の方がやや安いぐらいですが、

1,000~2,000円程度の値段の違いなら、「トランクハウス24」の方を借りた方が、まだ新しいですし設備も綺麗なので良いでしょう。

また、赤塗り箇所のように、物件によって、間取りのラインナップも多少違うので、広めの場所を借りる際は、価格差も結構ある(0.2帖違いで約8,000円の差)ので、

あなたの荷物量にあったスペースを良く調べ、店舗ごとの比較も行った上で借りることが重要です。

料金の特徴その4:ハローストレージの初期費用

ここまで説明してきた料金体系を元に、ハローストレージでトランクルームを借りる際の、初期費用をまとめてみました。

ハローストレージの場合、屋内トランクルームと屋外コンテナで若干初期費用が変わってくるので、注意して下さい。

屋内トランクルーム屋外コンテナ
前払い家賃初月分(日割り)+翌月分
管理費¥2,200×2か月分
事務手数料月額料金の1か月分
鍵代¥4,400¥3,080
セキュリティ登録¥1,100不要
安心保障パック(任意)¥550

一例として、東京都港区で月額「24,000円」の物件を11月16日から借りた場合の料金シミュレーションをしてみました。

屋内トランクルームの規定月額¥24,000の物件を11/16~
前払い家賃初月分(日割り)+翌月分24000×15/30+24000=36000
管理費¥2,200×2か月分2200×2=4400
事務手数料月額料金の1か月分24000×1=24000
鍵代¥4,4004400
セキュリティ登録¥1,1001100
安心保障パック(任意)¥550550
初期費用合計¥70,450

初期費用として結構な金額掛かりますね。

前家賃を引いても、34,450円も掛かっています。初期費用のうち半額程が事務手数料などの「その他の費用」として取られています。

ハローストレージでの契約時に必要な事務手数料や管理費などが、キュラーズでは一切不要です

料金の特徴その5:ハローストレージの更新料や保証金、違約金などについて

契約するに当たっては、初期費用の他にも、更新料や保証金/違約金などについても知っていた方が良いでしょう。

契約しやすい値段設定になっていても、いざ更新や違約金が発生した場合に高額になっては意味がありません。キチっと押さえておきましょう。

・申込み手続き後のキャンセル料:5,000円
・更新料:原則1年更新、更新月に月額使用料の0.5か月分
・部屋の変更・追加に伴う事務手数料:月額使用料の1か月分
・違約金(原状回復費用):穴,傷,破損、シミなどは修繕費実費負担
・解約時の室内整備料:8,800円(安心保障パック時は無料)

が掛かります。

同じトランクルーム会社でも、キュラーズでは、更新料及び解約時の室内整備料は掛かりません。

料金の特徴その6:ハローストレージ 家賃支援給付金

コロナ禍や緊急事態宣言による地代や家賃(賃料)負担を軽減する目的で、経済産業省より、中小事業者や自営業者に対する家賃支援給付金制度が実施され、

ハローストレージでトランクルームを利用する際にも家賃支援給付金制度の利用申請が可能でしたが、

2021年2月15日を持ちまして、給付事業自体が終了しています。

2021年10月現在では利用できません。

料金の特徴その7:ハローストレージ キャンペーンを実施している物件は、料金割引があるので狙い目

ハローストレージのトランクルームでは、

各店舗ごとに「6か月間使用料半額」や「4か月間使用料半額+事務手数料0円」などの各種キャンペーンを行っています。

新規オープンの店舗や満室になり難い店舗などを中心に行われているので、借りる前に、各店舗のキャンペーン情報は要チェックです。

キャンペーン内容によっては、自宅から遠い等の不便さが有っても、安くお得に借りられるので、店舗ごとの比較もしてみて下さい。

引越し繁忙期の2~4月頃になると、引越し難民対策としてトランクルームを利用する人が急増し、借りれなくなることもあるので、長期の利用予定がある人は、閑散期の今が借りるチャンスです。

きれい・安心・便利なトランクルームは、ハローストレージ

ハローストレージの料金を他社と比較

ここでは、ほぼ同じ立地条件の物件同士で、初期費用、月額費用に分けて他社と比較します。

仮に契約開始を11月16日とした場合、各トランクルーム会社によって開始月に日割り家賃が発生するか否かでも結構金額が変わってきます。

東京都心部(港区)での【月額料金】を他社と比較

【月額料金】

部屋の広さ【加瀬倉庫】キュラーズハローストレージスペースプラス
0.5帖¥7,150¥16,000¥13,600¥9,170
1帖¥14,300¥24,500¥21,800¥18,130
2帖¥27,500¥42,300¥37,500¥29,400
4帖¥64,350(4.5帖)¥88,000

注:ハローストレージの月額料金は、管理費2,200円を含まない金額で表示。

東京都心部(港区)での【初期費用】を他社と比較

上記の各社の月額料金を元に、契約時に掛かる初期費用をそれぞれ計算、表にしました。

開始月の日割り家賃発生の規定については、

加瀬倉庫:無し

キュラーズ:有り、ハローストレージ:有り、スペースプラス:有り

となっています。

【初期費用】

部屋の広さ【加瀬倉庫】キュラーズハローストレージスペースプラス
0.5帖¥14,300¥24,000¥38,400¥22,925
1帖¥28,600¥36,750¥58,900¥45,325
2帖¥55,000¥63,450¥98,150¥73,500
4帖¥128,700¥132,000

東京都郊外(八王子)での【月額料金】を他社と比較

【月額料金】

部屋の広さ【加瀬倉庫】キュラーズハローストレージスペースプラス
0.5帖¥4,950¥7,860¥6,100(0.8帖)屋外型のみ
1帖¥7,700¥12,260¥8,600(1.2帖)
2帖¥13,200¥23,260¥15,500(2.2帖)
4帖¥40,540
6.5帖¥60,030
8帖¥80,620

注:ハローストレージの月額料金は、管理費2,200円を含まない金額で表示。

東京都郊外(八王子)での【月額料金】を他社と比較

上記の各社の月額料金を元に、契約時に掛かる初期費用をそれぞれ計算、表にしました。

開始月の日割り家賃発生の規定については、

加瀬倉庫:無し

キュラーズ:有り、ハローストレージ:有り、スペースプラス:有り

となっています。

【初期費用】

部屋の広さ【加瀬倉庫】キュラーズハローストレージスペースプラス
0.5帖¥9,900¥11,790¥19,650
1帖¥15,400¥18,390¥25,900
2帖¥26,400¥34,890¥43,150
4帖¥60,810

【月額料金】と【初期費用】を他社と比較した結果まとめ

こうして、月額料金では同額程度のキュラーズとハローストレージを比較してみると、ハローストレージの初期費用の高さが目立ちます。

質の高い保管品質と安い初期費用を両立させたい場合は、キュラーズがおすすめです。

月額料金、初期費用ともに安いのは、【加瀬倉庫】です。

最後にまとめ

今回は、ハローストレージでトランクルームを契約する際の初期費用など料金体系について、まとめてみました。

あなたのトランクルーム選びの参考にして下さい。

トランクルーム会社選び、オススメ3選

  • 【加瀬倉庫】※他社より圧倒的に値段が安い
  • キュラーズ※料金高めでも、店舗にスタッフ常駐&空調設備完備で、オリコンの顧客満足度No.1獲得
  • ハローストレージ※他社では店舗が無い地方にも展開し、業界No.1の店舗数。あなたの住んでる街にもあるかも?

では、また次回。

次回は、

と題して、お送りします。

error:Content is protected !!