引っ越し先が決まらない時の荷物はどうする?そんな時はトランクルームを活用しよう!

各作業のコツ・注意点
この記事は約8分で読めます。

引っ越し先がまだ決まっていない。でも今住んでいるところから早いうちに退去しなければならない。

引越し先は決まっているけど、昨今の引越し難民事情で、引越し業者が捉まらず、荷物を運び出せない。

など様々な理由で、引っ越し先には荷物が送れない/運び込めないけど、どうしても荷物は運び出さなければならない。

こんな場合は、いったいどうしたらいいでしょう?

今回は「引っ越し先が決まらない時の荷物はどうする?そんな時はトランクルームを活用しよう!」と題して、

そんな疑問がある方は、今回の記事を読めば解決することが出来ます。

解決策その1:引越し業者の荷物預かりサービスを利用する

引越し先の住人が退去しないので、転居先にまだ入居できず、引越し荷物を運び込むことが出来ない。

家の建て替えなどで、仮住まい(アパートなど)に住むので、一時的に多くの家財道具を預かってほしい。

海外出張している数年間、家の荷物を預かってほしい。

このような要望がある場合は、引越し業者が提供している荷物の一時預かりサービスを利用することが出来ます。

但し、各引越し業者によって、建て替えプランのみの提供や、保管期間が決まっているなど、預かれる条件がそれぞれ異なっているので、サービス利用前に各社の条件をよく確認しておくことが重要です。

引越し業者各社の引越し荷物預かりサービスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。是非ご覧下さい。

・『引っ越し荷物預かりサービス【前編】トランクルームとの違いと引越業者大手10社を徹底調査

・『引っ越し荷物預かりサービス【後編】大手以外の引越し業者やトランクルーム、Day倉庫や宅トラまで紹介

解決策その2:店舗型トランクルームサービスを利用する

引越し業者の荷物の一時預かりサービスが利用出来れば、問題解決ですが、昨今の引越し難民事情で、引越し繁忙期の3~4月にかけて、

引越ししたくても引越し業者が捉らず、引越し出来ない。

このような場合は、すでに引越し業者もキャパオーバーの可能性が高いので、荷物の一時預かりサービスも同様にサービス申込み中止などされていると思います。

このように、引越業者が頼りに出来ない状況で、昨今、引越し難民対策としての活用が増えているのが、トランクルームです。

但しこの場合、あなたが利用するトランクルームまでの『荷物運搬の手段』(マイカーやレンタカーなど)が確保できる人のみが、対策に利用できます。

ただ近年では、店舗型トランクルーム会社でも、

都市部のマイカーや自動車運転免許を持たない顧客向けに、自社での無料送迎サービスや提携業者を利用した荷物運搬サービスを提供しているところも増えてきているので、探してみると良いと思います。

無料送迎サービスが手厚いのは、キュラーズです。

メリットとしては、ほとんどの会社で、荷物の出し入れが24時間自由に出来るという点と、荷物の出し入れ毎に費用が掛からないという事です。

店舗型トランクルームは、頻繁に荷物の出し入れをしたい人&短期利用に向いているサービスになります。もちろん、半年以上の長期利用なら割引サービスなどが提供されています。また、最近ではWEBで契約できる会社も多く即日利用開始も可能です。
但し、中距離から長距離の引越しをする場合には、どのみち荷物を動かさなければならないので、引越し業者が確保できるまでの『一時しのぎ』にしかなりません。

店舗型トランクルームについて、色々と調べたい人はこちらの記事などをご覧下さい。

・『トランクルーム キュラーズの評判は?メリットデメリット、解約方法まで紹介

・『トランクルーム ハローストレージの全貌。特徴や料金、評判、解約まで全てが分かる

・『トランクルームを東京23区外・名古屋・福岡で探すならドッとあーるコンテナ!

・『トランクルームを東京都23区内で探すなら、スペラボが格安でおすすめ!

解決策その3:宅配型トランクルームサービスを利用する

実際の店舗やコンテナなどを構えている店舗型トランクルームに対して、実際保管する倉庫と自宅間の荷物の搬入搬出を『宅急便など』で行うことで、

利用者の手間が省けることから、ここ2~3年で人気が急上昇しているのが、

『宅配型』のトランクルームサービスです。

有名なところでは、ヤマト運輸が行っている『宅トラ』、寺田倉庫が保管業務を委託されている『minikura(ミニクラ)』や『サマリーポケット』、『エアトランク』などがあります。

『宅配型トランクルーム』のメリットは、

都市部などの地価の高い場所に店舗を構える必要がなく郊外の倉庫で保管するため、店舗型に比べて全般的に安い月額料金で利用できること。

倉庫業の免許を持っている業者が保管を行うので、保管体制と荷物の管理責任がしっかりしていることなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、

宅配型のために、思い立って即荷物が取りに行けるわけでは無いことと、荷物の出し入れ毎に毎回送料が掛かるという点です。

その為、

一般的に宅配型は、頻繁に荷物の出し入れをしない&半年~1年以上の長期保管に向いているサービスになります。中には1~3ヶ月の短期の利用ができる会社も有ります。

引越し難民対策として最も有効な点は、預け入れた荷物を指定した住所に配送してもらえるという事です。

すなわち、

旧居の登録住所で荷物を保管してもらい、新居に運び込める状況が整ったら、新住所に配送してもらえば、引越し業者に頼まなくても引越しが完了してしまうのが非常に便利です。

宅配型トランクルームサービスについて詳しくは、こちらの記事などをご覧下さい。

・『宅トラはヤマト運輸の宅配型トランクルーム。料金や初期費用を他社と比較、口コミ情報も有

・『AZUKEL(アズケル)の月額料金&初期費用を他社と比較。加瀬倉庫/キュラーズ/宅トラ/エアトランク

・『ミニクラ「minikura」 は選ぶべき?宅トラ/エアトランク/アズケルとの比較から分かること

引っ越し先が決まらない場合の荷物預かり方法まとめ

最後にまとめとして、各サービスの特徴やメリットデメリット、料金相場などをまとめて表にしてみました。

サービス内容引越業者の荷物預かりサービス店舗型トランクルーム宅配型トランクルーム
預けられる荷物特に制限無し※特に制限無し※ダンボールタイプのみの会社が多い
大型家具等対応可能対応可能一部の業者は対応不可
最低利用期間業者により最大2週間、半年~数年までと異なる大抵1ヶ月から可能最少2~3か月
一般的には3~6ヶ月
メリット大量の荷物を比較的良心価格で預けられる24時間出し入れ自由自分で出し入れする必要が無い
任意の住所に配送してくれる
デメリット預け入れ条件がある(建て替えや引越し等)自分で出し入れする必要が有る出し入れの度に料金が掛かるのが一般的
最低月額料金
(料金相場)
2ts車(約3.3帖)分で
1か月1.2万円~
4t車(約8帖)分で
1か月3万円~
郊外の場合、
コンテナタイプで0.7帖2,000円台~
屋内店舗型で0.5帖4,000円台~
1箱165円~
0.5帖分6,000円台~等サービスにより様々
適した使い方引越し荷物の一時預かり、長期の海外出張時の利用短期間の保管
頻繁に荷物を出し入れする人
半年~1年の長期保管
荷物の出し入れ頻度が少ない人
注意事項引越しサービスと一緒でないと利用出来ない一般的には敷金などの初期費用が掛かる短期の利用では割増の料金が掛かる

※規約上預かれない危険物などは除く

どのサービスを利用したらよいかは、『新居の住所が決まっているか』と『引越し距離』で判断することが出来ます。

・新居の住所が決まっている     ⇒引越し業者の荷物預かりサービス
・引越し距離が近距離(同市区町村内)⇒店舗型トランクルーム
・新居の住所が未定又は中~長距離  ⇒宅配型トランクルーム

あなたの状況によって、最適な方法を探してみて下さい。

それでは、また次回。

次回は、

と題してお送りします。

こちらの記事も併せてどうぞ。

error:Content is protected !!