一人暮らしをとことん楽しむために。一人暮らしの楽しみとは?

一人暮らし
ambroo / Pixabay
この記事は約19分で読めます。

さて、前々回に『初めての一人暮らし。何が不安ですか?費用、防犯、食事それとも寂しさ?』と題して、一人暮らしをする上での不安(ネガティブ方面)から、それを解消するにはどうしたらいいか切り込んでみましたが、

今回はその逆、超ポジティブ方面「一人暮らしをとことん楽しむために。」という切り口で、一人暮らしを捉えます。

今回の記事を読めば、あなたも絶対一人暮らしがしたくなるはず!

余談ですが、「一人暮らしをとことん楽しむ!」という名のインテリア雑誌が以前はありましたが、2015年9月で休刊。創刊から15年の歴史に幕を閉じています。

  1. 一人暮らしに向いている人、向いていない人
    1. 一人暮らしに向いている人の性格や特徴
      1. 1.自分のペースを乱されたくない人
      2. 2.一人でいても寂しくない人
      3. 3.自分の趣味や熱中できるものがある人
      4. 4.友人知人や恋人と一緒に遊ぶのが好きな人
      5. 5.自分の生活をキチンと管理できる人
    2. 一人暮らしに向いていない人の性格や特徴
      1. 1.炊事や洗濯など家事が出来ない人
      2. 2.一人でいるのが寂しい人
      3. 3.自己管理能力が無い人(めんどくさがりの人)
      4. 4.一人暮らしをするだけのお金が無い人
  2. 一人暮らしの楽しみ(メリット)
    1. 1.遊び放題
    2. 2.食べ放題、飲み放題
    3. 3.かけ放題(電話やメール)
    4. 4.やりたい放題
    5. 5.部屋のインテリアやレイアウト、内装まで自分の思いのまま
    6. 6.友達、恋人呼び放題
    7. 7.熱中・没頭、全然OK
    8. 一人暮らしの楽しみ、まとめ
  3. 一人暮らしをとことん楽しむための必須条件。5か条
    1. 1.自由を満喫する
    2. 2.時間の使い方を分ける
    3. 3.部屋を自分好みにカスタマイズする
    4. 4.お金の使い方を考える
    5. 5.自分流(ポリシー)を確立する
  4. もし一人暮らしが寂しいと感じたら?
    1. 1.静けさが嫌なら、テレビやラジオなどで音を流す
    2. 2.人との繋がりを感じたければ、電話やメール、SNSなどで繋がる
    3. 3.ペットを飼う
    4. 4.現代ではAIやロボットも話し相手(相談相手)になってくれます。
  5. 最後に。実際に一人暮らしをしている方達の感想は?

一人暮らしに向いている人、向いていない人

一人暮らしに向いている人の性格や特徴

1.自分のペースを乱されたくない人

MabelAmber / Pixabay

実家で暮らしていると、何かの度に、

ご飯できたよ!洗濯機回しておいて!などなど、自分が何かをしていても中断させられることがしばしばあります。

正直、「自分のペースでさせてくれよ!」と常日頃思っていると思います。

このように、自分の生活リズムやペースが決まっていて、趣味や仕事の時間、物事の集中を邪魔されたくない人には、一人暮らしはうってつけです。

かくいう私も、今では家族持ちですが、基本的な性格としては自分のペースを乱されたくない人間です。

2.一人でいても寂しくない人

StockSnap / Pixabay

一人暮らしのメリットでもありデメリットでもあるのですが、一人暮らしは基本的に部屋にあなた一人しかいません。

一人ぼっちでいると孤独を感じやすかったり、寂しさで泣いてしまうような人には向いていないかもしれません。

しかし、この一人暮らしでの寂しさを解消するには、色々な方法があるので、一人暮らしを始める際には、寂しさ解消法を知っておくと良いかもしれません。

一人暮らし寂しい思いをしない為に。寂しさの原因と解消方法

3.自分の趣味や熱中できるものがある人

rawpixel / Pixabay

一人暮らし(特に大学生)は、時間もかなり自由になります。

よって、あなた自身に、資格取得などの目的や、ゲーム、絵を描くことや楽器の演奏でもなんでも、何か熱中できることや没頭できることがないと、

毎日の時間をただただ、テレビを点けてくだらない番組を見て、漠然と過ごしてしまい、

一日何をしていたかよく分からないけど、気が付いたら一日が終わっていたなんてことになり兼ねません。(それでは、充実感や満足感が得られません。)

せっかく、自由な時間が多く取れるのだから、自分が没頭できる何かを見つけてみましょう。

一人暮らしをする前から、「それ」が決まっている人は、ガッツリとそれにのめり込んでください。

その点では、一人暮らしは最高の環境です。

4.友人知人や恋人と一緒に遊ぶのが好きな人

AdinaVoicu / Pixabay

夜朝関係なく、時間に縛られない(門限など無い)ので、友達と夜遅くまでクラブで遊んだり、夜通し朝まで飲み会をしたりすることも出来ます。

また、言うまでもなく、一人暮らしの部屋では、恋人と過ごすのに邪魔するものは何も無いので、楽しい時間を過ごすことが出来ます。

5.自分の生活をキチンと管理できる人

TeroVesalainen / Pixabay

一人暮らしに向いていない人の条件にも出てきますが、

自分の生活をある程度、自分自身でコントロールできる人でないと、

それは、「自由」な人ではなく、ただの「だらしない」人になってしまいます。

一人暮らしを始めて、最初からキチンとできなくても大丈夫です。

一人暮らし生活をする中で、身に付けていけばいいので、大人として社会人として、「自己コントロール能力」は身に付けて下さい。

これが出来れば、勉強でも仕事でも成果が上がる事、間違いありません。

一人暮らしに向いていない人の性格や特徴

1.炊事や洗濯など家事が出来ない人

Skitterphoto / Pixabay

特に単身赴任の男性に多いのですが、それまで奥さんが全て家事の事をやってくれていた為に、家事が一切できないという人がいます。

掃除や洗濯は、全自動洗濯機や「i-Robot」などの掃除ロボットもあるので、現代ではそんなには難しくないかもしれませんが、

こと料理に関しては、センスとか向き不向きもあるので、こればかりはどうしようもありません。

スーパーのお惣菜やコンビニ弁当、外食のみで食事を済ませることは可能ですが、何と言ってもお金が掛かり過ぎます。

実際にどのぐらいのお金が掛かるのかは、

別記事「一人暮らしの食費、いくら使っていますか?妥当な額と、節約方法」の方で、

完全自炊&昼食はお弁当持参派、外食派、コンビニ弁当派、ファストフード利用派、カップラーメン等のレトルト食品派など、食生活スタイル別に、1か月に掛かる食費のシミュレーションをしています。

食生活スタイル別の、「食費の金額差」については、是非とも確認しておいてください。

もし、一人暮らしを考えているけど、料理が苦手な人や、栄養バランスが考えられたキチンとした食事を摂りたい人には、「食事(賄い)付き賃貸物件」をおすすめします。

「食事(賄い)付き賃貸物件」については別記事『一人暮らしの健康と栄養管理は、食事付き賃貸マンションやアパートがおすすめ。特徴や料金、専門情報サイトのまとめ』をご覧ください。

2.一人でいるのが寂しい人

一人暮らしは、その名の通り基本的に一人です。

兄弟が多く、大人数で賑やかなのが当たり前の環境で育った人や、性格的に寂しがり屋の人には、一人暮らしでの孤独がつらいかもしれません。

3.自己管理能力が無い人(めんどくさがりの人)

後で話をしますが、一人暮らしは色々な部分で、かなり自由です。

自由だからと言って、ご飯を食べても片づけない、掃除や洗濯も一向にしないとなると、見る見るうちに「汚い部屋」になってしまいます。

人間らしい生活をするためにも、自分のことを自分でコントロールする『自己管理能力』は、最低限必要です。

4.一人暮らしをするだけのお金が無い人

schuldnerhilfe / Pixabay

家賃や食費、生活費など一人暮らしに掛かる費用は、別記事

一人暮らしの食費、いくら使っていますか?妥当な額と、節約方法

一人暮らしの家賃はいくら?家賃相場と収入別の目安額&家賃の節約方法

一人暮らしの生活費はいくら?家賃込の生活費を月10万円に抑える方法も大公開

初めて一人暮らしする時の家具家電購入に掛かる費用はいくら?

でそれぞれ紹介していますが、

一人暮らしで生活するのに最低限のお金を持ち合わせていない、もしくはバイト代が安かったり、お給料がそこまでもらえていない人は、悪いことは言わないので、実家暮らしをそのまま続けた方がいいでしょう。

そうすれば、日常的にお金の部分で心配することは無く、また実家暮らしであれば、いくらかの貯金を毎月することが可能になります。

そして、ある程度の「一人暮らし資金」が貯まったら、その時に一人暮らしを始めればいいのです。焦って早く一人暮らしを始める必要は全然ありません。

一人暮らしの楽しみ(メリット)

1.遊び放題

Pexels / Pixabay

一日中好きなドラマや映画を見たり、ゲームをクリアするまで36時間ぶっ続けでゲームしたりしても、誰も何もいいません。

また、夜更かしをしようが、朝までオールナイトで飲んだりクラブに遊びに行っても、全然問題ありません。

実家にいるときのように門限の時間もありません。

全て、あなたの自由です。

2.食べ放題、飲み放題

boaphotostudio / Pixabay

親元で暮らしている時は、肉ばっかりじゃなく、栄養バランスを考えて「野菜や魚」も食べなさいとよく言われたことでしょう。

でも、10代~20代はやっぱり『肉』でしょ!ということで、肉をたっぷり使った「焼き肉丼のメガ盛り」を作って食べようと、

炭酸飲料は体に悪いからと、実家では全く飲ませてもらえなかったのに、1.5Lのコーラをがぶ飲みしても、

大好きなスイーツを目一杯大人買いして食べてもOKです。

私の場合は、プリンが大好きなので、自分でどんぶり一杯のプリンを作って「どんぶりプリン完成!」を食べ、プリンだけでお腹一杯にしたことがありました。

3.かけ放題(電話やメール)

親との同居生活では、親に注意されるので、電話やメールをし過ぎないように気を付けなければならなかったのが、それも注意する人がいないので、

電話もかけ放題、メールやSNSし放題です。

4.やりたい放題

いつ何をしていても、親のように小言を言う人はいません。

朝からお風呂に入ってビールを飲もうが、

下着一枚だけで、踊り狂おうが、

めっちゃ暑苦しい、筋トレをガンガンした後、鏡の前で己の肉体美に惚れ惚れしても、

全然問題ありません。

人に迷惑を掛けなければ、あなたが何をしようと自由です。

但し、騒音などで近所に迷惑をかけてはいけませんが。

5.部屋のインテリアやレイアウト、内装まで自分の思いのまま

実家で暮らしていた場合は、予算の都合もあったでしょうが、「完璧に自分好みの部屋」にすることは難しかったはずです。

それが、自分だけの一人暮らし、特に社会人になりお金に余裕が出てくると、部屋のインテリアにお金を掛けることも出来るようになってきます。

また、築年数が30年40年といった古い木造アパートなどでは、部屋内部のリフォームやペンキ塗装まで自由な物件まで出てきます。

こうなると、部屋を好みの色に塗る事や、釘やネジを使ったインテリアの取付なども可能になり、本当に自分好みの部屋を作ることができます。

部屋のインテリアや内装にこだわる人は、敢えて築年数の古い物件を探して住むのもアリです。

6.友達、恋人呼び放題

Babienochka / Pixabay

実家では、中々呼びづらかった、友人や恋人。

ましてや、夜通しの飲み会やパーティーなどは、実施するのも難しかったことでしょう。

でも一人暮らしなら、ノープロブレム。

恋人との甘いひと時は、一人暮らしでないと、いつ邪魔が入るか気が気じゃありません。

7.熱中・没頭、全然OK

pixel2013 / Pixabay

一人暮らしの意外なメリット。

それは、自分の熱中する事したいことに、時間の許す限り、寝食を忘れて没頭できるという事です。これはなかなか、貴重です。

親元を離れて、一人暮らしを始めた学生時代~彼氏彼女と親密な関係になるまでの「ある一時期しか」することは出来ません。

それ以外の時期には、あなたの事を誰かが(又はあなたが誰かを)構ってしまうようになるので、本当の意味で自分一人の時間が取りづらくなるからです。

ましてや、結婚して家族を持つようになるとその時間は増々短くなってしまいます。もし休日部屋に長時間こもろうものなら...いやみの一つも言われてしまいます。

彼氏彼女いないの上等。その間に自分のしたい趣味や没頭できることを目一杯楽しんでください。

一人暮らしの楽しみ、まとめ

全般的に、「自分、これ一生に一度やってみたかったんだよねぇ~」ってことが、自由にできる環境になります。

プリンだけでお腹いっぱいにするような些細な夢から、スカイダイビングをやるとか、お店を貸切って飲むとか、宝くじ購入に10万円突っ込むとか、それ以上にBIGなBIGな夢まで、実現させるかどうかは『あなた次第』です。

後半の宝くじとかは、一人暮らしと全然関係なくねぇ~(笑)。

一人暮らしをとことん楽しむための必須条件。5か条

1.自由を満喫する

stux / Pixabay

先に紹介したように、一人暮らしではかなりの部分であなたに『自由』があります。

様々な自由を満喫しないと損ですよ!

2.時間の使い方を分ける

geralt / Pixabay

これには、4つの時間があって、

1.自分の趣味などのために使う時間

2.友人知人、恋人など「他人と共有する」楽しい時間

3.勉強や仕事など、自分の本来の目的のための時間(将来に繋がる時間)

4.お金を得るために必要な時間(アルバイトや仕事)

があります。

一日ダラダラと過ごすのも一人暮らしでは自由ですが、それだけではすごくもったいないです。

一人暮らしで得られる時間を先に紹介した4つに分け、一日24時間、1週間、1か月を何に何時間使うか振り分けるようにしましょう。

それをすることで、より一層充実した一人暮らしを送れるようになります。

3.部屋を自分好みにカスタマイズする

donterase / Pixabay

一人暮らしになれば、その部屋はあなただけのものです。

賃貸契約上で許される範囲内で、その部屋を自分好みにカスタマイズしてしまいましょう。

そして、部屋のインテリアを考える際は、まずイメージを膨らまして、部屋のコンセプトを考えることから始めます。

ホテルのような白やベージュを基調にしたナチュラルな雰囲気や、

ラテン系な原色(赤や黄色やオレンジ、スカイブルーなど)が多い、メリハリの利いた雰囲気や、

バリのリゾートホテルに有りそうな「アジアンな」雰囲気や、

黒単色でまとめた、非常に大人の男な雰囲気や、

女子では、好みのキティーちゃんなどキャラクターグッズのイメージとラップした「カワイイ」雰囲気など、

様々なタイプが考えられます。

あなたが部屋に掛けられる予算(お金)と相談しながら、「自分だけの城」を作ってみて下さい。

4.お金の使い方を考える

jarmoluk / Pixabay

何をするにも「したい放題」なので、よっぽどのお金持ち以外は、持っているお金の使い道をきちんと考えなければ、

それこそマルイカードの常連、場合によってはアコムやプロミスなどの消費者金融のお世話になるかもしれません。

あなたの夢や成長するために必要な借金(=会社でも設備投資や運転資金などの目的で、日常的に借金は行われています)は問題ありませんが、将来に何も生まない「ただの浪費」は慎んだ方がいいでしょう。

一人暮らしで「生きたお金」の使い方を身につけましょう。

お金の使い方が分からない人は、賛否両論ありますが、1度は高橋歩著「毎日が冒険」を読んでみて下さい。

これを読んだら、「お金が無いから」やらないというのは、ただの言い訳でしかないことが分かります。

また、あなたがどのタイミングで勝負に出るべきかの、判断材料になると思います。

新装版 毎日が冒険

新品価格
¥1,400から
(2019/10/24 14:20時点)

 

5.自分流(ポリシー)を確立する

nastya_gepp / Pixabay

一人暮らしで色々なことが自由にできるようになると、自分という人間が「何が好きで何が嫌いか」、またどんなものに魅かれるのかがハッキリとしてきます。

すると、服などのファッションや生活スタイルを含めて、自分流(ポリシー)を確立することに繋がっていきます。

結果、世間の流行り廃れに迎合することなく、他人の情報に踊らされなくなるので、その後の生き方にも繋がっていく、一生モノのあなた独自の判断基準をゲット出来るようになります。

もし一人暮らしが寂しいと感じたら?

友人知人をたくさん呼んで賑やかに騒いだ後、みんなが帰った途端に、自分一人であまりの静けさにふと寂しさを感じることもあるでしょう。

でも心配いりません。

1.静けさが嫌なら、テレビやラジオなどで音を流す

MichaelGaida / Pixabay

部屋の中が静かでシ~ンとしているのが、何とも寂しいなぁと感じる人は、

テレビやラジオ(Radiko:ラジコ)、ストリーミング型のインターネット音楽配信サービス(SpotifyやLINE MUSIC、dヒッツなど)で、

とりあえず、音を流しておけば、意外と寂しさは紛れるものです。

これと同じ効果として、静かな住宅街より、比較的人通りの多く賑やかな駅近の物件などに住む(メリットデメリット両方ありますが)という方法もあります。

2.人との繋がりを感じたければ、電話やメール、SNSなどで繋がる

geralt / Pixabay

最近では、特にfacebook、twitter、LINEなどのSNSでのやり取りを通じて、人との繋がりを「感じていたい」という人が増えています。

仲の良い友達同士はもちろんの事、面識が無い人とも繋がりやすい時代なので、一人での孤独感は和らげることが出来るでしょう。

3.ペットを飼う

Pexels / Pixabay

一人暮らしで寂しい、そんな時でもペットを飼っていれば、寂しくはないでしょう。

一人暮らしでも飼えるペットについては、別記事『一人暮らしでもペットは飼える?注意点と飼いやすいペットおすすめ10選』で紹介しています。

4.現代ではAIやロボットも話し相手(相談相手)になってくれます。

imjanuary / Pixabay

ここ2~3年でのAI技術の目覚ましい進歩により、

Amazon Echo(アマゾン・エコー)やGoogle Homeなどのスマートスピーカーを利用して、AIとの音声対話が可能になっています。

また、ソフトバンクのPepperのような音声会話が可能なコミュニケーションロボットやSONYのアイボなどのペットロボットもあります。

更には、Iot(インターネット・オブ・スィングス=家具家電含め様々な「モノ(物)」がネットに繋がる事)が進むと、

近未来では、映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の2015年の未来の家みたいに、家や家具家電が話かけてくるようになり、スイッチを切らない限り、独りぼっちにさせてくれなくなるかもしれません。

誰もいない静かな一人暮らしをするなら、今の内しか出来ないかもしれません。

最後に。実際に一人暮らしをしている方達の感想は?

最後に、実際に一人暮らしをしている方の、生の声を紹介して終わりにします。

一人暮らし、色々あるけど、結局は楽しんだもん勝ちです!

では、また次回。

一人暮らしの荷物量なら、引っ越し自体は自分でレンタカーを借りるなどして出来そうだけど、引っ越し現場の養生はどうすればいいか分からない方や、

自分で養生資材を購入やレンタルする場合の費用、

そして引っ越しの時には養生しなければいけない理由までお伝えします。

error:Content is protected !!