minikura(ミニクラ)の 料金プランや取り出し料金、再入庫まで解説。AZUKELとの比較有り

トランクルーム
この記事は約14分で読めます。

今回は、「minikura(ミニクラ)の 料金プランや取り出し料金、再入庫まで解説。AZUKELとの比較有り」と題して、

minikuraの料金プランや複雑な体系になっている「minikura 取り出し料金」、そして再入庫まで、minikuraのサービスおよび料金の内容のみに絞ってお伝えします。

サービス内容がminikura(ミニクラ)と「モロ被り」のAZUKEL(アズケル)との比較も行っています。

宅配型トランクルームサービス選びの参考にして下さい。

宅配型トランクルーム会社オススメ3選

  • 宅トラ高品質な保管環境と大型家具の保管も可能。全国から利用可能
  • 【AZUKEL】業界最安値、1箱月額165円~。大型商品は1都3県でのみ利用可
  • 「minikura」※1年以上の保管で送料無料。但しダンボールしか預けられない

ミニクラの料金プラン5つを紹介

minikura HAKO(ハコ)

minikuraのプランの中で最安値となるプランが『HAKO(ハコ)』プランです。

特徴は以下の通り

・箱の中身の撮影が無い⇒保管物の確認が出来ない
・1箱単位で管理⇒取り出し配送も1箱単位
・料金がプラン最安値

以上のように、入っているアイテムの写真撮影も無く、単純にダンボールごと預かってもらうだけなので、minikura最安値の月額275円~預かってもらうことが出来ます。

とは言え、次に紹介するアイテム撮影有りの「MONOプラン」でも月額330円~と極端に料金が高くなるわけではないんですけどね。

ということで、次に個別撮影有りのminikura「MONO」プランを紹介します。

minikura mono(モノ)

minikura「MONO(モノ)」は、ダンボールに入った個別の品物を1点1点撮影してデータ管理してくれるので、後でマイページから、個別の品物が確認することが出来ます。

また、1点1点管理なので、単品だけで取り出し配送を依頼することも可能です。

特徴をまとめると次の通りです。

・1点1点アイテムごとに写真撮影してくれる(1箱上限30枚まで)⇒ネット上で保管物の確認が可能
・1点ずつ管理⇒取り出し配送も1点ずつ可能
・オプションサービスが利用可能

1点ずつ撮影し管理するから、オプションサービスとして、ヤフオクへの出品、クリーニングの利用が可能

アイテム取り出し時に掛かる取出送料は、1箱/1回当たり880円が掛かります。

minikuraのダンボールサイズと料金。AZUKELと料金比較

ここまで紹介した、minikura「HAKO」と「MONO」。

サービス内容は商品個別の写真撮影が有るか無いかの違いで、

収納するための箱の大きさ(サイズ)は、共通となっています。

箱の大きさはサイズ別になっているので、下の表を見てもらえば分かりやすいと思います。

ミニクラのサイズ展開

・レギュラーサイズ幅38㎝×奥行き38㎝×高さ38㎝:1箱275円/月額
(MONOで330円/月額)
・ワイドサイズ  幅60㎝×奥行き38㎝×高さ20㎝:1箱275円/月額
(MONOで330円/月額)
・ラージサイズ  幅68㎝×奥行き45㎝×高さ38㎝:1箱400円/月額
(MONOで500円/月額)

他社のAZUKEL(アズケル)と、箱サイズ&料金を比較してみると次のようになります。

プランミニクラサイズAZUKELサイズミニクラ料金(カッコ内はMONOの料金)AZUKEL料金
レギュラー幅38㎝×奥行き38㎝×高さ38㎝幅42㎝×奥行き30㎝×高さ35㎝1箱275円/月額(330円/月額)1箱165円/月額
ワイド
(アパレル)
幅60㎝×奥行き38㎝×高さ20㎝幅84㎝×奥行き30㎝×高さ17.5㎝1箱275円/月額(330円/月額)1箱220円/月額
ラージ幅68㎝×奥行き45㎝×高さ38㎝幅84㎝×奥行き30㎝×高さ35㎝1箱400円/月額(500円/月額)※キャンペーン価格1箱385円/月額

ちなみに、AZUKELの箱PLANの場合は、標準で1点1点ずつ撮影してくれます(1箱当たり30点まで撮影無料)。

よって、

minikuraの「MONO」プランと真っ向勝負するのがAZUKELの「箱プラン」になります。

minikuraの「MONO」プランの1箱当たりの撮影最大枚数が30点までなのも、AZUKELの「箱プラン」と全く一緒です。

AZUKELの「箱プラン」と同内容であるサービス、minikuraの「MONO」プランは、比較すると料金で1.5倍~2倍も高いサービスと言えます。

なぜ、こんなに料金差が発生するのかは、本記事の最後に解説します。

minikura library(ライブラリー)

minikura library(ライブラリー)は、HAKOプランの「HAKOブック」に撮影プランが付いた「MONO」版を「MONOブック」と呼ばずに、特別名称「Library(ライブラリー)」と呼んでいるだけの話です。

ですので、箱の大きさは「HAKOブック」と共通、幅42㎝×奥行き33㎝×高さ29㎝で、マンガ本なら約100冊収納できます。

本の他に、DVDやゲームソフトなども保管出来ます。

料金は、撮影無しの「HAKOブック」が1箱275円/月額、個別撮影有りの「Library(ライブラリー)」は1箱495円/月額となっています。

minikura closet(クローゼット)

minikura closet(クローゼット)は名前からも分かるように、衣類を吊るして保管する専用のサービスです。

特徴をまとめると次の通りです。

・衣類をハンガーに掛けて保管(最大10点まで)
・1点1点アイテムごとに写真撮影
・1点ずつ管理⇒取り出し配送も1点ごと又は1箱が選べる
・クリーニングオプションが利用可能

コートやジャケット、スーツなど、自宅のクローゼットにハンガー掛けで保管してあるような衣類に向いている、サービスです。

不織布でできた専用のバッグがネコポスで送られてきて、開くと40㎝×40㎝×40㎝のバッグになるので、そこの中に預けたい服を入れ集荷を依頼します。

以下のような人は利用するといいでしょう。

・自宅が狭いワンルームなのでクローゼットが無い
・意外と場所を取るハンガーラックを部屋に置きたくない
月額保管料は550円、3か月以上利用時の配送料金は1100円/箱です。

minikura クリーニング

クリーニングパックは、クリーニングと6か月の保管がセットになったパック料金のプランです。

服10点のクリーニングと6か月間の保管がついて、12,100円です。

この料金を初期費用として支払えば、月額料金が別に掛かることは有りません。

7か月目以降は、月額保管料550円を払えば、継続して保管してもらうことも可能です。

Closetプラン月額保管料550円×6か月分=3300円に、取り出し配送料1100円を足すと4400円。

これを初期費用12,100円から引くと、残り7700円で10枚のクリーニングが依頼出来ると同じことと考えると、770円/1枚となり、

クリーニングの相場料金が、ジャケット1着1000円前後なので、比較的割安で依頼出来ることになります。

Y-シャツなどはもっと安い金額でクリーニングできるので、厚手の防寒着や、ジャケット、アウターなどを依頼するといいでしょう。

minikura 利用時の注意点

先ほど紹介した、minikuraの各プランを見ても分かる通り、どのプランでも専用の箱もしくは不織布、つまり規定サイズの『入れ物』に入る物しか預けられません。

ですから、

minikura 利用時の注意点としては、各プランの入れ物の大きさに合ったものしか預けられず、規定サイズ外の「ゴルフバッグ」や「大型家具家電」などは預かってもらえないということを覚えておきましょう。

もし、規定サイズ外の大型家具や家電などを預かってもらいたい場合は、クロネコヤマトが運営している宅トラが利用できます。

登録住所以外にも配送してもらえるという宅配型のメリットを生かすなら、ゴルフバッグの保管にも、規定サイズ外を取り扱える宅配型サービス会社はおすすめです。

詳細はこちら。

複雑な「minikura 取り出し料金」について分かりやすく解説

複雑でわかりにくい、「minikuraの取り出し料金」について分かりやすく解説します。

プラン1点ずつ取り出し箱ごと取り出し保管1か月以内箱ごと取り出し保管2か月以内箱ごと取り出し保管3か月以上
HAKO
ブック
非対応1650円1375円1100円
HAKO
レギュラー
非対応1650円1375円1100円
HAKO
ワイド
非対応1650円1375円1100円
HAKO
ラージ
非対応2280円1800円1320円
Library356円+35円/1冊2090円1595円1100円
MONO
レギュラー
880円/1箱・1回1760円1430円1100円
MONO
ワイド
880円/1箱・1回1760円1430円1100円
MONO
ラージ
880円/1箱・1回2520円1920円1320円
Closet495円+55円/1点2200円1650円1100円
クリーニングパック880円/1箱・1回無料無料無料

保管期間が1年以上だと、どのプランでも無料となります。

このように、

minikuraでは、保管期間の長さで取り出し料金が変動するのが特徴で、3か月未満の短期間の預け入れでは割高になります。

minikuraでの再入庫(ボックスの再利用)について

minikuraボックス保管プランの専用ボックス(HAKO、MONO、Library)ならば、再入庫(ボックスを再利用)することが可能です。

傷んでいないダンボール箱を廃棄するのは、エコじゃないですからね。

再利用できるものは、是非再利用しましょう。

再入庫の場合のWEBからの申込み方法、詳しくはこちらに書かれていますので参考にして下さい。

参考:minikuraヘルプセンター「お預け入れについて」

すでに終了している過去サービスに注意

過去にminikuraを利用していた人が検索するのか?Google検索で今も一定量の検索需要が有るのが、次のサービスです。

但し、2021年末現在では、既に終了してしまっているサービスなので、注意して下さい。

minikuraダイレクト

「minikuraダイレクト」は、minikuraから支給される「専用の箱」ではなく、あなたが自分で用意したダンボールで預けることが出来るプランでした。

しかし、2019年1月15日にすでに終了しています。

市場やスーパーなどに出回っているダンボールって、意外とサイズが微妙にまちまちで、キチンと揃えようとすると結構難しかったりするんですよね。

引越し時に、スーパーなどでもらってきたダンボールで済ませようとすると良く起きます。

サイズが微妙に違うと、積み重ねたり、テトリスのように組み合わせるときに、上手く(効率よく)組めないんです。

収納効率が下がると、その分余計に収納スペースが必要になりますし、結果、サービスの価格にも跳ね返ってきますから。

多分その為に、「minikuraダイレクト」は終了したんだと思います。

minikura cargo(ミニクラ カーゴ)

「minikura cargo」は、専用のかご台車(=引越しの『単身パック』でよく見るアレ)に比較的大きな荷物、冷蔵庫やテレビなどを収納し預かってもらうことが出来るプランでした。

しかし、2016年4月20日にすでにサービス提供を終了しています。

サービス終了のいきさつについてはよくわかりませんが、

cargo(専用のかご台車)での保管は、ヤマト運輸の宅トラなど、運送系の企業が得意としているので、「minikura cargo」は撤退したのかもしれません。

minikura(ミニクラ)とAZUKEL(アズケル)を比較。選ぶならどっち?宅配型トランクルーム各社の保管場所の温度湿度環境を比較

「AZUKEL(アズケル)」と「minikura(ミニクラ)」料金比較は、冒頭でした通り、

「minikura」の方が「AZUKEL」よりも1.5倍~2倍値段が高いことが分かりました。

だったら、断然「AZUKEL(アズケル)」の方が安くて、もう決まりでしょ!

いやいや、表面的な値段だけに表れない『決定的な違い』が両者にあるのをあなたは知っていますか?

それが、一番重要な保管環境(温度湿度)です。

・「AZUKEL(アズケル)」    :温度5~35℃、湿度40~70%
・「minikura(ミニクラ)」    :温度10~28℃、湿度40~65%
・「Airtrunk(エアトランク)」:温度10~28℃、湿度60%以下
・「宅トラ」         :温度20~25℃、湿度55~65%
ちなみに、
湿度が65%を超えるとカビが発生する可能性が大幅に高まるので、図書館や博物館、歴史館など重要な書物や収蔵品を保管してある場所では、必ず湿度65%以下で保管するというのは、もはやその業界では常識となっています。

さらに言うと、もっと厳密に保管されるのが当たり前の世界です。

参考までに国立国会図書館の保管環境は以下のようになっています。

・国立国会図書館 温度:22℃±2℃、湿度:55%±5%RH

だって、「一品もの」だったり、それこそプライスレスな貴重品を保管している場所ですからね。

ちなみに、宅トラでは、国立国会図書館の保管レベルと同等の高品質な保管環境で、あなたの大事な荷物を預かってくれるということになります。

もしあなたが荷物を保管するのに、

・温度湿度環境に徹底的にこだわる(保管レベル『高』)なら、宅トラ
・温度湿度環境はそこそこでいい(保管レベル『中』)ならエアトランク「minikura」
・温度湿度管理が不要(保管レベル『低』)なら、【AZUKEL】が安くて良い。

という結論になります。

見かけだけの値段に惑わされず、あなたが預ける荷物の重要度に合わせて、宅配型トランクルームサービスを選んで下さい。

宅配型トランクルーム会社オススメ3選

  • 宅トラ高品質な保管環境と大型家具の保管も可能。全国から利用可能
  • 【AZUKEL】業界最安値、1箱月額165円~。大型商品は1都3県でのみ利用可
  • 「minikura」※1年以上の保管で送料無料。但しダンボールしか預けられない

こちらの記事も併せてどうぞ。

ではまた次回。

次回は、

と題してお送りします。

error:Content is protected !!