引越業者の様々な引っ越しプラン、積み切りプラン編

引越業者
この記事は約10分で読めます。

photo credit: ajmexico Big, big tires via photopin (license)

今回から、引っ越しをお得にするための、各引越業者が提供する様々なプランを何回かに渡り紹介していきます。

今回は、「積み切りプラン編」です。

引っ越し、積み切りプランってどんなもの?

知らない人も多いでしょう。聞きなれない言葉、引っ越しの「積み切り」プラン。

それもそのはずです。あまりにもメジャーではない為、大手引越会社のホームページで表立って宣伝しているようなものではないからです。

では、謎に包まれた、引っ越しの「積み切り」プランについて、どんなものか探ってきましょう。

言葉から想像できた人もいるかもしれませんが、

一言で言うと、与えられたトラックに積めるだけ積んで「積み切り」、「乗り切らなかったものはしょうがないですね。そういう契約ですから。」と切り捨てられる何とも乱暴なプランの事を指します。
通常、どの引っ越し業者も、見積もりを提示する時、積み残してはいけないと、少々余裕をもって、トラックのサイズを選んでくれます。

例えば、3tではギリギリかもしれないから、余裕を取って4tにしておきますねみたいに。

これが、見積もりし慣れているベテラン営業マンならまだしも、慣れていない新米営業マンだと、余裕があり過ぎて引っ越し荷物を全部積んでも、

「結構スペース余っているじゃん。もうワンサイズトラック小さくても行けたんじゃないの?」

と思うこともあると思います。

このトラックをワンサイズ小さく出来なかった場合は、その分余分な金額を払っていることになってしまいますが、引っ越し当日に荷物が積み終わってから言っても仕方が有りません。

引越業者側としては、荷物を積み残した場合は引越業者の責任で、同日に追加のトラックを手配しなければならず、特にトラックに空きがない繁忙期では、とてもそんなわけにはいかないので、安全サイドに振るのは、至って自然な判断です。

しかし、利用者(消費者)側からすると、なんだもう少し安くできたじゃないかと、ちょっと損した気持ちになります。

こんな事態になる前に、利用者(消費者)側から、契約時に見積もりの額を見て「もう少し安くなりませんか?」と相談したときに、待ってましたとばかりに登場するのが、「積み切り」プランなんです。

もし、予定していたトラックサイズで全部の荷物が載り切れてしまえば、儲けもんです。

でも、ちょっと待ってください。

荷物が積み切れなかった場合、あなた側での対応策はありますか?

例えば、自家用車で残りは運べるとか、近所の宅急便から発送するから大丈夫だよとか。

もし、そのような、

「もしものバックアッププラン」を持っていない場合は、後で後悔することになる可能性が高いので、ちょっとのお金をケチって「積み切り」プランを選ぶのは止めて下さい。

「もしものバックアッププラン」があって、積み切れなくてもあとは自分で何とか出来るよという方は、是非チャレンジしてみて下さい。

どんな人(場合)が積み切りプラン利用に向いているのか?

photo credit: EpicFireworks #EpicFireworks Car Load 🙂 via photopin (license)

自家用車やレンタカーなどで、残りの荷物が自分で運べる人

先ほども言ったように、多少荷物が残っても、残りは自分で運んだり、宅急便を使って運んでしまえるようなタイプの人は、全然問題ありません。

大型家具などをメインで運んでもらいたい人

自分の持っているワンボックスカーが引っ越しに使えるんだけど、背の高いタンスや横にして運べない冷蔵庫などはさすがに積めないので、大型の背の高い荷物を中心に引っ越し業者に運んでもらいたいという場合。

そうすると、小型の荷物(主にダンボール)を運ぶ自家用ワンボックスカーと、大物を運ぶ引っ越し業者とうまく使い分けることで、引っ越し費用を結構安く抑えられます。

不用品をたくさん処分する予定の人

引越業者の見積もりは、「引っ越しの準備が始まっていない」段階で頼むのが一般的(通常1か月前)なので、トラックに積載する荷物を多めに見積もってしまう傾向があります。

その為、もし不用品を多く処分するので、見積もり時の荷物量よりかなり減るというような場合は、

「積み切り」プランを選んでもいいでしょう。

一括見積もり比較で複数社の見積もりを取る場合

現代では、引っ越しの際に「一括見積もり比較」を使わない手はないでしょう。

このインターネット上で、同時にたくさんの引越業者から、見積もりを取れる「一括見積もり比較」を使うと、引越業者各社がどのサイズのトラックを手配するかも分かります。

その時、例えば大多数の会社が、3t車を薦めてきているにも関わらず、1サイズ大きい4t車を薦めている会社(仮にA社)が有ったら、チャンスです。

このA社と、多数の3t車を薦めている会社であまり値段の差が無い場合に、A社のトラックを3tに下げて見積もりし直してください。その時「積み切り」でもいいからという条件で。

すると、大多数の会社が3t車で大丈夫だと言っているならば、A社でも3t車で荷物が積み切れる可能性は非常に高くなり、結果、A社の見積もり価格が一番安くなります。

逆に、どんな人は積み切りプラン利用に向いていないのか?

photo credit: staffan.scherz Art of Transportation via photopin (license)

車などを使って、残りの荷物を運ぶことができない人

荷物を積み残ってしまっても、何も対処できない人には向いていません。

引っ越し日が退去日と重なっている、もしくは後ろの時間に余裕がない人

引っ越し業者が「積み切り」で荷物を積んだあと、通常は、あまり時間を空けずに引っ越し業者の後を追い、今度は新居での荷物搬入作業に立ち会わなければなりません。

その為、引っ越し日が退去日と重なっていて、引っ越し業者の積み込みが終わった後にあまり時間がない場合は、残りの荷物発送手続きなどやっている暇はありません。

また、遠距離引っ越しの場合でも、スケジュールをタイトに組んで、新幹線や飛行機のチケットを買っているなど、後ろの時間に余裕の無い方には、おすすめ出来ません。

積み切りプラン利用時の注意点

通常の引越とは荷物の搭載順が変わる

通常の引越では、荷物を効率よく隙間なく搭載できるように、ダンボールなどの定型サイズのものや、積み込みやすい形の決まっているものから積載していきます。

しかし、「積み切り」プランの場合、積み残った場合も考え、お客さんの方でもなんとか運べる小形の荷物(ダンボールなど)が後回しになっていきます。

その為、引っ越し当日から新居で使う生活必需品が積み残ってしまう場合もあります。

「積み切り」プランを利用する場合は、荷物の搭載する「優先順」をダンボール一つに至るまで、きちんと管理しないと、後々新居で困る事態になってしまいます。

そのようにならない為には、『大事なものは一括管理しよう。引越し荷物と一緒に梱包してはいけない物』こちらの記事を是非ご覧ください。

積み切れなかったからといって、当日に追加のトラックは手配できない

あなたが、もし、なんとか積み切れるはずだから大丈夫だろうと根拠の無い自信を元に、「積み切り」プランで契約し、積み切れなかった時の「バックアッププラン」を持っていなかったとします。

すると、案の定、荷物は積み切れず、余ってしまいました。

通常の引っ越しプランであれば、余裕をもって1サイズ大き目ぐらいのトラックを手配してくれているので、見積もり時よりも多少ならば荷物が増えても、そのままの料金で対応してくれる場合がほとんどです。

しかし、「積み切り」プランの場合だと、積み切れない場合の補償は何もありません。そればかりか当日に追加でトラックをお願いしようにも、特に繁忙期であれば、他のトラックもいっぱいでそんな余裕はありません。

価格は通常プランと極端に変わるわけでは無い

photo credit: G. Henry Economic Burden via photopin (license)

「積み切り」プランを利用する場合は、近距離から中距離程度までが適しています。それは荷物が積み切れなくても、自家用車などで運ぶ際にも、比較的短時間で移動できるからです。

また、引越トラックの運賃が何で決まるかというと、引っ越し距離が100㎞未満の場合は「時間制」料金で4時間や8時間など毎に、100㎞を超えると「距離制」料金となっています。そして、トラックが1サイズ小さくなるとその分の料金も安くなりますが、

その効果は、1~2万円程度です。リスクが高い割に如何でしょうか?思ったほど安くはならないのではないでしょうか?

その理由は、あなたが4tトラックから3tトラックにしたところで、引越業者は儲けが減るだけでうれしくはありません。しかも、あなたが4tトラックを選んだ場合でも、3tトラックを使うべきの荷物量に合った他のお客さんはいるわけで、あまり積極的におすすめする理由が見当たらないからです。

お客と引っ越し業者側の認識の違いを知る

積み切り契約をする際、引越業者側は、大物の荷物のみを優先して積載し、積み切れない荷物は、置いて行ってもしょうがないというか、初めから積めないの分かっているでしょ。という認識です。

ところが、引っ越しの利用者側は、積み切れない可能性はあるけど、何とか大丈夫でしょうと希望的観測で判断してしまう事と、またそれを後押しするように、引っ越しの営業さんも「大物家具を乗せた後の隙間に小さいものを入れればなんとか運べますから」と希望を持たせることを言って、契約を取りにもう一押ししてきます。

ここに、両者の認識の差が出て、

当日、やっぱり積み切れないじゃんとなり、両者の認識の違いから揉める事態に発展することも結構多いのが、「積み切り」プランなんだそうです。

「積み切り」プランを利用したい場合は、ネットの見積もりだけでなく、必ず訪問見積もりを受ける事

mohamed_hassan / Pixabay

ただでさえ、積み残しのリスクがある「積み切り」プラン。

本当にギリギリ詰め込めるのであれば、利用した場合は安くなりうれしいので、

どうしても利用したい場合は、必ず訪問見積もりに来てもらい、しっかりと荷物量を把握したうえで、トラックを選定してもらいましょう。

そして、営業マンに聞いてください。「正直に言って下さい。どちらを選ぶか本当に微妙なのか、それともはなから無理そうなのか。」

営業マンが無理といった場合は、素直に従い、1サイズ上のトラックでおとなしく契約しましょう。

1~2万円節約出来たからと言って、その後自分で残りの荷物を運ぶことになると、場合によっては何往復することにもなり、労力を考えると節約になったのか疑問に思う場合もあります。

そうなってしまうと、「誰得(だれとく)=誰が得するの?」か分からなくなって、WIN-WINではなく、LOSE-LOSEの最悪の引っ越しとなってしまいます。

その為、私は、この「積み切り」プランの利用はおすすめしません。

またこのように、喜ばれることが少ない割に、トラブルの元となるプランの為、現在では「積み切り」プランを提供しない引っ越し業者も増えてきています。

「積み切り」プラン以外でも、引っ越し費用を安く抑える方法は他にもいくつかある

早めに予約することで割引が受けられたり、また、時間帯を指定しないフリー便や、土日を外して平日に引っ越しするなど、引っ越し料金を安くする方法は、他にいくつもあります。

以下の記事で他のプランの特徴も理解し、あなたに合ったプランを選ぶことが大切です。

引っ越しする時、午前便、午後便、フリー便どれを選べば安いのか?

引越業者の様々な引っ越しプラン、帰り便編

引越業者の様々な引っ越しプラン、混載便編

まずは、一括見積もりサービスを利用するのが、早道です。

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス

最後に

今回は、「積み切り」プランを紹介しました。積み切りプランは最終手段と言ってもいいほど「危険な賭け」なので、まずは出来るだけ他の方法で安くならないか、方法を考えてみましょう。

ネットでカンタン申込み!
一番安い料金で引越しを予約できます
引越し侍の予約サービス

についてです。

error:Content is protected !!