オレンジコンテナを契約する前に。サイズとルームタイプ、注意点を確認

トランクルーム
この記事は約13分で読めます。

今回は、オレンジコンテナを契約する前に、確認しておいた方が良いこと。

「オレンジコンテナを契約する前に。サイズとルームタイプ、注意点を確認」と題して、契約の方法(オンライン、電話、来店)、トランクルームのサイズ区分、ルームタイプ、などについて、お伝えします。

契約時の注意点ついても紹介しているので、よく読んでください。

関西圏でのトランクルームおすすめ業者

オレンジコンテナで選べるルームタイプは5種類、サイズ別紹介

トランクルーム(屋内型)

屋内型トランクルームは、ビルなどの建物内に入っているトランクルームです。トランクルームと言って思い浮かべるのは「このタイプ」という人が多いと思います。

以前は「S-CUBE」という名称で事業を運営していましたが、近年名称を「オレンジコンテナ」に変更しています。物件によっては古い名称「S-CUBE」のままの場合もあるようです。

オレンジコンテナの屋内型トランクルーム、旧S-CUBE物件

オレンジコンテナでは、ビルなどに「入居」している場合が多いので、1棟丸ごとオレンジコンテナのトランクルームということは稀です。

中には、元が店舗や会社の事務所を転用しているようなところもあります。

そのことで、オレンジコンテナが入っている建物によって、設備はまちまちになってしまいますが、空調設備、ALSOKによる警備、防犯カメラが設置されている物件もあります。

オレンジコンテナの屋内型トランクルーム、ALSOKのセキュリティ

基本的には、入り口部分でALSOKによるカードキー認証があり、中に入ってトランクルーム部分でまたロックが掛かっているので、セキュリティの心配はありません。

但し、保管環境(温度湿度)は物件によって違いが大きいので、洋服など保管に注意を要するものは、物件選びをしっかりする必要があります。

コンテナ屋外型

屋内型トランクルームよりも料金が安いことから利用者も多い、屋外設置型のコンテナ。

温度湿度に敏感でない荷物であれば、屋外設置型のコンテナで十分でしょう。

オレンジコンテナの屋外設置型のコンテナには、断熱材が組み込まれており、外気温±5℃に保管環境を保つことが出来るので、夏場の高温下でもそこまで心配する必要はありません。

また、オレンジコンテナでは、オプション料金で「業務用除湿剤」が用意されているので、使えば3か月は除湿効果が期待できるそうです。梅雨時期などは利用した方が良いでしょう。

そして、屋外型のメリットとして、トランクルームの前まで車を横付けできるので、荷物の搬入搬出が容易な点も挙げられます。

オレンジコンテナの屋外型、サイズ展開

オレンジコンテナの屋外型、サイズ展開は、以下表のようになっています。

広さ寸法㎝
(幅×奥行き×高さ)
イメージ図
0.5帖115×80×110
0.8帖115×115×110
1帖145×110×230
1.5帖115×230×230
2帖145×230×230
2.6帖190×230×230
4帖290×230×230
8帖230×590×230

ルームタイプ・電源付コンテナ

オレンジコンテナの屋外コンテナには、通常のタイプに加えさらに、

電源付きのコンテナが追加されていて、電源を使った作業をおこなうことが出来るので様々な用途が考えられます。

このような事から、仕事道具が多くなりがちな、各種職人さんなどにも利用されています。

さらには、「ルームタイプ」と呼ばれるタイプでは、コンセント、蛍光灯、エアコン完備で、室内で過ごせてしまうコンテナまで用意されています。

オレンジコンテナの2.6帖ルームタイプ

このように、従来のトランクルームの枠に収まらないラインナップを揃えているのが、オレンジコンテナの特徴と言っても良いでしょう。

オレンジコンテナの屋外型、ルームタイプ・電源付コンテナのサイズ展開

オレンジコンテナの「ルームタイプ・電源付コンテナ」のサイズ展開は、以下表のようになっています。

広さ寸法㎝
(幅×奥行き×高さ)
イメージ図
2.6帖ルームタイプ190×230×230オレンジコンテナの2.6帖ルームタイプ
2.6帖電源付ルームタイプ190×230×230オレンジコンテナの2.6帖電源付ルームタイプ
4帖電源付ルームタイプ290×230×230オレンジコンテナの4帖電源付ルームタイプ

但し、電源付きタイプの倉庫(ガレージ)ならば、イナバボックスでもサービス提供を始めています。

バイク専用コンテナ

トランクルームの他社でも、用意されているバイク専用コンテナ(ガレージ)。

お決まりは、バイクの出し入れがしやすいように、コンテナ前面に幅広のスロープを付けたもの。これは正直どこの会社でもやっています。

オレンジコンテナのバイク専用コンテナの特徴は、他社にはない電源付きのバイクガレージがあるという点。

コンテナに保管するような趣味のバイクはたまにしか乗らないと、バッテリーも上がりやすくなるので、電源を使ってバッテリーを充電したり、

ちょっとした加工作業やWAXのバフ掛けするのに電動工具を使ったりと、コンテナ内で出来る作業の幅がかなり広がります。

バイク(用)電源付きルームタイプは「2帖」「2.6帖」「4帖」の3タイプの中から、あなたのバイクライフに合ったサイズが選べます。

もちろん、電源無しのバイクボックスを選ぶことも出来ます。

但し、電源有り/無し全6タイプとも、奥行きが230㎝しかないので、バイクのサイズによっては注意が必要です。

その点、電源無しの専用「バイクボックス」は奥行きが280㎝もあるので全然心配いりません。

オレンジコンテナのバイク用ルームタイプ・電源付コンテナ、サイズ展開

オレンジコンテナの「バイク用ルームタイプ・電源付コンテナ」のサイズ展開は、以下表のようになっています。

広さ寸法㎝
(幅×奥行き×高さ)
イメージ図
2.6帖バイク+2.6帖ルームタイプ190×230×230オレンジコンテナの2.6帖バイク+2.6帖ルームタイプ
2帖バイク電源付ルームタイプ145×230×230オレンジコンテナの2帖バイク電源付ルームタイプ
2.6帖バイク電源付ルームタイプ190×230×230オレンジコンテナの2.6帖バイク電源付ルームタイプ
4帖バイク電源付ルームタイプ290×230×230オレンジコンテナの4帖バイク電源付ルームタイプ
電源無しの専用バイクボックス130×280×200オレンジコンテナの電源無し専用バイクボックス

サーフボード専用トランク(ロッカー)

オレンジコンテナの面白い所。

他社では見かけたことの無い、サーフボード専用のトランク(ロッカー)「BOARD HOTEL」が海沿いの場所に設置されています。

オレンジコンテナのBOARD HOTEL(サーフタイプ)

サーフィンするためには、サーフボード、ウエットスーツ、サーフWAX、小物類など意外と荷物が多くなります。プラスチックのコンテナケースに必要な道具を入れて持ち運んでいる人もいます。

サーフボード専用のトランク(ロッカー)が、正直、利用者が多いのかは分かりませんが、目の付け所は面白いと思います。

湘南など電車でアクセス容易なところ以外、サーフィンするには結構不便なところが多く、基本サーフィンに来る人は、車に荷物積んできますから。どうでしょうか?

2021年10月現在のところ、静岡県新居浜と千葉県九十九里町粟生海岸、三重県志摩市国府の浜、全国で3か所に設置されています。

サーファーで、海の近くに荷物を保管しておきたいという人は是非どうぞ。

オレンジコンテナの契約方法は3種類

オレンジコンテナで契約するには、いくつかの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを理解して利用して下さい。

オンラインから申し込む方法

最も簡単に、手軽に手続きを進めることが出来るのがオンラインによる申し込み方法です。

何と言っても、オンラインからなら24時間365日、いつでもあなたの好きな空き時間などで手続きを進めることが可能です。

また後述しますが、オンラインからの申込みでは、不要になる手続き書類や証明書なども増えるので、単純に手続きが早く済みます。

直ぐにでも使い始めたい。利用開始までの緊急性が高い場合(住まいから緊急で荷物を移したいなど)は、オンライン一択です。

電話から申し込む方法(書類郵送)

電話で申し込む場合は、どこの店舗を利用する場合でもフリーダイアル0120-15-4466に連絡します。

希望する店舗とサイズなどを伝えましょう。不明点などがあればよく聞いて確認しておくようにしましょう。

必要事項が確認できたら、申込書が郵送で送られてきます。

但し、フリーダイアルは、土日祝日を除く10時~18時半の営業時間となっています。

来店して申し込む方法

来店して申込む方法も手段としては有りますが、各トランクルームの店舗にはスタッフが常駐していないため、手続きを行うことが出来ません。

その為、来店で手続きを行うためには、オレンジコンテナを運営している「アパルトマンイクシーズ㈱」(住所:大阪府吹田市垂水町3-33-17)まで足を運んで手続きする必要があります。

営業時間は、土日祝日を除く、平日10時~16時までとなっています。

来店での手続きは、本社近くに住んでいる人以外、面倒くさいのでおすすめしません。

契約に関する質問事項

契約に必要な書類は

契約に必要な書類は以下の通りとなります。個人と法人で異なるので注意して下さい。

個人法人
印鑑認印(書面の場合のみ必要)認印、会社実印・代表者印(書面の場合のみ必要)
身分証明書運転免許証又は健康保険証のコピー発行後3か月以内の登記簿謄本のコピー。連帯保証人の身分証明書のコピー
電話番号緊急連絡先(親族)の番号担当社員もしくは連帯保証人の親族の番号
銀行口座の届印口座振替の場合のみ必要口座振替の場合のみ必要

クレジットカード決済の場合、口座振替不要となるので、

見て分かる通り、オンライン上から手続きすると省けるものが多く、手続きが早く済ませられるので、おすすめです。

初期費用の支払い方法

クレカ決済と口座振替が選べます。

初期費用の支払いが完了しないと、契約完了とはならず鍵を受け取ることが出来ません。

クレカ決済なら、ネット上で即完了。

口座振替の場合は、銀行で初期費用の振込を行う必要があります。また初期費用以外の毎月の支払いも口座振替となるので、送られてくる振替の手続き用紙に記入して返送する必要があり面倒です。

最速で完了するのはどの方法?

最速で手続きが完了するのは、オンラインから申込みクレカ決済する方法です。

この方法なら、最速で即日から利用開始することが出来ます。

実際の契約手順を解説

WEBサイトからオンラインで手続きする場合

1.オレンジコンテナの公式サイトにアクセス

2.希望の店舗と必要なタイプとサイズを選ぶ

3.必要事項を記入

4.決済方法の選択(クレカ決済または口座振替)

クレカ決済の場合:オンライン上で完結⇒翌日に宅配便で送られてきた鍵を受け取り利用開始。

口座振替の場合:銀行で初期費用を振り込む⇒毎月の振替手続き書類を記入し返送⇒数日後に宅配便で送られてきた鍵を受け取り利用開始。

電話と書面で手続きする場合

1.オレンジコンテナの公式サイトにアクセス

2.希望の店舗の電話番号に電話する

3.契約内容(タイプ、サイズ、金額等)について詳細を確認

4.数日後、郵送で申込書一式が届く

5.届いた申込書に必要事項を記入。また必要な書類を添付し、オレンジコンテナ宛に返送

6.オレンジコンテナ側での審査に通過すると、初期費用支払いの書類が送られてくるので、クレカ決済もしくは口座振替の用紙を記入し返送。

7.オレンジコンテナから宅配便で送られてきた鍵を受け取り利用開始。

契約する前に要チェック。預けられないもの一覧

契約してからいざ預けようとしたら、実は預けられない物で失敗した!とならないために、オレンジコンテナと契約する前に、預けられない物を確認しておきましょう。

・飲食物
・動植物
・揮発性や発火性を有する動産(プラモデル用のシンナーやラッカーなどは要注意)
・危険物(ガソリンや灯油など)
・産業廃棄物
・異臭や悪臭を発する物品
・水分や高温を発する物品
・貴重品、高価な動産類
・写真(変色の可能性があるため)

電源が確保されるルームタイプにおいても、趣味の部屋として熱帯魚水槽を設置するとか、観葉植物の置き場に困っての利用とかは規約違反です。

写真は意外でしたね。もちろんアルバムに入っていてもダメです。

他のモノについては、通常気を付けていれば問題となることはないでしょう。

保管状態にこだわる方は、キュラーズのトランクルームがおすすめです。

キュラーズおすすめの理由はこちら。

契約申込み時の注意点

ここまで見てきて、圧倒的にオンライン(WEB)から申し込んだ方が早くて簡単なことが分かりましたが、一方で注意点もあるのでしっかりと押さえておいてください。

・3か月未満の短期契約の場合、オンライン(WEB)からは手続き出来ない。
・トランクルームタイプ、ボードホテル、一部のコンテナ倉庫(ドアノブタイプ)では、即日利用開始が出来ない。(専用キーが必要な為)
・申込みから契約手続き完了までにキャンセルしたい場合、キャンセル料として使用料金の1か月分が請求されるので注意

最後に

今回は、オレンジコンテナで用意されているタイプとサイズ、そして契約方法についてお伝えしました。

オレンジコンテナのタイプ別月額料金例や初期費用がいくらぐらい掛かるのか?などについては、別記事で他社とも詳しく比較しています。

あわせてご覧下さい。

関西圏でのトランクルームおすすめ業者

こちらの記事もあわせてどうぞ。

では、また次回。

次回は、

と題してお送りします。

error:Content is protected !!